1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 断熱リフォーム
  4. 断熱リフォームの基礎知識
  5. 木造住宅の外断熱リフォームについて

木造住宅の外断熱リフォームについて

  • 最終更新日:2015-10-02

木造住宅の外断熱リフォームについて

外断熱リフォームは家の躯体の外側をすっぽりと断熱材で被い再度外側を仕上げていく断熱方法です。リフォーム後は夏涼しく冬暖かく快適な住空間を得られるのは勿論、躯体内部も住環境に近くなるので家の耐久性も上がります。

外張り断熱で壁内の結露を防ぐ

外張り断熱で壁内の結露を防ぐ

通常の住宅では壁の内部の柱の厚みにそろえて繊維系の断熱材を入れるので外壁から入った熱が壁にこもり壁内で結露を起こす可能性がありました。
外張り断熱とは柱の外側に断熱材を入れて断熱するので、外気の影響を受けにくくなり壁体内と室内との温度差が少なくなります。そのため壁体内の結露が起きにくくなります。
また、今まで柱と柱の間に入っていた断熱材が柱の外側に施工されるので、柱と柱の壁部分にニッチスペースができます。このスペースを利用してニッチ収納を室内に設けることも可能になります。

折板屋根の断熱について

折板屋根の断熱について

折板屋根とは工場などの屋根で使われている波板状の屋根材です。
金属、主にガルバリウム鋼板でできているため耐久性には優れていますが外部の熱を伝えやすいという特徴がありました。その欠点を補うため折板屋根用の断熱材や断熱材と一体化した折板屋根がいくつも開発されています。
折板屋根は一般の瓦屋根よりも軽いので屋根瓦よりも家の柱にかかる負担は少なくなります。外断熱の屋根としてはとても有効な方法の一つとして近年では木造の家にも使われるようになってきました。

外断熱リフォーム

外断熱リフォーム

外断熱は家の外側をすっぽり断熱材で被う断熱方法で、壁中に断熱材を追加する一般的な工法よりも高い断熱効果が得られます。
外壁や屋根では外側に断熱材を入れてその外側をもう一度仕上げます。
屋根や基礎部分、窓を複層ガラス、ペアガラスに交換するとより断熱効率も上がり、家の気密性もアップします。
しかし従来工法のように断熱材を入れて仕上げればいいというものではなく、熱効率や換気、湿度コントロールなどきちんとした理論に沿った高度な施工精度が必要になります。
ですから、リフォームを依頼するときには技術力やしっかりとした知識のある業者にお願いすることをオススメします。

断熱リフォームは、その家によって工事の仕方が異なり、費用などの計算方法も複雑です。
基礎知識を持ったリフォーム会社に相談し、安心してリフォームを行っていきましょう。
ホームプロには知識や経験が豊富なリフォーム会社が多数加盟しています。お気軽にご相談ください。

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ