1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 断熱リフォーム
  4. 断熱リフォームの基礎知識
  5. 床下断熱で夏は涼しく冬はあたたかく

床下断熱で夏は涼しく冬はあたたかく

床下断熱で夏は涼しく冬はあたたかく

底冷えする寒さを解消するには床下断熱が効果的です。床下断熱に使われる断熱材の種類や、断熱工事の方法を紹介しています。

床下に使われる断熱材の種類

床下に使われる断熱材の種類

現在床下に使用されている断熱材は大きく分けて木質繊維系、鉱物繊維系、発泡プラスチック系の3種類で、それぞれに特長があります。
・木質繊維系(セルロースファイバーなど)
天然素材のため、環境に優しくアレルギーやシックハウス対策にも効果的です。木が主原料である木質繊維系の断熱材は、木材の特性である調湿性能をもっているため床下の湿気をコントロールしてくれる役目を果たします。

・鉱物繊維系(グラスウール・ロックウールなど)
一般に普及しているため、断熱材の中でも比較的価格が手頃です。防音性や吸音性があり充鎮施工に向いているので床下にも使われています。断熱性能を上げるにはある程度厚みが必要になります。鉱物繊維系は不燃焼材のため耐火性があることが安心です。

・発泡プラスチック系(硬質ウレタンフォーム・ポリスチレンフォームなど)
発泡プラスチック系は他の種類の断熱材と同じ厚さで比べてみると断熱性能が高いものが多く、無駄な空間を使うことなく断熱することが可能です。床普及型の鉱物繊維系の材料に比べるとコストが高くなる場合がありますが、比較的施工が容易にできる点で施工におけるコスト削減が期待できます。

床下断熱工事は大きく分けて2種類あります

床下断熱工事は大きく分けて2種類あります

床の断熱工事は、室内から床材であるフローリングの下の部分を断熱する「床断熱」と、室内の床材はそのままに、室外の床下側から根太の間や大引き間を断熱する「基礎断熱」に分かれます。
床のすぐ下を断熱する床断熱は床の暖かさを感じやすく、床暖房の効率も上がりやすくなります。一方で施工が難しいという点もあります。床と断熱材の間に隙間ができると断熱の効果が下がってしまうので、あらかじめ隙間が出来ないような施工方法にする必要があります。施工が楽という点では基礎断熱が勝りますが、気密性が高い分湿気がたまりやすく、カビや結露がおきやすくなるため、特に施工直後は積極的に通気することを忘れないようにしましょう。

シロアリ対策もしたいなら床下断熱にはスタイロフォームを

シロアリ対策もしたいなら床下断熱にはスタイロフォームを

スタイロフォームとは押出発泡ポリスチレンフォームというボード、板タイプの断熱材です。特長としては施工が容易で熱を伝えにくく、冬の寒さだけでなく夏の暑さにも有効だということです。また、スタイロフォームは完全密閉状態の気泡でできており耐水性能に優れています。まさに床下のような冷えやすく、水分の多い施工部分に対応するのに適した断熱材といえるでしょう。
これまでの基礎断熱では、断熱材の中にシロアリが入り込み発見されたときには手遅れにということも少なくありませんでした。しかし「スタイロフォームAT」なら、断熱材自体に防蟻剤を混入させているためこれらの問題を軽減することができます。

床下のリフォームは施工の技術差による性能の差が出やすく、きちんと施されていないと床と剥がれた断熱材の隙間にカビや結露が生じる原因にも。床下断熱をお考えなら是非ホームプロにご相談ください。冬のひんやりとした足元が解消されれば、家の中で快適に過ごすことが自然と増え、冷暖房費節約にもつながりますよ。

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ