1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 浴室・風呂のリフォーム
  4. 風呂(浴室・お風呂)リフォームの基礎知識
  5. ユニットバスにリフォームするなら? 基本知識と事例紹介

ユニットバスにリフォームするなら? 基本知識と事例紹介

  • 最終更新日:2020-09-28

ユニットバスにリフォームするなら? 基本知識と事例紹介

築20年以上で浴室が古い場合や、冬場の浴室が寒い、掃除が大変といった悩みがきっかけで、ユニットバスのリフォームを考え始めている方は多いのではないでしょうか?

 

また、タイルの床で滑りやすい、浴槽や出入り口付近に手すりがないなど、バリアフリー化されていない浴室だと将来が心配になる方もいるのではないでしょうか?

 

今回は、ユニットバスの特徴や種類を詳しくお伝えします。また、メリットとデメリット、ユニットバスのリフォーム事例などもご紹介しますので、ユニットバスのリフォームを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

ユニットバスとは?

ユニットバスとは?

ユニットバスとは、湯船や壁や床、天井などのパーツがセットで製造されていて、現場で組み立てるだけの浴室のことです。湯船、床、天井が一体化してつなぎ目がないため、水漏れのリスクが少ないといわれています。

また、工場で部品の製造を行っているため、品質に差が出にくく、設置費用が安いのもユニットバスの特徴です。


ユニットバスの3つの種類と特徴を紹介

ユニットバスの3つの種類と特徴を紹介

ユニットバスには1点ユニットバス、2点ユニットバス、そして3点ユニットバスの3種類があります。では、それぞれの特徴をご紹介していきましょう。

1点ユニットバス 浴槽と洗い場のみ

浴室だけの機能があるタイプで、浴槽と洗い場で構成されており、トイレや洗面台はありません。またさまざまなメーカーで取り扱われています。

2点ユニットバス 浴室内に洗面台を設置

浴室に洗面台が設置されているタイプです。1点ユニットバスとは異なり、シャワーを使って一気に洗面台も掃除できるので、掃除の手間がかからないのが特徴。

3点ユニットバスとの違いは、トイレがないので、湯船から出て体を洗うことができます。また、湯船のお湯を張ったままにしておくことも可能です。

2点ユニットバスは、2人以上で同居する人向きのバスルームタイプといえます。誰かがお風呂に入っている間も、他の人はトイレを利用することができますので、ゆったりとバスタイムを過ごすことができるでしょう。

3点ユニットバス 浴室内に洗面台とトイレを設置

ビジネスホテルなどでよく見かけるユニットバスで、浴室に洗面台とトイレを設置するタイプです。ユニットバスといえば、この3点ユニットバスをイメージする人が多いのではないでしょうか。

洗面台とトイレが一緒にあるので、掃除が簡単で、スペースをとらないのが特徴です。湯船を出て髪や体を洗うことができないので、シャワーをするために湯船のお湯を抜く必要があります。

3点ユニットバスは、一人がお風呂に入っている間は、他の人はトイレを使用することができません。そのため、一人暮らし向きのユニットバスタイプといえます。


ユニットバスのメリット

ユニットバスのメリット

ユニットバスのメリットをご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

掃除の手間がかからない

前述のとおり、ユニットバスはパーツが一体化されているため、汚れがつなぎ目に溜まりにくく、掃除の手間がかかりません。また汚れがつきにくい素材、水はけの良い床材や機能を採用することで、更に掃除を楽にできることも可能です。

工期が短め

施工はパーツを組み立てるだけなので、工期も短めのことが多いです。通常ユニットバスからユニットバスへのリフォームの工期は、3~5日ほど。タイル張りの風呂からユニットバスへのリフォームの場合は、4~7日が平均的な工期となります。

施工中に銭湯などに通う期間が短くて済むため、経済的なのが良いですね。たとえば、東京の銭湯料金は470円ほどですが、家族も含めて毎日通うとなると大変です。

気密性に優れている

冬でもお湯が冷めにくいです。そのためユニットバスは、追い炊きをよくする方に特におすすめです。また、浴室の温度が下がりにくいので、脱衣所との温度差が少ないのもユニットバスのメリットとして挙げられます。

プランやメーカーによっても違いはありますが、床、浴槽、天井の裏に断熱材を張り巡らせることで、暖かさを保つことが可能です。

バリアフリーデザインで安心

最近では、脱衣所などとの段差が少ない仕様になっているため、つまずき防止に役立ちます。また、滑りにくい床やまたぎやすい浴槽などが標準仕様になっていますので、高齢者の方がいる場合は安心ですね。

オプションで手すりを取り付けると、さらに高齢者に優しい浴室にすることができるでしょう。また、介護が必要な方に合わせて浴室をリフォームすることで、安全に浴槽を使うことも可能になります。


ユニットバスのデメリット

ユニットバスのデメリット

では次に、ユニットバスのデメリットについて見ていきましょう。

規格サイズとスペースが合わないことがある

ユニットバスには規格があるため、スペースに合わないと施工することができません。そのため、きちんとスペースを確認することが大切。

規格サイズの一例は以下のとおりです(※)。

サイズ 坪タイプ 浴室内寸(奥行き/幅)
1216 0.75坪 1200mm x 1600mm
1317 0.75坪 1300mm x 1700mm
1616 1坪 1600mm x 1600mm
1618 1.25坪 1600mm x 1800mm
1620 1.25坪 1600mm x 2000mm
1624 1.5坪 1600mm x 2400mm



柱や屋根の傾斜などが干渉してしまう場合は、オーダーメイドのユニットバスか、在来工法に変える必要があります。

規格外の設備やパーツには対応できない

規格内のパーツから選ぶ必要があるため、凝ったデザインなど、こだわりが実現できないことがあります。たとえば、ヒノキ風呂などの浴槽を希望しても、用意されている商品の中から選択する必要があります。

したがって、デザインやサイズなどに徹底的にこだわりたい場合、ユニットバス以外の選択をした方が良いかも知れません。

設備の後づけができないこともある

パーツによっては、後からつけられないものもあります。なぜなら、天井や床などを外す大掛かりなことが必要になるためです。つけたい設備やパーツがある場合は、リフォーム時に一気につけることがおすすめです。

あとで「こんな設備があったら良いな・・・。」と思ってもつけられない可能性がありますので、将来必要になりそうな設備や機能をリフォーム前に考えておきましょう。


ユニットバスへリフォームする費用相場

ユニットバスへリフォームする費用相場

ユニットバスへリフォームする場合、使用する素材や施工内容によって費用は変わってきます。以下に費用相場をまとめましたので、ご確認ください。

  • ・FRP製浴槽:79~133万円
  • ・人工大理石製浴槽:69~251万円
  • ・鋳物ホーロー製浴槽:111~146万円
  • ・ヒノキ製浴槽:235~266万円

ユニットバスのリフォーム事例

ユニットバスのリフォーム事例

ここでは、実際にユニットバスをリフォームした事例をご紹介します。

1:【戸建住宅】人工大理石でお掃除しやすい浴室へリフォーム

【戸建住宅】人工大理石でお掃除しやすい浴室へリフォーム

壁がタイルのお風呂から、人工大理石のユニットバスにリフォームしました。人口大理石でできた浴槽は、汚れを弾いてくれます。また、カウンターも壁から離れているため、お手入れしやすいです。人工大理石のお風呂は、掃除しやすい上、優雅で美しいのが魅力ですね。

事例の詳細:人工大理石の美しいお風呂

2:【戸建住宅】タイル風呂から暖かく快適な浴室へリフォーム

【戸建住宅】タイル風呂から暖かく快適な浴室へリフォーム

震災でお風呂のタイルが剥がれ、浴槽も壊れてしまったのがきっかけで、ユニットバスにリフォーム。ボイラーの代わりにエコキュートを設置したため、温度調整、お湯張り、追い炊きが簡単になりました。また、浴槽内に手すりも取り付けたため、年を重ねても安全に入浴することができます。

事例の詳細:快適であったかお風呂に大満足!

3:【戸建住宅】ホーロー製でカビや湿気に強い浴室へリフォーム

【戸建住宅】ホーロー製でカビや湿気に強い浴室へリフォーム

ホーロー製の壁や浴槽を用いてリフォームし、高級感溢れる浴室となりました。壁の表面がガラス質でコーティングされており、湿気に強くカビが発生しにくいため、お掃除が楽です。断熱性を高めるため、寒さの原因であった窓をブラインドイン複層ガラスに交換。暖かくおしゃれなお風呂に仕上がりました。

事例の詳細:鋳物ホーロー浴槽で暖かさが続く、快適なシステムバスルームへ!

4:【マンション】収納力をプラスした浴室へリフォーム

【マンション】収納力をプラスした浴室へリフォーム

浴室に十分な収納場所がなく、不便に感じたのがきっかけでユニットバスのリフォームを決断。収納スペースを確保すべく、大きなカウンターが設置されています。カウンターの下から除菌水が出てくるので、床を清潔に保ち、お手入れも簡単です。また、肩と腰の両方をほぐしてくれる楽湯機能で、癒しのバスタイムを堪能することができます。

事例の詳細:上質設備仕様で快適な入浴タイムを実現

5:【マンション】断熱床と断熱浴槽で冬も暖かい浴室へリフォーム

【マンション】断熱床と断熱浴槽で冬も暖かい浴室へリフォーム

断熱床と断熱浴槽を採用し、換気暖房乾燥機を設置したことで、冬でも暖かくて快適なお風呂になりました。床はすぐに乾いて使いやすいカラリ床です。また、以前よりも浴室ドアの段差が低くなったので、安全に出入りすることができます。

事例の詳細:明るく広々清掃性もよいカラリ床の断熱床・断熱浴槽の浴室へ


ユニットバスへリフォームして快適なお風呂タイムを過ごそう

今回、ユニットバスの特徴や種類、またメリットとデメリットなどについてご紹介しました。

ユニットバスをリフォームすることで、冬の寒さや収納などの問題を解決し、お掃除が楽でオシャレなお風呂に生まれ変わります。また、高齢者にとっても優しい空間にするために、手すりを設置したり、浴室ドアの段差をなくしたりするなど、バリアフリー対策も可能です。

しかし、ユニットバスをリフォームする際は、先ほどお伝えしましたとおり、スペースをきちんと確認しておく必要があります。そのため、事前にリフォーム会社に相談するのが良いでしょう。

近くにリフォーム会社がない、どうやって探せば良いのか心配、といった方はホームプロのご利用をおすすめします。全国約1,200社のリフォーム会社が加盟しており、匿名での相談も可能です。以下の費用を参考にしていただき、ぜひお気軽にお問い合わせください。

▼ユニットバスリフォームの費用(戸建て・マンション)

https://www.homepro.jp/hiyou/bath/kodate.html

https://www.homepro.jp/hiyou/bath/mansion.html

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ