1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 増築・改築リフォーム
  4. 増築・改築リフォームの基礎知識
  5. ベランダ・バルコニー・テラスなどの増設・改築リフォーム、コツと注意点

ベランダ・バルコニー・テラスなどの増設・改築リフォーム、コツと注意点

ベランダ・バルコニー・テラスなどの増設・改築リフォーム、コツと注意点

ベランダや日当たりスペースの増築リフォームを考えたとき、設置してみてからの使い勝手、場所、さらなる工事や長期的な維持などと悩みは様々です。また住宅の構造や、税制、空間の利用目的などに応じて、その他のいろいろな増改築リフォームも利用できます。それぞれの名称など基本事項からご紹介します。

ベランダや日当たりスペースの増築リフォームを考えたとき、設置してみてからの使い勝手や長期的な維持など、悩みは様々です。 また、住宅の構造や、税制、空間の利用目的などに応じて、その他のいろいろな増改築リフォームも利用できます。それぞれの名称など基本事項からご紹介します。

屋上テラスの増改築リフォーム

テラスの増改築リフォーム

屋上テラスを増改築する工事事例や注意点

屋上の増改築リフォームを行うことで、既存物件の利用可能面積や、それによる什器の移設などで敷地内効率を高めたいという希望は比較的多くあります。 木造建築では、横方向の形状変化が大きいため、それらの「改装に向くかどうか」は、専門家などによる設計の再検討や耐力性能確認などが必要になります。 元の屋根の部分の構造からの変更費用の割合が高いため、一概には言えませんが、木造ではシートや塗装、新たな床面づくりなど、一般の外壁を作り直す以上の単位当たりの資材が必要となります。 電源や照明、だれもが利用しやすいための柵作り、地域によっては高能力な排水設計など、設備の負荷が求められる場合もあります。 また、頻繁な収保が必要となり、数年単位で継続的に維持費の確保も必要です。

屋上テラスを増改築するメリット

屋上テラスを増改築するメリットは、屋上テラスでガーデニングを楽しむことが可能であることです。屋上テラスでのホームパーティーは、開放感もあり、家族や親しい人との距離を縮めることができるでしょう。 ある程度のスペースを確保できるのであれば、安全な子供の遊び場としても活用できます。

屋上テラスを増改築するデメリット

屋根がもともとあった位置を直接平らに切り込んだりすることで、風や雨、日光にさらされる位置と室内天井などとの距離が縮まります。 このため、建物全体の冷暖房効率を下げてしまうことや、壁内で行われている空気の循環などを妨げてしまうこと、屋上の防水が劣化、あるいは災害などでひびが入ってしまい、雨などが流入してしまうといったことが多くあります。

屋上テラスを増改築する費用相場

屋根部分をテラスに加工するだけで、相場では、100万円ほどかかります。 そこから構造強化や、その他メンテナンスなどの費用が掛かるので、かなり高額なリフォームです。

テラスの増改築リフォーム

バルコニーの増築リフォーム

テラスを増改築する際の工事事例や注意点

一般的には、建物の外に作られるということもあり、自宅に暮らしながら可能な増改築リフォームです。

窓辺や庭などを有効利用するために、木造縁側や石敷きやブロック敷縁側、石やコンクリートなどを並べたり、ウッドデッキなどを外付けしたりすることなどを言います。

重量物を扱うこともあり、また場合によって土砂などの搬入も必要ですが、ホームセンター等を利用してDIYで簡単にも行うことができます。

内容によっても異なりますが、単に両開き窓下への縁側や、ブロックのみの設置であれば、一日以内に完了します。

既にあるテラスに雨よけの屋根などを追加する工事も人気です。

アルミやその他金属製のモノから、木製、ポールなどを使ったキットなどまで、扱いやすいものもたくさんあり、屋根などのかかる面積や高さ、範囲なども幅広く用意されています。

テラスを増改築するメリット

屋上テラスや、サンルームなどに比べて安価にリフォームすることが可能です。 また、庭や縁側のように扱うことができ、メンテナンスも簡単にできます。

テラスを増改築するデメリット

増築により床面積が増えるため、固定資産税が増えてしまう可能性があります。

テラスを増改築する費用相場

土台のみのテラスや、屋根付きのもの、テラス囲いなど様々な種類がありますが、おおよそ15~50万円でリフォームが可能です。

バルコニー、ベランダの増築リフォーム

バルコニー(ルーフバルコニー)を増改築する工事事例や注意点

バルコニーは一般的に屋根がなく軽量なものが多く、その面積等もかなり小さいため工期が濃く短期間で済むケースが多いです。

取り付け方法や、支持柱などの形状、その取り付け面耐荷重などにより建物に対する強度や耐荷重、用途なども大きく異なります。 既製品だけでも相当の種類数で、実際のリフォーム数においても圧倒的な人気です。洗濯場などで頻繁に昇降などが考えられる場合の増改築リフォームでは、土台をしっかりとることが長く利用するための秘訣です。

バルコニーを増改築するメリット

現代日本の建築の多くでは木造鉄骨鉄筋を問わず、バルコニーはアルミや鉄製のものが多く、その場合は、既存のものの取り外しを含めた交換が容易に行えます。

バルコニーを増改築するデメリット

トタンや瓦屋根などの上に、直接金属製足場を取ってしまうと、その熱による劣化や、夏場暑くて利用しにくくなってしまうので注意が必要です。 また、雨の日などにバルコニーからトタン屋根への流入が多く、それぞれ対策などを必要とすることもあります。

バルコニーを増改築する費用相場

バルコニーを増築する際は、2畳~6畳の増築で、約60万円~120万円ほどかかります。

ロフトの増改築リフォーム

ロフトの増改築リフォーム

ロフトを増改築する工事事例や注意点

ロフトの形状は様々です。 一般増改築リフォームで比較的簡単に行えるものとして、

✔既存の屋根裏などに梯子などを取り付け内装するもの

✔吹き抜けなどの一部を強化し、床や梯子階段などを取り付けるもの

✔昇降式床材や気候を取り付けるといったもの

などがあります。 それぞれ、用途や元の建物内構造に応じて、構造などを強化する必要があります。 容積率によっては増設が難しいため、昇降口やその他部分の用途の変更工事などを伴うことになり注意が必要です。 また、子供部屋や寝室としての利用、万が一の荷物などの落下予防の観点から、昨夜壁を開口部に向けて設置しておけば安心です。

ロフトを増改築するメリット

ロフトを増改築するメリットとして、収納スペースが確保できるということが挙げられます。 生活スペースに収納用の家具などを置かずにすむので、生活スペースを広く活用することが可能になります。

ロフトを増改築するデメリット

ロフト部の天井高が1.4m超で、格納式ではない階段で昇降する場合、居室扱いとされ、床面積に算入されてしまいます。 また、通常の室内空間では人の生活に利用しない高さに床を設けるため、その空間における元の床面とロフト床部分では、湿度や温度にとても大きな違いが生まれます。 利便性を考え、電源や小型の通風孔を設けておくほうが良いでしょう。

ロフトを増改築する費用相場

ロフト増築の際にかかる費用は、作るロフトの面積によって変わってきますが、50~200万円でリフォームが可能です。

屋外のリフォームは費用が高額!慎重な判断が必要

屋外のリフォームを事例や費用とともに、紹介しました。

屋外の開放的な空間は、多くの人にとって魅力的なものです。

屋外テラスの増築や、ロフトの増築で生活がガラリと変わり、より充実度の高い生活を送ることができるでしょう。

しかし、増改築のリフォームは、家の内装のリフォームと比べると、費用が高額になるケースが多いです。

内装のリフォームと比較して、外部でも耐久性を保てるよう、細かい点を頑強に施工する必要があるからでしょう。

また、内装の小さなリフォームと違い、テラスやロフトなど、規模も大きいです。

増築することで、日々の暮らしに新しい風が吹くことは間違いないですが、それ相応に値段がかかるということでしょう。

特に、屋上テラスのリフォームは、建物の強度を損ねてしまう可能性もあるので、しっかりと調べ、対策をしつつリフォームを行うことをおすすめします。

どういったイメージのテラスにしたいのかを自分の中で決め、どんなことができる環境にしたいのかを改めて考えましょう。

ホームプロではあなたにぴったりのリフォーム会社を紹介

屋上テラスやロフトのリフォームを行う場合、自分の希望に合ったリフォームを行ってくれるリフォーム会社探しを行わなければなりません。

しかし、自力で優良なリフォーム会社を見つけることは大変困難です。

ホームプロでは審査を通過した1,200社のリフォーム会社から、お客さまのご要望に沿ったぴったりのリフォーム会社を紹介しています。

リフォームをお考えの際は、ぜひホームプロにご相談ください。

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ