1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 増築・改築リフォーム
  4. 増築・改築リフォームの基礎知識
  5. 増築・改築リフォームをする場合、どんな人に頼めば良い?

増築・改築リフォームをする場合、どんな人に頼めば良い?

  • 最終更新日:2015-10-02

増築・改築リフォームをする場合、どんな人に頼めば良い?

増築などを重ねている場合や、無駄を極限までそぎ落とした設計などにおいては、伝統建築とは違う技術や、企業秘密などの関係もあり、欠いてはいけないパーツの判断が難しいものです。 増改築リフォームにおける一般的な注意点をまとめました。

個人の大工さんに増築リフォームをお願いする場合

個人の大工さんに増築リフォームをお願いする場合

個人に所属して長年経験をつんだ人や、大手企業などで作業を行ってきた人、現場での造作だけではなく、設計と構造計算等も含めての広範な施工経験をつんできた方など様々なタイプの方がいます。
伝統的な木造建築だけでも、寺社仏閣から伝統建築の木造住宅、鉄骨鉄筋専門の大型物件出身の方などまであります。
経験豊富な方も多く、アレンジなどの注文も対応してもらえるといった細やかな面がある一方、直接契約であれば、お天気やその他の事情により、工事などが遅延しがちなこともあります。
大規模リフォームや損壊などを契機に行われるリフォームといった特殊な事情になればなるほど、いかに建築当時の状況に詳しくても、通常のリフォームとは全く違うものとして検討したほうが良い場合も多くあります。

在来工法より少しチェック項目の多い、ツーバイフォー増築リフォーム

在来工法より少しチェック項目の多い、ツーバイフォー増築リフォーム

ツーバイフォーは構造上の制約が多くあります。
1部材ずつの強度は強いのですが、その分広い空間などを確保するために、1つあたりの耐重量をかなりそぎ落とした設計なども可能で、新築時など「建坪の割には広いスペース確保」ができる点等も魅力の一つとなっています。
また重量分散などをよく再検討することにより、壁などのあった位置や、周りの壁に補強を施したり変更することで、一部を空間化することができるケースもあります。
これらは想定図面がしっかり揃っている、建物に傷みが少ない、設計変更とリフォーム施工業者がそれらの特性などを十分理解し取扱い経験が豊富な場合などの職人の腕にもよります。
重量などの分散のため、増築部分の壁や構造が、おのずと決定してしまう場合などもあります。
増築でも、図面などが読み解けなかったり、あるいは読めても構造上、現在の構造から抜きとれる部分がなかったりといったこともあります。
引き算設計で広いスペースを確保しているツーバイフォーは、とくにそのリフォーム経験の多い工事業者に分析調査を依頼しましょう。
図面を読み解くのは比較的難しいものです。施工業者とは違い、第三の目でこれらの個人物件の設計や施工管理のみを専門として行っているところも多くあります。
また、その調査の際に、長年の使用などに伴っての劣化部位や問題なども、発見されやすいです。
ただの増改築のみならず、これまでの地震などによる影響の再評価も受けておけば、いつまでも愛着のある家に、長く暮らすことができます。

屋根の増築リフォームの例とポイント

屋根の増築リフォームの例とポイント

建築当時は平らなコンテナタイプの屋根を採用したけれども、夏の暑さや、冬の暖房効率などの関係から、三角や片流れの屋根などを増築するもの、あるいはその逆に、三角や片流れの屋根を構築したが、平らな、防水シートをベースにした加工などにして見た目をすっきりさせ、北向き敷地内の採光を確保することや、屋上を利用したい、積雪時や結氷の際に、ご近所やカーポートや路上への飛散を防止したいための無落雪化、と形状の上だけでもいろいろな理由と手法があります。
また重量負荷の軽減や、震災などでの家屋の揺れの抑制、建物構造側の老朽化などによる前面道路の通行時の生活上の振動抑制など、振動やねじれなどの影響を少なくするための、同様の見た目を持つ軽量素材化による屋根の軽量化。またその逆で、本物の素材を使って見た目や風情を向上させるといった目的で、「トタン」「スレート」「瓦などの焼き物」「金属瓦」「プラ瓦」「ガラス瓦」へといった変更などの工事もあります。
軽度のものでは、落雪や着氷したものが落ちにくくする金具の取付け、雨どいなどの設置、屋根からの吹き込み風を防止し耐熱性能を増すための庇内側の断熱材増加、耐候変化のメンテナンスや色換えの塗装、室内天井の工事と合わせての開閉型、あるいは嵌め殺し窓の設置等も、目に見えて効果も高く、工期も費用もお手頃で人気です。
それぞれに設置のための釘・ねじ間隔や技法が違う点、そして単位面積当たりの耐重量や、熱の伝わり方、腐食など耐用性部分がことなるといったこともあります。
耐重量のための基礎や全階での構造の工事以外にも、選択した素材に最低限耐える耐熱、万が一のずれや腐食時に漏水しないといった付随工事が多数発生します。 
上物材料だけでは判断しがたいこと、屋根部分の既存構造、寒冷地か否かといった地域条件によっても追加すべき事柄は違ってきます。
近隣の居住者や敷地などに配慮して、「側面屋根形状」を変えることで、積雪着氷時や火山灰などの落下の向きを変えるといった、気遣いのための変更などもあります。
また宅内の熱効率を高めるために、一番効率的な屋根裏や一部の壁などの内側だけに、耐熱や遮熱の造作を行うといった、目には見えにくい工事なども、屋根の増改築リフォームに分類されます。
ソーラーパネルなどを設置に際しても、屋根部分に取り付ける方が、依然圧倒的です。

増築・改築リフォームを行うための基礎知識には、土地の使用や建築基準法など、様々なものがあります。
ホームプロには、これらの基礎知識が豊富なリフォーム会社が多数加盟しています。
増築・改築をお考えなら、ぜひご相談ください。

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

大手4社出資だから安心

以下の4社が出資する株式会社ホームプロが運営しています。

株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ