1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 増築・改築リフォーム
  4. 増築・改築リフォームの基礎知識
  5. 増築するのですが、工法が心配です

増築するのですが、工法が心配です

  • 最終更新日:2015-06-09

増築するのですが、工法が心配です

ホームプロに寄せられた「増築」に関するリフォーム相談の中から、『増築するのですが、工法が心配です』の質問と回答をご紹介します。
今回のリフォームについて、当方の建物は約18年になる2×4です。

この度、1階、2階合わせて8m2程度(奥行き半間、幅2間強)の増築を予定しています。見積りの1箇所は在来工法でその場合、1階2階とも両サイドは壁部位から約10cmの構造補強するようです。

又、継ぎ目は地震対策も行うようです。

このような工法で大丈夫でしょうか?

尚、この工務店の1級建築士と話をしています。宜しくお願いします。
今回の増築は1・2階4m2づつ8m2の増築でしょうか。

増築の建物構造について、考え方を大きく2つに整理してご説明いたします。



1)1つ目は増築後の建物全体で、耐震とかの構造に合致する構造設計になっているかを検討する方法です。

この場合同じ工法の2×4工法だと構造基準が一つの計算基準なので簡単に計算できます。

違う工法だと計算基準が違いますので、構造計算をそれぞれの構造を加味した計算で検討することにります。

2)もう1つは増築後の建物それぞれ単独で、構造基準に合致してるかを検討する方法です。

これは、ご質問の半間×2間の構造体単独で耐震性やその他の構造基準に合致しているか検討する方法です。

増築する建物と、既存の建物をそれぞれ別々に構造条件に合致するわけですから、合体しても構造的に満足していると考えられます。



1)もしくは2)が検討されれば構造上の問題は解決されます。



ご質問の「両サイドは壁部位から約10cmの構造補強するようです。」とは具体的にどのような事か良く分かりませんが、既存建物に構造的に金物で繋ぐとの意味でしょうか?その場合、既存建物に負荷がかかりますので、1)の検討が必要になります。



実際に建物を確認しておりませんので、基本的なご説明になりましたが、上記の点を工務店さまにご確認されながらお話を進められてはいかがでしょうか。

増築/耐震

(2001.10.29)

※法律問題や税務問題は、事実関係の違いによって結論が異なる場合があります。また、同一の事実関係であっても異なった結論が出る場合も多くあります。「リフォーム相談室Q&A集」で示しております回答は一般的な回答にとどまるものであり、具体的な問題についての責任ある回答を示すものではないことにご注意ください。具体的な事案につきましては、必ず弁護士や税理士などの専門家に相談されることをお勧めいたします。

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,189件

※2020年4月〜
2021年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ