1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. トイレのリフォーム
  4. 事例・ケーススタディ
  5. 節水トイレのリフォーム費用相場とメリット・デメリット

節水トイレのリフォーム費用相場とメリット・デメリット

節水トイレのリフォーム費用相場とメリット・デメリット

トイレの老朽化に伴い節水トイレ型に取り換えるリフォームを考える人が増えてきました。以前は一回に13ℓの水を使っていましたが、現在の機種ではおおよそ半分の6ℓで済んでしまいます。節水だけではなく節電効果のある機種も増える中、しっかり検討をしないと思わぬ失敗を引き起こすことがあることも念頭に置きましょう。排水の位置によってトイレが狭くて使えなくなる、トイレットペーパーを使い過ぎて詰まってしまう、というトラブルがあるのも事実です。こんな失敗をしないためにも、工事を依頼する前に節水トイレの特徴や注意すべき点をあらかじめ細かく把握することが重要です。また、節水トイレのリフォームを検討するときは、床材やクロスの張替えも一緒に検討してはいかがですか?気分を一新する絶好チャンスです。

節水トイレとは?

1回で使用する水の量を大幅に押さえたトイレが節水トイレです。従来は約10ℓ~13ℓの水を使うのが一般的でしたが、現在では約半分の6ℓ~~8ℓで流せるものが主流となっています。

1990年代までは1回の洗浄に13ℓの水を使う機種が一般的でしたが、2000年代に入るころから各社は使用水量を大きく減らした機種を続々と開発してきた歴史があります。

節水トイレの仕組み

基本的な仕組みはシンプルです。「サイフォンの原理」を利用しているのですが、これは密閉された管の中にある液体が高いところから低いところへと移動する原理で、冬場に使う手動式の灯油ポンプと同じ仕組みとお考えください。

洋式便器の登場時は、単純に水の勢いだけで流す「洗い落とし式」が主流でしたが、この方式は水を流すだけなのでパワーが弱く、汚れを綺麗に落とせないデメリットがありました。

この問題点を大きく改善したのがこのサイフォン式で、節水トイレの実現につながりました。

節水トイレのメリット・デメリット

水道代を大幅に節約できる節水トイレですが、メリットもあればその反対のデメリットもあるので整理していきましょう。

メリット

水道代が節約できる 

節水トイレ最大のメリットは、水道代の節約です。機種によって異なりますが、年間で最大1.5万円も節約できるものもあります。毎月1,000円以上のお金が浮けば、そのお金でランチが1回楽しめるとなると、ばかにできない金額です。   

節電もできる

意外に知られていないメリットです。節水トイレとうたっているので見落としがちですが、節電機能の付いている機種も多くあるので要チェック。特に冬場の暖房便座における終日通電は電気代が気になります。節水トイレのリフォームをするときには、合わせて節電も検討しましょう。   

掃除がしやすい

節水トイレは、少ない水で流せるように表面が滑らかに加工されているので、汚れが落としやすくお掃除も楽になります。フチなしトイレも主流になってきていますので、ショールームなどに出向いて実際に便器を覗き込んでください。

トイレ本体周辺の掃除も大事なポイント。とくに裏側は、なかなか手も目も行き届きません。この問題を解消するには、タンクレストイレがおすすめです。掃除の邪魔になる立ち上がり型のタンクがないので後ろ側にも楽に手が届き、お掃除も楽ちんです。

デメリット

詰まりやすい

節水トイレは使用する水が少量ですから、詰まりやすい傾向はあります。排水溝が詰まるトラブルへの対応策はありますが、普段から大量のトイレットペーパーを流さないように注意を払う必要はあるでしょう。また、水圧が低かったり配管工事の接続ミスがあったりするケースも。工事業者選定の際には、この辺りの問題を把握しているかどうかを確認してください。

リフォームする場合は費用がかかる  

「水道代が安くなる!」とはいうものの、リフォーム工事を1万円で済ませるわけにはいかず、数年かけないと元を取ることはできません。毎月かかる水道代は安くなるのですが、工事の際にお金は出ていきます。

節水トイレを詰まりにくくする方法

節水トイレは詰まりやすい傾向があります。でも、ちょっとした気遣いをしたり、詰まったときの対処方法を覚えたりしておけば大きなトラブルにはなりませんのでご安心してください。

トイレットペーパーは適量を流す

一度にトイレットペーパーを大量に流すのはご法度。以前は13ℓで流していたものを6ℓで流すわけですから、水量としては昔の半分程度になるからです。必要以上のトイレットペーパーを流すと詰まる可能性が高くなるのでご注意ください。

大量にトイレットペーパーを使う習慣が抜けない場合は、うっかりするとトイレを詰まらせるトラブルにつながります。

水に流せるアイテムを流さない

「水に流せる」と謳ったお掃除シートなどがありますが、この手の商品は流さないのがベター。流しても溶けるには溶けますが、どうしても時間がかかってしまうために詰まりの原因になりやすいのです。多少面倒でも、トイレ掃除に使ったシートの類は燃えるごみと一緒に捨ててください。

節水トイレが詰まったら重曹ととお酢で解消

不注意で詰まらせても対処方法があります。重曹とクエン酸をお湯で溶いたものを流すのもそのうちの一つ。

重曹(カップ1/4)、クエン酸(カップ1/2)、そして50度程度のお湯を用意すれば準備完了。あとはこれを流せば解決するケースが多いようです。

クエン酸がない場合はお酢でも有効です。ただし、熱湯は使用不可なのでご注意ください。いずれも100円ショップなどで簡単に手に入る商品ですので、もしものトラブルがあった際には試してみましょう。

節水トイレのリフォームの注意点

節水トイレのリフォームをする前にチェックしてほしい項目があります。水圧や排水形態などですが、工事関係者でなくてはわかりにくい部分もあるので契約前にチェックしてもらってください。

水道の圧力が弱いと設置が難しい

少量の水で汚物を流すには、一定以上の水圧が必要です。従来型のトイレはタンクに貯めた水を勢いよく落とすことで流す力を得ていますが、人気のタンクレス型の場合はこれを水道の圧力で補っています。

つまり、水道の圧力が弱いと汚物を流すパワーも弱まることになり、節水トイレの設置が事実上難しくなります。ご自身で判断せずに必ず工事業者に確認してもらいましょう。 

排水方法によって設置できるトイレに制限がある 

トイレの排水形態には床排水と壁排水がありますが、この2つでは節水量が違ってくるために注意が必要です。

戸建てに多く見られるのが床排水。便器の底から床につながっているので、排水管は見えません。それに対してマンションで多く見られるのが壁排水。便器の裏側をの覗くと壁と便器が排水管でつながっているのがわかります。

ただ、壁排水の方が使用する水の量が多いために、床排水ならば設置可能な節水トイレであっても壁排水だと対応できない機種が出てくるので、まずはご自宅の排水タイプが壁排水か床排水のどちらであるかをチェックしましょう。

節水トイレのリフォーム費用相場と期間

トイレの老朽化に頭を悩ませるものの、予算も心配なのは当然のこと。おおよその金額に加えて工事期間についても触れていきましょう。

節水トイレのリフォーム費用相場

トイレのメーカーによって異なりますが、15万円~40万円を目安にお考えください。今ある便器を節水型に取り換えるわけですから、便座のみの交換ではなく丸ごと撤去という形になります。便座のみの交換ではないので工事費が通常よりかさむのは当然ですが、撤去した便器の処分費用にも3,000円~8,000円がかかってきます。

また、和式トイレからの変更工事はどうしても大がかりになるので、工事費用がかさんできます。現場によっては思わぬ出費増もあり得るので、業者さんとの打ち合わせは綿密に行って見積もりを取ってください。

節水トイレのリフォームにかかる期間

便座のみの交換であれば30分から2時間もあれば完了します。トイレの本体のみの交換であれば約半日。床材やクロスの張替えも含めたリフォームとなると1~2日は必要となるので、その間のトイレはどうするかだけは、家族間で話し合いあらかじめ決めておかなくてはなりません。さらには、手洗い場を作るなど、便器本体以外の付随工事が入ると、2~3日の工事期間をみておくのが無難です。

節水トイレのリフォーム事例

最後に、節水トイレのリフォーム事例を見ていきましょう。

1:TOTOの節水トイレでお手入れが楽に!

漏水問題をきっかけに節水トイレに衣替え。一般的な商品を選定したので、節水機能の付いたトイレを取り付けても12万円ほどで収まったリフォーム事例となります。一回に使う水の量は6リットルです。

事例の詳細:トイレチェンジ!

2:パナソニックの節水タンクレストイレにリフォーム

こちらも漏水がきっかけとなりリフォームを決断。便器本体は21年前のもので、当初は便座だけの交換を検討したのですがどうせやるなら「全部を取り換えよう」と決断。節水性、掃除のしやすさ、操作性なども当時より格段にアップし、お客さまも大満足です。

事例の詳細:1時間だけ下さい!タンクレスの全自動おそうじトイレに早変り!

3:20年前のトイレを節水トイレに!

リフォームの総費用は13万円で収まった事例ですが、20年ほど前に設置したトイレは1階の洗浄に使う水の量は13リットル。それが大で6リットル、小で5リットルと半分以下になりました。

事例の詳細:20年前のトイレを節水トイレへ取り替え

4:TOTOのお掃除リフト搭載節水トイレにリフォーム

予算は30万円かかったものの、節水だけではなくお掃除リフトを搭載したTOTOの最新機種でリフォーム。節水能力も従来品と比べて71%と高く、従来品のシャワートイレでは掃除がしにくかった継ぎ目などの部分を問題なく拭き取れる一品です。あらたに「手洗い器も設置して、以前と比較して快適さが大きく向上しました。

事例の詳細:超節水トイレで家計も家事も大助かり!

5:LIXILの汚れにくい節水トイレで節約!

最後の事例は30年物のリフォーム。スペースが狭いトイレなので、機能はオーソドックスでもいいのでとにかく省スペースでありながら、節水機能があってなおかつ汚れにくい商品を選択。壁と床も一緒にリフォームしました。

事例の詳細:スッキリしたデザインの節水型トイレ。

節水トイレのリフォームはプロにお任せ!

トイレのリフォームを考えるとき、まず頭に浮かぶのは工事金額やトイレ本体の値段でしょう。ほとんどの皆さんが同じことを考えるのですが、イニシャルコスト(工事費)には気を使うもののランニングコスト(水道料金)までは気が回らないことが多いようです。節水トイレによって水道代が浮くのはもちろんですが、この機会に節電機能の採用も検討したいですし、タンクレスにしてトイレの後ろにも手が届きやすくすれば掃除も随分と楽になります。

トイレは毎日使います。使用する水の量も相当なものになります。節水トイレを選択することにより毎月の水道量も下がるので、浮いたお金をほかに回して豊かに暮らしませんか。

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ