1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. トイレのリフォーム
  4. 事例・ケーススタディ
  5. トイレの壁のリフォームについておすすめや方法を紹介

トイレの壁のリフォームについておすすめや方法を紹介

トイレの壁のリフォームについておすすめや方法を紹介

トイレの壁紙に傷やシミが目立ってきたら、リフォームの考えどき。トイレの壁リフォームはリフォーム工事の中でも比較的安い費用で行うことができるので、リフォームを初めて行う人にもおすすめです。今回は、トイレの壁のリフォームの費用相場、おすすめの壁紙、リフォーム事例を紹介します。

トイレの壁のリフォーム

壁は目に入る面積が大きいので、リフォームすることでトイレ全体がきれいになったように見えます。

「トイレ全体をリフォームする予算はないけれどイメージを一新したい」という人は、まずは壁からリフォームするのがおすすめです。

価格的にも行いやすいトイレの壁リフォーム

トイレのリフォームの中でも、壁のリフォームは比較的安価でできます。

グレードや広さ別など

トイレ全体(壁・天井)の広さは3帖以内が一般的ですので、シンプルな壁紙も機能性に優れた壁紙も価格の差は大きくありません。

リフォーム費用

施工費は2~3.5万円程度が相場です。

職人さんの人件費のため、狭いトイレでも6帖の部屋を施工するのとあまり変わりはありません。

費用の相場を紹介

壁紙はシンプルなものなら1mあたり1,000円程度から購入できます。

凝ったデザインのもの、素材にこだわったものなどでも1,500円程度です。

トイレ全体の広さで考えても2.5~3.5万円で収まるでしょう。

トイレの壁、リフォームの種類

トイレの壁のリフォーム方法には、壁紙を貼る以外にもペンキを塗る方法があります。

塗る、貼る

ペンキを塗る場合は壁紙の上から塗ることになります。

壁紙に凹凸があるとそのまま浮き上がって見えるので、質感ごと変えたいときには向いていません。

ただ、ペンキ独特の風合いがありデザインも思うままにできるので、ペンキでのリフォームを希望する人もいます。どちらかと言えば自分のイメージをそのまま反映できるDIYに向いていると言えます。

壁紙を貼るのとペンキを塗るのとでは、費用はほとんど変わりません。

リフォーム会社によっては、貼ると塗るのとで大きく金額設定が異なる場合があるのでその点はしっかりチェックしましょう。

デザインや機能性

トイレの壁紙は花柄やストライプ、ドット、幾何学模様などのデザインが好まれます。色は明るく、薄い色がほとんどです。暗い色の壁紙は狭い空間では想像以上に暗く感じるため、全体に使用するのは避けた方が良いでしょう。

機能性壁紙は、臭いを抑える(消臭効果)、湿度を調整する(調湿効果)、抗菌、防カビ、防汚などの効果があり、これらの効果を複数持つ壁紙もあります。普通の壁紙よりもトイレを快適にしてくれるので、気に入ったデザインがあればぜひ取り入れてみてください。

おすすめのトイレ壁紙

ここでは様々な視点からおすすめのトイレ壁紙を紹介します。

選び方のポイント

選び方として、好み以外に重要なのが「使う人すべてが心地よさを感じられるか」という点です。

自分だけの好みを優先せず、家族の好みや機能性を兼ね備えた壁紙を選ぶと良いでしょう。

清潔感

トイレには清潔感が第一。白や寒色系の壁紙はキレイな印象を与えてくれます。

消臭機能

「毎日掃除をしていても臭いが気になる…」そんな場合は消臭機能のある壁紙を試してみてください。

トイレの臭いの原因であるアンモニアに強いタイプの壁紙も多く販売されています。

人気のデザイン

オーソドックスな壁紙の他に、以下の壁紙も人気です。

・レンガ

外国風のアンティークな雰囲気を感じられ、人気があります。

・漆喰

和風から洋風まで、パターンによって様々なデザインができます。

また機能面でも、脱臭、防音、発性有機化合物の分解、火に強い、などの効果もあります。

・柄物

自分好みの柄に変えて、気分を高めたい人などにおすすめです。

・木目調

木目調は、DIYでも取り入れられることが多くなっています。柄物には動物やキャラクターを描いたタイプもあります。

・ヴィンテージ風

上質感、渋めの柄が最近人気です。

トイレの壁のリフォーム事例

ここでは、トイレの壁のリフォーム事例を紹介します。素敵にリフォームされたトイレは居心地の良い場所に。「こんなトイレにしてみたい」と思うトイレが見つかるかもしれません。

業者に頼んだ場合の事例

クロス貼替だけでオシャレなトイレ空間に。
抗菌・消臭・防カビ機能のある壁紙で、トイレに使用しても安心です。

輸入クロスでアンティークフレンチ風のトイレへリフォーム
輸入壁紙でアンティークな空間に。コンパクトでも豪華さを感じるトイレになっています。

修理依頼から遊び心あるトイレに変身
淡いブルーを取り入れた木目調の壁紙はサーフなイメージにぴったり。

森の中をイメージした可愛らしく明るいトイレ
グリーンカラーが清潔なイメージで、トイレを明るい雰囲気にしてくれます。

セルフリフォーム(DIY)

トイレの壁はDIYで好きな色・素材の壁紙にすることも可能です。

自分でできるDIYも人気

トイレの壁紙は自分でも貼り替えることができます。大きな壁紙を1人だけで貼るのは大変な作業ですが、小さめのシートごとにカットされているものやリメイクシートを使えば簡単です。

リメイクシート

リメイクシートは最も簡単にできる壁紙DIYです。

おすすめは床面から1m程度の高さまでリメイクシートを貼り、腰板風にDIYすること。

トイレの壁紙は下の方が汚れやすいもの。シミや黒ずみなどが目立つ部分は腰板風DIYで上手に隠してしまいましょう。腰板風DIYは一部分だけに貼れば良いため、全体に貼るより簡単に、短い時間でできます。

ウォールペーパー

近年人気なのが厚みのあるデザインウォールペーパー。レンガ調やブロック調のものが人気です。

厚みがあるので壁にもたれたときも柔らかい感触で、全体的に優しい雰囲気になります。

DIYのコツ

トイレのDIYのコツとしては大切なのが、「汚れを事前にしっかり落としておくこと」です。

「壁紙で隠してしまうから汚れていてもそのまま貼ろう」と思ってしまいがちですが、落とせる汚れは徹底的に落としてください。汚れが残ったまま壁紙を貼ると剥がれやすくなりますし、ゴミやほこりなどの付着物があると壁紙が浮き上がる原因になります。

基本の手順、貼り方

トイレに壁紙を貼るときは、壁面に番号をふってどの順番で貼るかをわかりやすくしておきましょう。

壁紙は壁と天井の間にぴったりと合わせて上から押さえつけるようにして貼っていきます。

軽く貼り付けたら、ヘラ(スクレーパー)を使って空気を抜きます。

何度か繰り返して巾木まで貼れたらヘラで押さえつけ、余った部分をカットしていきましょう。

横面は壁が曲がる部分までを1区切りとし、端まで貼ったら下部分と同じように押さえつけて余りをカットします。

これを全体に行えば完成です。

タンク裏の壁紙の貼り方

タンク裏は壁紙が貼りにくい箇所ですが、基本の手順と同様に行います。

便器をまたぐようにして作業を行うとやりやすいです。

塗り方

・ペンキを塗る前の準備
ペンキをつけたくない部分を養生します。
養生シートとマスキングテープでできますが、2つが一体となったマスカーを使うとさらに簡単です。
トイレットペーパーホルダーや棚以外にも、便器の養生を忘れないようにしましょう。

壁紙を紙やすりでザラザラにします。
ペンキによってはこの作業が必要ないタイプもあります。
紙やすりをかけた後はチリが多く出るので、きれいに拭き取ってください。
ペンキを全体に塗っていきます。トイレの奥の方から塗っていくとやりやすいでしょう。
同じ方向に向かって塗っていきます。
もしペンキが肌や付いて欲しくないところに付いてしまったら、濡らした布で拭き取れば大丈夫です。

ペンキは2度塗りが基本です。1度塗りとは反対の方向に向かって塗りましょう。
全体が乾けば完成です。

セルフリフォーム(DIY)の事例

シンプルな白系の壁紙に木製の腰壁をDIYで取り付けてぬくもりある空間に。

棚は手すりとして使用することも可能な位置に取り付ければ利便性が良くなります。

まとめ

今回は、トイレの壁リフォームの費用や種類、機能性などを事例とともに紹介しました。

毎日使うトイレでは、壁を美しい状態でキープして落ち着ける空間にしたいですね。

これからトイレのリフォームを考えている人は、今回の記事を参考にしていただければ幸いです。

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ