1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. トイレのリフォーム
  4. 事例・ケーススタディ
  5. 高齢者や介護のトイレで起こる問題と解決できるバリアフリーリフォームを解説します。

高齢者や介護のトイレで起こる問題と解決できるバリアフリーリフォームを解説します。

高齢者や介護のトイレで起こる問題と解決できるバリアフリーリフォームを解説します。

年をとってきたときのためや、介護が必要な親のためにトイレをリフォームしたいと思っていませんか?
ただ、実際にどのようにトイレをリフォームしたら高齢者に使いやすくなるのか判らないとお悩みですよね。
 
実際に自分がその状況にならない限りは、いまのトイレのどこに問題があって、改善していけば良いかをなかなか知ることはできません。
 
そこでこのページでは、実際に高齢者や介護が必要な人はどのようなことを問題としているのか、それをどう解決したら良いのかを解説します。

このページを読み終えたあとには、自宅のトイレのどこに問題があって、どのように改善するのが良いのかが判りますので、最後まで読んでぜひトイレのリフォームの参考にしてみてください。

高齢者や介護が必要になった場合、起きるトイレの問題

最初に高齢者や介護が必要になった場合、起こる問題を解説します。 かなりのご家庭で当てはまる項目なので、自分の家は大丈夫なのか想像しながら読んでみてください。

トイレの出入り口とドア

高齢者になると足腰が弱くなります。 そうなってくると、トイレのドアの段差でつまずいてしまうなど、今では考えもしないようなことで怪我をしてしまう可能性があります。 また、トイレが内開きのドアだと万が一、トイレで倒れてしまった際に、外から開けることが出来ず、倒れた中にいる家族を助けるのが遅れてしまうということが考えられます。

トイレ室内の狭さ

トイレに座ったり、立ったりするのは高齢者になると負担がかかります。 そのため、手すりがないと転倒する危険性があるのです。 また、介助が必要な場合も狭い場合は、一緒に室内に入ってトイレまで導いてあげるということがやり難いため、問題となります。

トイレ内外の温度差

冬場によく見られる、トイレ内外の急激な温度差はヒートショックの危険性が増します。暖かい場所から寒い場所へ移動すると、熱が奪われてしまい、血管が縮み、血圧が上がることが原因です。 トイレ室内の室温ももちろん重要ですが、便座が冷たいことも急激に熱が奪わる原因になるため、注意が必要です。

床材が滑りやすい

トイレで用を足し、その後に手を洗って水がこぼれ、転倒してしまう可能性もあります。さらに、もともと滑りやすい床材を使っていた場合、その危険性が上がってしまうのです。 また、防止策としてトイレマットを引いていたとしても、上記で解説した通り、高齢者は足が悪いのでマットに足を引っ掛けて転倒という可能性があるのです。

高齢者や介護をするためのやさしいトイレのポイント

ここまで問題を上げてきましたが、これらを解決するためのトイレリフォームのポイントは以下の通りとなります。 可能であれば、これからご紹介する方法をすべて取り入れると、安全なトイレに近づくのでご検討ください。

トイレの出入り口の段差解消と引き戸への変更

上記で解説した通り、高齢者は足が悪くなるので、極力段差を減らすことが重要です。 そのため、現在トイレに段差が存在しているのであれば、まずは段差をなくしましょう。 また、トイレのドアは引き戸に変更したほうが安全面でも安心できます。 上記で解説した通り、内開きだと助けるのが難しいためです。 そのため、外開き戸か引き戸に変更することをおすすめします。 また、引き戸のほうが動作が楽で開けやすいので、こちらのほうがおすすめになります。

手すりやトイレ室内の拡張

高齢者になると、立ったり座ったりが負担になるので、手すりの設置は必須です。 手すりにつかまりながらトイレを使えると、無いよりもかなり楽に動作が行えます。 また、一人でトイレに座ることができない場合は、介助が必要となります。 介助は便器の側方に50cmほどのスペースがあれば可能ですので、今のトイレにその幅がない場合は室内を広げることも検討しましょう。

トイレの断熱は暖房付きの便座やセラミックファンヒーターなどで対策

冬のトイレの室温が低い場合は、かんたんにできる対策として、セラミックファンヒーターを追くのが対策方法の一つです。 ただ、トイレに暖房器具を置くのは消し忘れや家事が心配という方もいるかもしれません。 しかし、最近のセラミックファンヒーターは、人感センサーが搭載されているものも1万円前後で販売されているので、消し忘れの心配もありませんし、電気代にもやさしく使えます。 また、トイレはその特性上、かならず下を脱いで利用しなければならないので、肌にふれる便座の温度も重要です。 最近のウォシュレット付き便座であれば、暖房付きのものがほとんどですので、取り付ければ便座の冷たさは解決できます。

トイレ室内の床を滑りにくい床材に変更する

高齢者になると足腰が弱るため転倒のリスクがあります。
そのため、トイレの床材に限らず、室内を可能な限り滑り難いものに変更するのが望ましいです。

各メーカー高齢者に配慮した床材を出しており、滑り難く車椅子の走行傷や水や汚れに強いものも出ていますので、リフォーム会社にぜひリクエストしてみてください。

上記で解説した対策を行えば、かなり高齢者になっても安全に過ごせますし、介助が必要な場合も安心できます。
以下のリンクでは、ホームプロでバリアフリーのリフォームをした事例を紹介していますので、ぜひご覧になって、イメージを固めてくださいね。

参考ページ:トイレのバリアフリーリフォーム事例

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ