1. 防音・断熱工事について

防音・断熱工事について

ホームプロに寄せられた「内装」に関するリフォーム相談の中から、『防音・断熱工事について』の質問と回答をご紹介します。

築10年ほどの鉄骨2Fの倉庫に、延べ床80平方メートル程を同等の鉄骨建てで増築して1年程住んでます。元の倉庫部分の2Fは住居に全面改造したんですが、1F部分は倉庫のままです。その2Fの床は倉庫時の板張りにフローリングが貼られ、1F側の天井は10平方メートル程の発泡材が貼り付けてあります。

寝室/子供部屋を配置してるのですが、倉庫にいると上の部屋の会話まで聞こえてきます。
また、部屋が非常に寒いです。これらを解消しようと思ったら、どういう対策と費用が必要でしょうか。

倉庫部分の面積は40平方メートル程です。現在とりあえず、日曜大工で遮音シートの貼付けを行ってます。

防音遮音断熱は別に考えられるものとお考え下さい。

まず、床防音については床構造からの伝達音をさえぎることと会話等の伝達音をさえぎることが必要になります。

床から発生する音をさえぎろうとしますと、現状の床を遮音床等の材料で遮音が可能か検討が必要です。
床の伝達音をさえぎるには、遮音等級の高い材料で床を張り替えると効果が出ますが、現状の建物の床構造より検討する必要があります。

次に会話等の発生音は遮音シート等で遮音するのが効果的ですが、照明器具やコンセント等で少しでも遮音シートが張れないような、遮音上の穴がありますと全然効果がなくなってしまいます。

以上のような問題を含んでいますので、遮音シートを張ったら防音及び遮音ができるものでありません。防音及び遮音の専門家にご相談下さい。

断熱については床及び壁、天井に効果的な断熱材料を必要な厚み施工すると効果が出ます。断熱についても専門家にご相談下さい。

内装

(2003.01.16)

※法律問題や税務問題は、事実関係の違いによって結論が異なる場合があります。また、同一の事実関係であっても異なった結論が出る場合も多くあります。「リフォーム相談室Q&A集」で示しております回答は一般的な回答にとどまるものであり、具体的な問題についての責任ある回答を示すものではないことにご注意ください。具体的な事案につきましては、必ず弁護士や税理士などの専門家に相談されることをお勧めいたします。

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ