1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 内装のリフォーム
  4. よくある質問(Q&A)
  5. 内装を天然木で張り替えたい

内装を天然木で張り替えたい

ホームプロに寄せられた「内装」に関するリフォーム相談の中から、『内装を天然木で張り替えたい』の質問と回答をご紹介します。
リビングのリホームを考えております。内容は、床・壁・天井の張替えです。
素材は天然木で考えたいのですが、色々材料があり何が良いのか決めにくくアドバイスお願いします。(選ぶポイントも)
特徴・メリット・デメリット・メンテ・価格その他あれば教えて下さい。
現在の家は築2年です。家族5人で木のぬくもりのある家にしたいのです。
以上よろしくお願いします。

天然木を使用する時のポイントを整理してお伝えいたします。

特徴
・天然材は伸縮します。伸縮により音が出たり、歪んだり、反りが出たり、ヒビが入ったりします。
材料の乾燥が最重要となります。
・天然材は呼吸します。湿気を吸ったり、はきだしたりします。
・天然材は芳い香りがする材料も多くあります。桧や杉は良く匂いを出します。
・天然材は断熱効果があります。又、吸音性もあります。
特に杉などのやわらかい材料は断熱性が高くなっております。素足で感触が良くなるのはこの効果のおかげでもあります。
・天然材は均質性を求めると高い材料となります。「ふし」がない材料とか、年輪が揃っているものを使うと高くなります。
(「ふし」が有る等の材料では、人工加工されている物より安価な物もあります)
・天然材は硬さや伸縮率が樹種によって異なります。床・壁・天井等適材適所で使う必要があります。
(天然材の性格を理解していることが必要です。近年工業加工製品が多くなっており、天然材を理解してない業者が増えております)
・メンテに関して、人工材に比べて傷はつき易いものが多いです。ただ、傷がついても自然な状態となります。
(人工材は表面に傷がつくなどした場合、違う材料等が見え、見苦しくなることにもなります。)

以上が概ねの特徴です。

重要な事は天然素材の性格を正確に把握して、適格に選定し提案できる能力を持っている人がいるかどうかが一番のポイントになります。

提案を受けるときに実績を聞いてから、判断されることをお勧めいたします。

(2003.08.28)

※法律問題や税務問題は、事実関係の違いによって結論が異なる場合があります。また、同一の事実関係であっても異なった結論が出る場合も多くあります。「リフォーム相談室Q&A集」で示しております回答は一般的な回答にとどまるものであり、具体的な問題についての責任ある回答を示すものではないことにご注意ください。具体的な事案につきましては、必ず弁護士や税理士などの専門家に相談されることをお勧めいたします。

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ