1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. キッチンのリフォーム
  4. キッチンリフォームの基礎知識
  5. ビルトイン食洗機で家事を時短!後付けや交換にかかる費用や注意点、メーカーを解説

ビルトイン食洗機で家事を時短!後付けや交換にかかる費用や注意点、メーカーを解説

  • 最終更新日:2022-03-04

ビルトイン食洗機で家事を時短!後付けや交換にかかる費用や注意点、メーカーを解説

「オプションで付けなかったけど、キッチンに後付け可能?」「ビルトイン食洗機の調子が悪いけど、交換はできる?」など、ビルトイン食洗機に関する疑問や心配がある方は、意外と多いのではないでしょうか。

システムキッチンのオプションとして人気が高いビルトイン食洗機は、後付けで設置したり、新しい食洗機に交換することが可能ですが、キッチンの配管や大きさによっては選べる機種が限られてしまうなど、注意点もあります。

そこで今回は、ビルトイン食洗機についてメリットやデメリット、後付けや交換の注意点、国内で食洗機を販売している有名メーカーの特徴などについて、詳しく解説していきます。食洗機の導入を検討している方は、ぜひ参考にしてくださいね。

1.食洗機にはどんな種類がある?

食洗機には、設置方法や容量によって、卓上型、据え置き型、ビルトイン型の3つの種類があります。もっとも価格が安く容量が小さくて、簡単に設置・移動できるのが卓上型、そこそこに容量があり、キッチンの一部に設置するのが据え置き型、システムキッチンの一部に組み込む大容量の食洗機がビルトイン型です。

それぞれに特徴や容量が異なるので、詳しい違いを把握しておきましょう。

1-1.据え置き食洗機

食洗機としてはスタンダードな、据え置きの食洗機です。ビルトイン食洗機の設置が難しいキッチンでも、据え置き型であれば、設置スペースを確保することで設置できます。

以前は大型だったためキッチンスペースが圧迫されがちでしたが、現在は小型化がすすんでいて、狭いキッチンでも設置できるコンパクトな製品が増えています。容量は2~3人分から4人分程度のものが多くなっています。

キッチンの水栓の種類によっては設置できないことがあり、設置時には工事が必要です。

1-2.ビルトイン食洗機

システムキッチンの引き出しに設置する、組み込み型の食洗機です。据え置き型よりも大容量なものが多く、5~6人以上の多人数の食器でも一度に洗浄できる製品が多く発売されています。

システムキッチンに最初から組み込まれている以外にも、既存の引き出しスペースを利用することで、後付けでも導入が可能です。

キッチンの種類によっては設置できないことがあり、設置時には工事が必要になります。

1-3.卓上型食洗機

どこにでも設置できる卓上型の食洗機です。洗浄用の水を入れるタンクを内蔵しているので、水栓と繋ぐ工事は不要です。排水もバケツを使用できるため、水道との接続や排水が難しい場所でも設置が可能です。

容量は小さく1~2人分の食器が最適です。また、洗浄力や乾燥速度などは据え置き型やビルトイン型と比較するとやや劣るケースが多くなります。

2.ビルトイン食洗機のメリット・デメリット

大型で洗浄力も高く、収納としても機能するビルトイン食洗機には、使いやすさや機能性の高さなどのメリットがある一方で、工事費用や腰への負担などのデメリットもあります。

ビルトイン食洗機を便利に使うため、メリット・デメリットを詳しく見ていきましょう。

2-1.ビルトイン食洗機のメリット

キッチンの下にあり、食後の食器や使用済みの調理器具を軽く洗って、その場で入れればいいので食器洗いが楽になります。

また、ビルトイン食洗機は基本的に大容量な機種が多いので、家族の人数が多くても安心です。急な来客やホームパーティーをしても、たくさんの洗い物に困ることもありません。

洗ったあとはそのまま収納としても使用できるので、片付けの手間も省けるのもうれしいポイントです。引き出し式で開口部が大きいので、食器の出し入れも楽で、食器の入れ方に悩まないのも他の食洗機との違いと言えます。

2-2.ビルトイン食洗機のデメリット

基本的にビルトイン食洗機はキッチンの下にあるので、出し入れをするときに屈む必要があり、腰が疲れます

また、既存のキッチンに後付けをすることも可能ですが、他の食洗機に比べ、設置にかかる工事費用が高くなってしまいます。さらに、ビルトイン食洗機は大型なので、小型の据え置き型や卓上型に比べると、水道や電気などの光熱費がかさむ傾向にあります。

3.ビルトイン食洗機の選び方と設置時の注意点

ビルトイン食洗機を選ぶ際にもっとも気を付けたいのは、洗う食器の量や使用頻度に合わせてサイズを選ぶという点です。

ビルトイン食洗機は大型になるほど電気代や水道代がかかってしまいます。ランニングコストの増大につながるため、食洗機については「大は小を兼ねる」という考えはやめた方がよいでしょう。

また、キッチンの大きさと、設置したいビルトイン食洗機のサイズが適合するか事前に確認しましょう。寸法を含め後ほどくわしく解説しますが、ビルトイン食洗機を設置するには、キャビネットやシンク下に一定以上の空間が必要です。

食洗機選びに悩んだら、オプションで選ぶのもよいでしょう。汚れの度合いや食器数を自動感知するなどの機能が搭載されている機種もあり、より食器洗いが便利になります。

それでは選び方の注意点を具体的に見ていきましょう。

3-1.食洗機のサイズとキャビネットやシンク下のサイズ

ビルトイン食洗機を設置する場合は、キャビネットかシンクの下のスペースを使用することになります。また、スペースは一定以上の大きさが必要です。具体的には、以下の数値を参考にしてください。

  • ・キャビネットに設置する場合
    幅45cm以上、奥行き60cm以上、高さ75cm以上
  • ・シンク下に設置する場合
    扉幅45cm以上、扉奥41.5cm以上、扉内の奥行き60cm以上、高さ47cm以上

3-2.食洗機の設置場所や設置時の注意点

キッチンの構造によっては、配管の干渉で設置が不可能な場合があります。また、壁裏配管の状況や、キッチン水栓の種類によっても、食洗機と接続ができず設置が難しいケースもあります。

また、寸法上は問題なくても、場所や水栓の構造により選べる食洗機が限られたり、そもそも設置不可の場合もあるので、事前にリフォーム会社に下見をしてもらうのがおすすめです。

3-3.食洗機の交換時期の目安

ビルトイン食洗機の耐用年数は概ね10年程度と言われています。洗浄時のモーター音が大きくなったり、エラー表示が増えて繰り返し止まってしまうようになったら、寿命が近づいているサインです。

以前より洗浄力が落ちて汚れ残りが気になる、乾燥に時間がかかるようになったなど、食洗機の性能低下を感じたら、耐用年数前でも交換を検討しましょう。

4.ビルトイン食洗機のメーカー

国内で流通しているビルトイン食洗機の主要メーカーは5つあります。そのうち、パナソニック、リンナイ、三菱が国産メーカー、AEG、Mieleが海外メーカーです。

特にパナソニックとリンナイは国内のシステムキッチンで多く採用されており、二大メーカーといえます。

どのメーカーも高機能・高品質な食洗機を販売していますが、メーカーによって得意な形状や機能、特徴が異なります。それぞれどのような特徴があるのか詳しく見てみましょう。

4-1.パナソニック

食洗機では国内トップシェアをほこる家電メーカーです。卓上型から据え置き型、ビルトイン型まで、幅広い機種の食洗機を製造・販売しています。

オプションが豊富で、液体洗剤を自動投入したり、2回ノックすると自動で引き出しがフルオープンになったりと、頻繁に家事をする場所ならではの使い勝手のよい機能が搭載されています。また、除菌や省エネなど、家庭にうれしい機能もあり、人気が高い機種が豊富です。

システムキッチンでも標準オプションとして選択できる機種が多く、キッチンの入れ替えと同時に食洗機を導入しやすいのでとても便利です。

また施工性も高く、多くのシステムキッチンで、後付けの設置工事がしやすいのも特徴のひとつです。

4-2.リンナイ

パナソニックと並んで国内では人気が高く、多くのシステムキッチンで採用されているキッチン家電メーカーです。食器の出し入れがしやすく大容量のフロントオープンタイプと、引き出し型のスライドオープンタイプがあり、どちらも使いやすく人気があります。

特に国産のフロントオープンはリンナイだけの製品なので、食器が入れやすく大容量の食洗機が欲しい場合は、リンナイを選択することになります。

ほかにもリンナイは省スペースに大容量の食洗機を設置できる機種が多く、スペースが小さめのシステムキッチンでも設置可能なのが特徴です。

4-3.三菱

スタンダードなデザインと機能を搭載したビルトイン食洗機を扱う、国内の大手家電メーカーです。一部のシステムキッチンの標準オプションのほか、後付けでの設置が可能です。

浅型と深型のビルトイン食洗機を取り扱っており、軽い力で楽に引き出せる「ラクドア」や、食器の位置を色分けしてどこに入れるのが最適なのかわかる「カラーナビ食器かご」など、ベーシックな使いやすさを重視した機種が多くあります。

4-4.AEG

ドイツの電機メーカーで、白物家電の他に、自動車や航空機まで幅広い分野の製品を製造・販売しています。

日本国内では45cm幅~60cm幅の3機種が購入可能です。コンパクトなデザインながら、大容量の二段かごが特徴で、下の段のかごが軽々と持ち上がる「コンフォートリフト」機能によって、屈まずに食器を取り出せます。

そのほかにも、庫内自動清掃や、洗浄時間をフロアにレーザーで照射する「タイムビーム」など、海外家電ならではのスタイリッシュな機能があります。

4-5.Miele

ドイツの家電メーカーで、スタイリッシュなデザインが人気の高いメーカーです。最新の機種では開発のPowerDiskを搭載したAutoDos洗剤自動投入システムが、センサーで汚れの度合いを測定して最適なタイミングで自動投入してくれます。

利便性が高く家事が楽になるよう造られているだけでなく、さらに最少水量6リットルととてもエコな設計になっています。すっきりとしたデザインと相まって、根強いファンがいるメーカーです。

5.ビルトイン食洗機の費用相場

ビルトイン食洗機の工事費用は8~25万円程度です。工事の規模や選んだ機種にもよるため、一概には言えませんが、海外製の食洗機を組み込む場合は、工事費用が高くなる傾向があります。

このほかに本体の購入費用がかかります。海外メーカーの製品の場合、日本メーカーの製品よりも高額になることもあるため、工事費用と購入費用の合計が予算に収まっているかよく検討した方がよいでしょう。

また、キッチンの交換と同時にオプションとして工事する場合は、単体で後から設置するよりも安くなるケースがあるので、リフォーム会社に相談してみるのがおすすめですよ。

6.ビルトイン食洗機のリフォーム事例

それでは、ビルトイン食洗機を取り付けたリフォーム事例を見てみましょう。新しい食洗機への交換だけでなく、シンク下に後付けしたり、食洗機の位置を変更した事例もあるので、食洗機の導入の参考にしてみてくださいね。

6-1.【12万円】新しい食洗機に取り替えて収納力アップ

10年以上愛用していたビルトイン食洗機の駆動音がうるさくなったため、新しい食洗機へと交換。使用していた食洗機の後継機種を採用し、機能と収納力がアップしました。



Before:食洗機まわりの色は赤と黒で統一されてとてもおしゃれですが、食洗機の寿命と言われている10年を超えて使用していたので、音がとても大きくなっていました。



After:色が変わっても構わないとのことで、新しい食洗機はシルバーのパネルに。後継機種を採用したので、サイズはぴったり。同じサイズでも機能が向上、さらに収納スペースも増えて便利になりましたよ。

事例の詳細:食洗機の取り換え工事

6-2.【13万円】大容量で大人数の家族も安心

既存のビルトイン食洗機の性能に限界を感じたので、大容量タイプの食洗機に交換しました。6人分の食器が入る食洗機で、家事効率が大きくアップ。パワフルな洗浄機能を搭載しながら節水タイプなので、家計も安心ですね。



Before:システムキッチンを購入した際に、オプションとして取り付けた食洗機でした。キッチンとの一体感がありますが、長年使用してきたため性能が落ちていました。



After:60リットルの大容量タイプに取り替え、食器洗いがさらに楽々になりました。上かごと小物入れを自由にスライドできるので、大容量でも食器の出し入れがスムーズですよ。

事例の詳細:食洗機交換:Panasonic・V7シリーズ・60リットル大容量タイプ

6-3.【17万円】シンク下にスライド式のビルトイン食洗機を後付け

シンクの下に後付けでビルトイン食洗機を設置しました。さっと洗って次々入れるだけで食器洗いが終わるので、今までよりずっと家事が楽になりますね。



Before:シンク下は扉が3つあるかなり広い造りになっていました。3枚のうち左側2枚を取り外し、ビルトイン食洗機を組み込みます。



After:スライドオープン式のビルトイン食洗機が取り付けられました。パネルがスタイリッシュなブラックフェイスを採用し、後からの導入でも見た目に違和感がないように仕上がっていますね。

事例の詳細:後付けビルトイン食洗機の施工

6-4.【31万円】幅60㎝の大容量タイプの食洗機に交換

アメリカからの輸入キッチンに設置した食洗機を交換しました。こだわりのキャビネット扉をアメリカのメーカーから同じ木種・色のパーツを取り寄せ、イメージが変わらないよう扉材として加工しています。



Before:輸入キッチンには海外のデザインならではの大型食洗機が設置されていましたが、経年劣化で下部のパネルが剥がれてしまっていました。



After:後継機種と入れ替えた後、取り寄せた正面のパネルを取り付け、元のデザインと同じ状態に。カントリー風のキッチンが素敵によみがえりましたよ。

事例の詳細:幅60㎝の食洗機の交換

6-5.【40万円】ビルトイン食洗機の場所を移動して交換

最初にオプションで導入したビルトイン食洗機の位置は、シンクの真下で使いにくい場所にありました。そこで水栓やガスコンロ、レンジフードのリフォームと同時に、食洗機の位置を使いやすい場所に移動しました。これで家事の効率もアップしますね。



Before:最初はシンクの下に設置されていました。さっと洗って入れるには場所が悪く、使い勝手が悪い状態でした。



After:食洗機を扉ひとつ分左へ移動することで、シンクを広々と使って汚れを軽く流した食器を、効率良く食洗機へ入れられるようになりました。

事例の詳細:食洗機の場所を移動して交換

7. ビルトイン食洗機を導入して、広々キッチンで家事も楽々に

家事の中でも手荒れや腰痛の原因となる食器洗いは、敬遠されがちです。さまざまなメーカーのアンケートでも、「時間がかかる」「手が荒れる」「ストレスに感じる」と答える方が多く、辛い家事の一つといえます。

ビルトイン食洗機を導入することで、家事の負担が軽減され、食器洗いの時間を家族との団らんに使えるようになるのは、とても素敵なことですよね。

ただし、設置には注意点もあり、希望するメーカーの機種が使えるかどうかは、経験豊富なリフォーム会社に問い合わせてみるのが確実です。

ビルトイン食洗機を設置する場合は、複数のリフォーム会社で見積もりを取り、自分たちの希望に合う施工をしてくれる会社に依頼しましょう。

複数のリフォーム会社から探すなら、ぜひホームプロに相談してください。ホームプロは、累計90万人以上が利用するリフォーム会社紹介サイト。地元の優良リフォーム会社を複数紹介してもらえます。無料で相談できますので、お気軽にお問い合わせください。

▼お問い合わせ(お見積もりは)コチラ

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

90万人以上

利用者数

9,189件

※2020年4月〜
2021年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ