1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. キッチンのリフォーム
  4. キッチンリフォームの基礎知識
  5. レンジフードの種類やメリット・注意点とは?交換にかかる施工費用や事例を解説

レンジフードの種類やメリット・注意点とは?交換にかかる施工費用や事例を解説

  • 最終更新日:2021-12-23

レンジフードの種類やメリット・注意点とは?交換にかかる施工費用や事例を解説

料理をする際の換気にはレンジフードが欠かせません。キッチンに立ち込める煙・においを、屋外へ吐き出す機能をもちます。きれいな空気を維持するための必需品ですが、耐用年数は「およそ10年」といわれています。見た目ではわかりづらいものの、換気能力は少しずつ低下するものです。

とくに昨今のレンジフードは、スリムなタイプや油・においをキャッチしやすいタイプなど、機能もさまざまです。「最近、キッチンまわりの換気ができていない気がする‥」と感じた場合は、早めの点検・交換をおすすめします。

そこで今回は、レンジフードの種類や選び方、設置時の注意点、施工事例などをご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.レンジフードってなに?役割や換気扇との違い

「レンジフードと換気扇は何が違うの?」と聞かれたら、なんと答えるでしょうか?混同されがちですが、レンジフードは「ダクトを通す」または「フードで覆い被せた形状」といった特徴があり、その点が換気扇との違いでもあります。

換気扇と比較すると、空気を集める能力が高く、また屋外の天候に左右されないメリットがあります。

1-1.レンジフードの役割とは

レンジフードは、キッチンまわりで発生する煙やにおいを集めて、ダクトを通じて外へ吐き出します。同時に、付属する金属もしくはガラス製のフィルターが油をキャッチし、ダクト内への侵入を防ぐのです。

また、ノンフィルターでお手入れが楽ちんなタイプもあります。調理を行うコンロの真上に設置され、間口の広いフード部分で覆うように空気を取り込む仕組みです。

1-2.レンジフードと換気扇の違いは排気方法

換気扇とレンジフードの違いのひとつが、空気を排出する仕組みです。換気扇に使われるプロペラファンは壁に設置されており、屋外にそのまま排出します。

一方で、レンジフードに使われるシロッコファンは、以下のような特徴・メリットがあります。

  • ・縦長の羽が円筒状に取り付けられている
  • ・稼働中の音がほとんどなく静かに動く
  • ・ダクトを通すため外気の影響を受けにくい

シロッコファンは、換気扇が壁に面していない集合住宅を中心に活躍しますよ。また、羽の形状が異なる「ターボファン」も存在します。シロッコファンと仕組みは変わりませんが、風量がアップしています。

2.レンジフードは3種類!それぞれの特徴を知ろう

フード部分には3つの形があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。また、発生した煙をフードのように覆う役割ですが、デザイン・カラーなどはインテリアの一部として選ぶのが主流です。

たとえば、フードとキッチンの壁色を統一して調和を図ったり、スリムなタイプにして圧迫感を減らしたりと見た目にもこだわれますよ。

2-1.ブーツ型(深型、スタンダード型)

本体の大きさが間口の広いブーツに似ている形状です。一般にかなり普及したタイプで「スタンダード型」と表記されることもあります。空気の吸い込み口が広いため、換気性能に安定感があります。

風が強く吹く、高層階や外のすきま風が多い間取りでも活躍できるでしょう。内部が複雑なため、掃除にやや根気がいる側面もあります。ですが、大きな面積を活かし、リメイクシートなどでオシャレに仕上げる工夫も可能です。

2-2.スリム型(薄型)

最新のレンジフードはスリムタイプが多く、地面に並行したフラットボディがキッチンをスマートな印象にします。本体の真下につく「整流板」は、四方から空気を取り込みます。吸い込み口を狭く設計することで、すきま風のようにスピード吸引を行う仕組みです。

コーティング付きやノンフィルタータイプも多く、機能的であるほどコストアップする側面も。しかし、継ぎ目のないシンプル構造による掃除のしやすさから、買い替えする方が多くいます。

2-3.フラット型(浅型)

フラット型は、どのタイプよりも縦の形状が薄いコンパクトなレンジフードです。キッチンが手狭であったり、天井が低かったりと間取りに不安がある場合に活躍します。

首を真上に向けながら掃除する必要があり、お手入れ時は少し大変な面もあります。100円ショップなどで販売される、使い捨ての「レンジフードカバー」をうまく活用しましょう。

3.レンジフードの持つ3つのメリット

レンジフードのメリットをさらに深掘りしていきましょう。「どのような快適さをもたらすのか?」と、具体的な日常シーンを切り取って解説します。

3-1.稼働時の音が換気扇よりも静か

屋外とダイレクトにつながる換気扇と比べ、音が静かなメリットがあります。レンジフードは、気体を運ぶ「ダクト」でつながっており、外と一定の距離ができるからです。

より静音性を重視するなら「ターボファン」を選ぶとよいでしょう。コストは比較的高めですが、家族の会話やテレビの音も聞こえやすく、快適に過ごせます

3-2.屋外に面していなくても設置できる

ダクトを通じて空気を排出するレンジフードは、屋外に面している必要はありません。形状を選べる自由度もあり、お部屋のインテリアを損ねません。

リフォームによりダクトを壁面に隠したり、薄いフラットタイプで空間面積を広げたりと、自分好みに工夫できるワクワク感もあります。

もともと存在感のあるレンジフードです。アレンジ次第で、キッチンの雰囲気はガラリとオシャレに仕上がりますよ。

3-3.レンジフードの電気代は安価

「機能面で優れたレンジフードほど、毎月の電気代が心配…」といった不安も無用です。仮に1ヶ月24時間付けっぱなしの場合でも「およそ550円」の電気代ですみます。実際には、こまめに使用する方がほとんどのため、大きな負担にはならないでしょう。

レンジフードは、室内換気にも一役買います。窓から新鮮な空気を取り込みつつ、室内の空気をレンジフードから排出すると、換気速度が4倍アップする実験結果もあるほど。

種類によっては「常時換気機能」をもつレンジフードもあり、寒くて窓を開けられない冬でも空気の入れ替えが可能です。

4.レンジフードを設置する時に意識したい4つの注意点

レンジフードを設置・交換するにあたり、事前に把握しておくべきポイントがいくつかあります。

毎日使うキッチンです。あとで後悔しないよう、しっかりとチェックしておきたいですね。

4-1.設置にスペースが必要

商品カタログのサイズと、自宅キッチンのスペースが合うかの確認を行いましょう。国内のレンジフードは幅の企画(60cm、75cm、90cm)が決まっており、サイズに応じた設置場所が必要です。

また、消防法により、キッチンの換気設備は「火の元から高さを80cm以上離す(IHコンロは100cm)」と定められています。そのため、頭をぶつけないために身長を考慮するのも不可欠です。「コンパクトなフラット型だから安心」ではなく、リフォーム会社へ相談しつつ決めるのがおすすめです。

4-2.排気量はプロペラファンより弱くなりやすい

空気を排気するパワーに目を向けてみましょう。レンジフードの代表的なファンである「シロッコファン」は、空気をダクト内に押し出す力に優れていますが、換気扇に使用されるプロペラファンに比べ、排気量がやや弱い傾向です。その分、音が静かな特徴があります。

排気量が控えめなので、複数コンロを同時使用する場合に、物足りなさを感じるかもしれません。設置に関する条件がクリアできれば、「換気扇の併用」あるいは「ターボファン搭載のレンジフードを選択」といった選択肢もあります。

4-3.部品が多く掃除が大変

レンジフードは、日々のお手入れに工夫が必要です。換気扇と比較して内部パーツが多く、ささっと気軽に掃除しにくい難点があります。

とくにフラットタイプは、ファンがコンロと並行です。首を真上にして作業する必要があり、頑固な油・ホコリを相手にしなければなりません。長い間掃除していない場合は、専門の清掃業者やリフォーム会社への依頼が必要なケースもあるでしょう。

「自動洗浄機能」や「防汚加工」がされたレンジフードを選択するのもひとつです。

4-4.レンジフードの寿命は10年程度

レンジフードは10年前後で、排気能力が弱まってきます。おもに経年劣化が原因です。ガタガタと振動したり、モーターが擦れるような異音が聞こえてきたりします。

レンジフードを少しでも長く使うために、最低でも2〜3ヶ月ごとに掃除するのがベストです。溜まりやすい油は放置するほど、落ちにくくなります。

また、戸棚や壁に隙間のない設置が基本です。買い替え時は「同じ横幅を選ぶ」ことを念頭に置いておきましょう。ただし、高機能のレンジフードは、重量が大きい場合もあるため、事前に天井など取り付け箇所の耐荷重について調べておくと安心です。

5.レンジフードの費用相場

レンジフードの交換におけるコストは、メーカーや機能、サイズによりまちまちです。費用相場を知っておくと、予算立てにも役立つでしょう。

レンジフードの費用相場
ブーツ型 4~8万前後 ※排気機能のみ
フラット型・スリム型 10~20万前後 ※セルフクリーニング機能付きも該当する

「少しでも予算を抑えたい…」と、自らDIYを検討する方もいるでしょう。しかし、レンジフードの取り付けは、電気工事士でなければ施工できない部分があります。けがや事故につながるリスクもあるため、専門のリフォーム会社へ依頼しましょう。

6.レンジフードの施工事例5選

ここからは、レンジフードの施工事例をご紹介します。ビフォー・アフターも参考にしながら、リフォームをイメージしてくださいね。

6-1.【7万円】薄型のスタイリッシュなレンジフードで、お手入れ簡単

定番のブーツ型から、フラット型に交換した事例です。見た目の印象がスッキリし、日々のお手入れもグンと楽になりました。

Before:ブーツ型に使用されていたフィルターは、細かい網目の掃除が大変でした。

After:平面の整流板をささっと拭くだけなので、お手入れが簡単です。薄いフォルムもキッチンを広々とみせられますね。

事例の詳細:レンジフードを取り換えスッキリ

6-2.【10万円】コスパとお手入れのバランスが取れたレンジフードへ

長年使っていた換気扇からの異音が原因で、新しいレンジフードへ交換した事例です。リフォーム費用10万円は、フラット型としてはリーズナブルといえます。

Before:レンジフード内からの金属音は経年劣化のサインです。

After:価格も満足できたとのお声でした。ホワイトベースに変えたことにより、キッチンの印象が明るくなりましたね。

事例の詳細:レンジフード交換

6-3.【18万円】節水・節電しながら、自動洗浄できるレンジフード

自動洗浄付きのレンジフードに交換すると、ボタンひとつで清潔な状態を維持できます。掃除に使う水の量も大幅に減り、水道代も節約できますよ。

Before:以前のレンジフードは劣化が激しくみえますね。排気能力が下がると付けっぱなしにしなければならず、電気代を余計に消費します。

After:流行のスリムタイプのレンジフードは、整流板の隙間から強い力で排気をします。気分も一新して、日々のお料理も楽しめそうです。

事例の詳細:節水・節電と自動洗浄できるレンジフードに交換

6-4.【19万円】ブーツ型からスリム型へリフォーム!

横幅広めのブーツタイプから一気にスリムになりました。景色が変化するだけで、気持ちも明るくなりそうです。

Before:従来のブーツ型から、機能性を求めて交換する方は多くいます。

After:ノンフィルタータイプに交換しました。平面の整流板を拭くだけで、お手入れは完了です。「フィルターが油でギトギト…」と、目を覆いたくなるような事態も防げますね。

事例の詳細:お掃除楽々!スリム型レンジフードへ

6-5.【22万円】IHクッキングヒーターに連動する同メーカーでレンジフードをリフォーム

吸い込みが悪くなったことにより、フラット型に交換した事例です。機能性抜群のレンジフードは、料理と掃除の際に大活躍するでしょう。

Before:こびり付いたフィルター汚れが、掃除の大変さを物語っています。

After:IHクッキングヒーターに連動したレンジフードです。火力やメニューにより、自動的に排気量を調節します。風量が少なく「お部屋が煙臭くなった‥」といった、うっかりも防げますよね。

事例の詳細:連動レンジフード設置

7.レンジフードは設置場所や日頃の手入れの利便性を考えて選ぼう

この記事では、レンジフードのメリットや設置時の注意点、タイプごとの特徴などをご紹介しました。レンジフードが一新されれば、お料理へ向かう気持ちも前向きになるでしょう。事例なども参考にしながら、予算やライフスタイルにあうレンジフードのリフォームを検討してみてくださいね。

レンジフードの交換は電気配線の工事をともなうことが多いため、資格を持った信頼できるリフォーム会社に任せるのがおすすめです。複数のリフォーム会社で見積もりを取り、自分たちの希望に合う施工をしてくれる会社に依頼しましょう。

複数のリフォーム会社から探すなら、ホームプロに相談してみるのがおすすめです。ホームプロは、累計80万人以上が利用するリフォーム会社紹介サイト。地元の優良リフォーム会社を複数紹介してもらえます。無料で利用できますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

▼お問い合わせ(お見積もりは)コチラ

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

90万人以上

利用者数

9,189件

※2020年4月〜
2021年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ