1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. キッチンのリフォーム
  4. キッチンリフォームの基礎知識
  5. 勝手口はあった方がいい?メリット・デメリットを解説

勝手口はあった方がいい?メリット・デメリットを解説

  • 最終更新日:2021-01-25

勝手口はあった方がいい?メリット・デメリットを解説

キッチンに設置してある勝手口。勝手口があると出入りしやすく生活が快適になります。ただし、勝手口にもデメリットがあるので、よく考えて設置しなければなりません。

そこで今回は勝手口のリフォームについて紹介します。メリットとデメリットだけでなく、リフォーム事例についても紹介するので参考にしてみてください。

1.勝手口はキッチン用の出入口

キッチン

勝手口とは、キッチンや台所の脇などに作られる出入口のことです。昔、玄関は公的な出入口、勝手口は私的な出入口とされており多くの戸建て物件で見られました。

今では勝手口がない物件も多いですが、勝手口にはメリットが多くあるので、リフォームするときには設置を考えるのも良いでしょう。

2.勝手口は便利! 勝手口のメリット5つ

勝手口

実は勝手口のメリットは多く、キッチンにあると非常に便利です。ここからは勝手口のメリットを紹介していきます。

2-1.ゴミ出しが楽にできる

まず、勝手口があるといつものゴミ出しが楽にできます。玄関までゴミを持って歩かなくても、キッチンで出たゴミをすぐに屋外へ出すことができます。キッチンは生ゴミなどで溜まりやすく、重く大きくなることが多いので、すぐに外へ出せると楽でしょう。

2-2.もう一つの玄関として利用できる

キッチンに外へ出られる入口があると便利です。勝手口があれば、玄関まで行かなくても家に出入りできるのは楽でしょう。例えば、ガレージからキッチンへ荷物を入れる、など家の構造によっては玄関へ回らない方が楽な動線もあります。

このように買い物などで外出するときに、勝手口があることで利便性は増すでしょう。

2-3.光や風を取り入れやすい

勝手口のドアにガラスをはめ込めば採光でき、部屋を明るくすることができます。キッチンに自然な光が入り、明るくなれば雰囲気が良い環境でキッチンを利用できるでしょう。

また、家の中に風を通すときは、2箇所のドア・窓を開けることで効率良く風を循環できます。例えば、掃除の時に勝手口ともう1箇所を開け放てば、家全体に風を通して換気することも可能です。

2-4.生活動線が増える

勝手口があることで、出入口が増えて生活動線が多くなります。大人数の家族で生活をしていると、朝の時間などは玄関が渋滞してしまうこともあるでしょう。勝手口があれば玄関の渋滞を分散できて快適さが増します。

2-5.非常口として使える

勝手口はもしものときにも役に立ちます。火災などの非常時には、出入口が多い方が逃げるときに便利です。また、地震などの災害が発生時したときも、玄関などの出口が塞がれてしまったときも、勝手口があれば逃げる選択肢が増えます。

3.勝手口は不要? 勝手口のデメリット4つ

勝手口

勝手口にはメリットが多いですが、デメリットもあるので注意が必要です。ここからは、勝手口のデメリットを紹介します。

3-1.防犯面に注意が必要

勝手口ができることで出入口が増え、防犯面での注意が必要になります。玄関の防犯対策が完璧でも、勝手口の対策が不十分であれば犯罪に巻き込まれる可能性があります。例えば、夜寝るときに勝手口の鍵を閉め忘れれば、それだけで大変危険です。

3-2.外構を作る費用もかかる

勝手口を作るときはドアだけでなく、外構も作る必要があるのでその分費用がかかります。例えば、勝手口から地面などの階段が必要になれば、その分リフォーム費用が増えてしまうでしょう。

3-3.キッチンの物を置くスペースが狭くなる

勝手口から出入りするためにはドアの前に物は置けません。物を置くスペースが狭くなるため、キッチンに置いている物が多い場合は整理する必要があるでしょう。

また、勝手口をこれから作る場合は、スペースが狭くなることを考慮して家具などの配置を考えることも大切です。

3-4.冬場は冷えやすい

勝手口により開口部が増えると、屋内の断熱性や気密性が低下してしまうので、冬場は冷えやすくなってしまいます。特に・積雪地域だと冬場は勝手口の前に雪が積もって開けられなくなることもあるので注意しましょう。

4.使いやすい勝手口をつくる5つのポイント

キッチン

これまで紹介したように勝手口にはメリットとデメリットがあるので、リフォームするときには注意が必要です。そのため、リフォームで勝手口を作るときは、快適に過ごすためのポイントを押さえる必要があるでしょう。ここからは使いやすい勝手口を作るポイントを紹介します。

4-1.動線を考えよう

勝手口を作るときは間取りをチェックして、どこに作れば一番便利になるのか動線を考えます。勝手口の位置によって出入りのしやすさが変わるので注意しましょう。動線を考えるときは、屋内だけでなく屋外の動線も意識するとより使いやすい勝手口を設置できます。

4-2.靴を脱ぐのは内? 外?

勝手口を考える時に重要なのが、靴を脱ぐ場所です。内土間の場合は靴を内側で脱げますが、脱ぐ場所を作る必要があるのでキッチンのスペースが削られてしまいます。反対に外で脱ぐ場合、スペースは削られないが、脱いだあとの靴の扱いが必要になるので靴箱を外側に設置するなどの対策が必要です。

4-3.庇や照明を設置しよう

勝手口に庇(ひさし)を設置するかどうかも重要な検討ポイントです。庇があると雨を避けて出入りできるので便利でしょう。また、勝手口にセンサー式の照明があれば、夜の出入りも不自由がなくなり、防犯対策にも役立ちます。

4-4.断熱性や気密性に優れたドアを選ぼう

勝手口があると屋内の断熱性や気密性が低下してしまうので、ドアの素材を慎重に選ぶことも大切です。断熱性や気密性に優れた素材を使ったドアを選べば、冬でも冷えにくくなるでしょう。

4-5.防犯対策は万全に

勝手口の防犯対策は万全にする必要があります。例えば、着脱サムターンなど防犯対策の鍵を備えたドアを選ぶと良いでしょう。また、ドアの種類によって鍵をかけたまま風を通せるドアもあり、換気と防犯を両立できます。

5.勝手口のリフォーム費用相場を紹介

勝手口

勝手口を作るリフォーム費用は80〜100万円が相場になり、工期は1週間ほどとなります。。

・既存の勝手口ドアの交換:約10~30万円

・勝手口を新規で作る:約10万~25万円

・勝手口のドア交換リフォーム:約5万~8万円

また、勝手口のリフォーム内容によっても費用は変わるので、予算に応じて勝手口をリフォームしてみるのも良いでしょう。

・10万円未満でできる工事:サッシや窓ガラスの簡単な交換

・10~30万でできる工事:採光、採風、防寒対策のドアへ交換など(ドア変更が中心)

・30~50万でできる工事:全面リフォーム

・100万円以上かかる工事:交換だけでなく位置や大きさ替えなど、大掛かりなリフォーム

6.勝手口も含めたキッチンのリフォーム事例を紹介

最後に勝手口を含めたキッチンのリフォーム事例を見ていきましょう。

6-1.断熱性にも優れたドアへリフォームした勝手口

リフォーム事例

こちらは、断熱性にも優れたドアへリフォームした勝手口の事例です。リフォーム前の勝手口は結露が多く内側にカビが発生していました。そこで換気がしやすく機密性が高い「上げ下げ窓」にすることで解決しています。また、庇を作ることで雨の日でも楽にゴミ捨てできるでしょう。

6-2.勝手口を新設して風通しと採光に優れたキッチンへ

リフォーム事例

こちらは、勝手口を新設して風通しと採光に優れたキッチンに変わった事例です。この勝手口には、光が入りやすく換気がしやすいルーバータイプのドアを使用しています。シンクの正面にある窓だけでなく、キッチンの横側からも光が入るようになりました。

6-3.二重サッシのドアへリフォームした勝手口

リフォーム事例

こちらは、二重サッシのドアへリフォームした勝手口の事例です。サッシを二重に取り付けることにより、防音・保温・防寒の効果が増します。また、サッシ間に空気の層ができるため、断熱効果により結露防止にも有効です。

6-4.窓を撤去して勝手口を設置したキッチンのリフォーム

リフォーム事例

こちらは、もともと窓があったところに勝手口を設置したキッチンのリフォーム事例です。窓ではなく勝手口を設置したことにより、光が入りやすく換気もしやすいキッチンに仕上がっています。

6-5.勝手口の近くにパントリー設置で使い勝手の良いキッチンへ

リフォーム事例

こちらは、勝手口の近くにパントリー設置で使い勝手の良いキッチンへリフォームした事例です。パントリーに食材や買い出しの荷物を保管できるので便利でしょう。勝手口があるため玄関を経由せずにキッチンから出入りできます。

7.使いやすい勝手口へリフォームして快適に!

今回は勝手口のリフォームについて紹介しました。勝手口には防犯面の対策が必要など注意は必要ですが、移動や換気が容易になるなどメリットが多くあります。利便性を考えるのであれば、勝手口を設置することも検討してみると良いでしょう。

近くにリフォーム会社がないなど、どこにリフォームの相談をすればよいかわからない方はホームプロのご利用が便利です。全国約1,200社の優良会社が加盟しており、匿名でのお見積もりも可能です。お住まいの地域に対応できるリフォーム会社を選択できますので、ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。

▼お問い合わせ(お見積もりは)コチラ

▼勝手口のリフォームを含めたキッチンリフォームの費用(戸建て)

https://www.homepro.jp/hiyou/kitchen/kodate.html

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

大手4社出資だから安心

以下の4社が出資する株式会社ホームプロが運営しています。

株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ