1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. キッチンのリフォーム
  4. キッチンリフォームの基礎知識
  5. キッチンの間取りリフォームで失敗しないコツとは?費用や実例も紹介

キッチンの間取りリフォームで失敗しないコツとは?費用や実例も紹介

  • 最終更新日:2020-06-19

キッチンの間取りリフォームで失敗しないコツとは?費用や実例も紹介

おしゃれなキッチンを夢見てリフォームしたものの、使い勝手は期待したほどには改善されていないという事例が少なからずあります。キッチンのリフォームで失敗しないコツは、まずはキッチンの間取りやレイアウトの特徴と、それぞれの長所短所をよく知ることから。目指しているキッチンは、はたして自分や家族にとって使い勝手の良いキッチンになり得るのでしょうか。こちらでは、キッチンの間取りやレイアウトの種類などを簡潔に説明するとともに、メリットやデメリットを説明しています。実際の施工事例も紹介していますので、この記事を参考に、よく検討してみることをおすすめします。

キッチンの間取りの種類と特徴

キッチンをリフォームするにあたって、どのような間取りでキッチンをどう使いたいのかによって適したレイアウトが異なります。まずは、一般的にどのようなキッチンレイアウトがあるのかを説明します。

キッチンの形

キッチンセットの配置の仕方によって、キッチンの形に応じたわかりやすい名称が付けられています。それぞれどのような特徴があるのか説明します。

・Ⅰ型

コンロ、シンク、作業台などのキッチンセットが一直線に並んだ、シンプルな形のキッチンが「Ⅰ型」と呼ばれるタイプです。壁付けすることで省スペースに収められます。

・Ⅱ型

「Ⅱ型」は、「Ⅰ型」のキッチンをばらしてシンクとコンロを並列に並べた形のキッチンを指します。「Ⅱ型」にしたことで、「Ⅰ型」に比べて横移動が少なく、振り返るだけでそれぞれの作業ができ調理中の動線が短いことが特徴です。

・L型

「L型」は、字形のとおりキッチンセットをL字型に配置したキッチンを指します。使いやすいようにコンロとシンクを90度の位置に配置することが一般的です。このレイアウトも家事動線が短くなります。

・U型

「L型」にもう1辺を足してコの字の形にしたのが「U型」キッチンです。作業スペースを広く取ることができる割には、家事動線も短くなる特徴があります。

・ペニンシュラ型

「ペニンシュラ」は半島の意味で、キッチンセットの側面のいずれかが壁に接した状態のキッチンを「ペニンシュラ型」と言います。壁から突き出した形が半島のように見えることから名付けられました。

・アイランド型

「アイランド型」は、完全に壁から離れた形で島(アイランド)のように見えることから名付けられました。キッチンセットが部屋の中に独立しているオープンな形が特徴です。

キッチンの空間

キッチンの間取りは、キッチンの空間によって3つの形に分けられます。それぞれの間取りの特徴と、メリットやデメリットを説明します。

・クローズドキッチン

クローズドキッチンは独立型キッチンとも呼ばれます。三方が壁に囲まれてダイニングやリビングとは分かれて独立しているキッチンのことを指します。クローズドキッチンは、油汚れや料理中のにおいが他の部屋に広がりにくく、集中して料理に取り組めるメリットがあります。

しかし、部屋として独立しているため、家族がダイニングやリビンクにいる場合にコミュニケーションが取りづらい点がデメリットです。

・セミオープンキッチン

セミオープンキッチンとは、(後述の)オープンキッチンの腰壁や吊戸棚などで部分的に仕切ったキッチンです。キッチンをダイニングやリビングと対面に設置することが多く、家族とコミュニケーションを取りながら作業ができることがメリットです。

セミオープンキッチンは、クローズドキッチンとオープンキッチンの中間の位置づけで、両者の良いとこ取りと言えます。

・オープンキッチン

キッチンスペースとダイニングやリビングとの間に、壁や間仕切りなどが一切ない形がオープンキッチンです。部屋と一体になっているため、ダイニングやリビングにいる家族とコミュニケーションを取りながら作業ができるメリットがあります。

しかし、間仕切りがない開放的な空間のため、調理中の油汚れやにおいなどが部屋中に広がってしまう点がデメリットです。

キッチンの間取りを変更するときのポイント・注意点

キッチンをリフォームするときは、さまざまなポイントに配慮して間取りやレイアウトを変更する必要があります。以下に、注意点を紹介します。

キッチンの動線から間取りを決定する

使い勝手が良いキッチンとは、調理の一連の流れの動線が短く、疲れずに効率よく調理ができるキッチンのことです。調理をする人の利き手に配慮し、冷蔵庫・シンク・コンロを結ぶ動線が無駄なくスムーズな流れになるよう検討しましょう。

動線をできるだけ短くしようとしてコンパクトなキッチンを選んでしまうのは、使いづらい原因になってしまいます。

冷蔵庫の位置に注意

冷蔵庫のドアの開く向きを考え、ドアがしっかり開いて奥に入れたものが無理なく取り出せるかどうか、ゆとりを持った配置にする必要があります。キッチンの入口に冷蔵庫を置く場合は、圧迫感がないかよく考えてみましょう。

ゴミ箱の設置スペースを作る

ごみの分別の種類によっては、キッチンにいくつもゴミ箱を並べる家庭もあるようです。リフォーム後はゴミ箱をどのように分類してどう配置したいのかについても検討しておきましょう。調理中にゴミをすぐ捨てたい場合は、ゴミ箱の設置スペースをどこに作るのかも重要なポイントになります。

キッチンの間取り変更リフォームの費用相場

キッチンのリフォーム費用で多かった価格帯は、アイランドキッチン以外のI型やL型で80~110万円程度、アイランド型で110~200万円程度です。ひと口にキッチンのリフォームといっても、その施工内容は各家庭の状況によりさまざまです。既存キッチンの撤去や廃棄費用もかかりますし、大がかりなリフォームでは配線や配管、ダクト工事などが必要になる場合もあります。システムキッチンのグレードなどによっても費用に差が出ますので、あくまでも目安と考えてください。

キッチンの間取り変更リフォームにかかる日数の目安

キッチンをリフォームすると、どれくらいの間キッチンが使えなくなるのか気になる人も多いでしょう。キッチンセットの交換などの部分的なリフォームなら2~4日もあれば終わります。間取りを変更して以前とは違う場所にキッチンを移設するような場合は、さらに日数がかかります。

腰壁や仕切りの設置、床の張り替えや補強などを含み完了までの工期は2~3週間、長ければ1ヶ月程度かかることもあります。その間はキッチンが使えませんので、食事をどうするか、時期的にいつが都合が良いかなどを検討する必要があるでしょう。

【間取り別】キッチンのリフォーム施工事例

実際にキッチンのリフォームをされた方のお宅を写真付きで紹介します。間取りやキッチンレイアウトの参考にしてください。

1:壁を取り払って開放的なペニンシュラ型キッチンにリフォーム

築30年以上のマンションの独立型キッチンを、ペニンシュラ型のオープンキッチンにリフォームしました。以前は窓からの光が届かない狭く暗いキッチンでの調理で孤独を感じられていたようです。

対面キッチンにしたことで家族とも会話が弾むようになりました。キッチンからはテレビを見ることも音楽を聴くこともでき、明るいキッチンでの作業が楽しくなったと喜んでおられます。

事例の詳細:キッチンの間取りを変えて独立型から開放的な対面スタイルへ。

2:I型から作業スペースの多いL型にリフォーム

リフォームと増築を繰り返した築30年以上の戸建ての、間取り変更を伴う全面的なリフォームです。今回は、I型キッチンの位置を変更し、対面L型キッチンへ。家族構成は、ご夫妻、お子さま、お孫さま、お祖母さまの4世代の同居で、作業台を広くとったキッチンで家族並んでの調理がはかどりそうですね。広く開放的なダイニングキッチンで、料理の配膳も楽になったことでしょう。

事例の詳細:間取り変更で明るいキッチン

3:間取りを工夫してダイニングとキッチンのスペースを分けられるようにリフォーム

築年数20年を過ぎたマンションのキッチンスペースが狭かったため、ダイニングに冷蔵庫や食器棚がはみ出していました。料理に必要な食材や食器をその都度取りに行くのでは動線も長くなり、ストレスもたまっていたようです。

対面式キッチンにリフォームして、冷蔵庫と食器棚をキッチン内に収めることができました。収納スペースも増やしたためスッキリと片付き、広々とした空間になりました。

事例の詳細:不可能を可能に!間取りの工夫で憧れの対面式キッチンに!

4:I型からU型にリフォームして広々としたキッチンに

リビング、ダイニング、キッチンの間取りを一新した戸建てのリフォーム事例です。お客さまは当初は水回りだけの交換を希望されていました。

下見で、キッチンを出て廊下を通り6畳の居間に行く動線を見て、リフォーム会社が間取り変更のプランを提案。隣室の一部と廊下をリビングにして、キッチンと一間につなげたため、ゆったりとしたLDKに生まれ変わりました。

キッチンはUの字型のカウンターの付いた対面式で、間仕切りの引違戸をつけたため冬の寒さ対策も万全です。トイレや洗面所までの動線も短くなり、お客さまも間取りの変更をとても喜んでいらっしゃいます。

事例の詳細:間取り変更で一新!キッチン・お風呂・洗面・トイレリフォーム

5:明るいアイランド型キッチンへリフォーム

昼間でも照明が必要だった暗いキッチンから、開放的なアイランドキッチンへのリフォーム。奥様のご希望で、リビングダイニングが見渡せる場所にキッチンを設置し、そのすぐ横には一列に並ぶようにダイニングテーブルを並べました。白を基調とした清潔なキッチンで明るい広がりが感じられます。

壁には収納のための低めのカップボードを設置し、脇には奥様専用の家事コーナーを作りました。奥様は夢のキッチンができたとお喜びです。

事例の詳細:奥様の夢の1つ。アイランドキッチン!

キッチンの間取りは使い勝手をしっかり検討しよう

キッチンは家族構成や年齢などによって、各家庭で使い勝手の良さが異なります。思い切って今までの間取りを変更することで、使い勝手が良く居心地の良いキッチンを作ることができます。

さまざまな施工を手掛けてきた実績のあるリフォーム会社なら、今のキッチンの不満点や今後の希望など詳しくヒアリングし、お客さまにとって最適なキッチンのプランニングが可能です。ぜひ、リフォームのプロに相談してみてはいかがですか。

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ