1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. キッチンのリフォーム
  4. キッチンリフォームの基礎知識
  5. キッチンの室内環境

キッチンの室内環境

  • 最終更新日:2016-05-09

キッチンの室内環境

キッチンで、調理や片づけなどの作業を衛生的且つ安全に行なうためには、室内環境の整備が欠かせません。キッチンのリフォームでは、照明や換気、給湯設備についても留意し、適切な室内環境を整えましょう。

キッチンの採光と照明

pixta_13597175_M
建築基準法上、キッチンも居室として、床面積1/7以上の窓などの開口部を設けなければならない採光計算の対象となります。しかし、調理のみに使用する場合で、間仕切り壁や垂れ壁で明確に区分されている場合は、除外されるケースもあります。

キッチンは全体照明と、調理台を照らす部分照明によって、必要な明るさを確保しましょう。全体照明は、天井にシーリングライトかダウンライトが使われることが多いです。
部分照明は、調理台の上に吊戸棚がある場合には、棚下灯の設置が一般的です。
オープンキッチンへのリフォームでは、調理台のための手元照明の設置を忘れてしまうケースがみられます。ダウンライトやスポットライト、小ぶりのペンダントライトなどが使われています。

キッチンの換気

pixta_13163669_M
建築基準法の改正によって、2003年7月以降の着工の物件は全ての居室に換気設備を設けることが義務付けられました。24時間換気システムといわれるものです。キッチンは火気使用室として、ガスコンロの発熱量による有効な換気量も決められています。

キッチンでは、給気は給気口からの自然給気とし、排気はレンジフードからの機械排気とすることが一般的です。高気密住宅で必要な給気量を確保するためには、レンジフードの上部から給気を確保する「同時給排気型」や給排気を機械で行う「強制同時給排気型」も検討してみましょう。「常時換気型」は、24時間換気システムの設備として、レンジフードを使用していないときも低風量で運転が行なわれるタイプです。

キッチンの給湯

pixta_13939944_M
昨今では、住まい全体のお湯を一台の給湯器で賄うことが一般的です。ガス給湯器は小型で屋外に設置され、家族の人数を考慮し、給湯能力によるサイズを選びます。排熱回収システムを持つ省エネ型のエコジョーズもあります。
電気給湯器は深夜電気を使ってお湯を沸かし、タンクに一日分のお湯を溜めておく方式です。タンクの設置スペースが必要で、タンク容量は家族の人数を目安に決めます。空気の熱を利用するヒートポンプ方式のエコキュートという省エネ型の給湯器もオール電化住宅を中心に広まっています。

キッチンは見た目のデザインだけではなく、適切な設備を備えて機能的であることが大切です。キッチンの設計には、建築基準法や消防法による規定もあります。キッチンの大掛かりなリフォームでは、建築士など専門的な知識を持つプロに依頼すると安心です。ホームプロには、キッチンのプランニングを得意とするリフォーム会社も数多く登録しています。

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

大手4社出資だから安心

以下の4社が出資する株式会社ホームプロが運営しています。

株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ