1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. キッチンのリフォーム
  4. キッチンリフォームの基礎知識
  5. 新築のキッチンカウンターで考えておきたいポイント

新築のキッチンカウンターで考えておきたいポイント

  • 最終更新日:2016-03-27

新築のキッチンカウンターで考えておきたいポイント

キッチンとダイニングの間にカウンターを配置する間取りが人気です。 カウンターの内側は、見せたくないけれどよく使う物の収納に適しています。 低すぎないカウンターの高さと、シンプルな動線が疲れにくいキッチンのポイントです。

新築のキッチンカウンターは見せる収納?隠す収納?

pixta_12798261_M
ダイニングとキッチンの間にカウンターを配置した、対面キッチンが人気です。

キッチンカウンターの内側は、リビングやダイニング側からは見えないのでオープンな棚にしてもいいでしょう。調理家電類など、日常的に使うけれど目につく場所には置きたくない物の収納に適しています。
床に近い収納には、分別の種類ごとにゴミ箱を収納しておくと便利です。

逆に、ダイニング側には「見せる収納」を確保してもいいでしょう。
こだわりのキッチン用品や食器を、ディスプレイ感覚で収納すると素敵です。

また、ダイニング側に立ち上がりのあるキッチンカウンターは、作業台が丸見えにならないので、来客の多いお宅などにおすすめです。

新築のキッチンカウンターの幅が広すぎると疲れるキッチンに

pixta_13551547_M
幅が広くゆったりとしたキッチンに憧れる方は多いはず。
でも、適度にコンパクトなキッチンの方が使い勝手は良いものです。

キッチンの設計ではよく「作業動線」という言葉が使われます。
冷蔵庫を開けて食材を出す→シンクで洗う→まな板で切る→鍋で調理する→お皿に盛る→ダイニングへ運ぶ、という作業工程を想像してみてください。
動線がよりシンプルで短い方が、作業しやすいキッチンになります。

キッチンカウンターに幅がありすぎると、動きまわる距離が長くなるので、料理のたびに疲れてしまいます。
調理や配膳に使用する作業スペースを広く確保したい場合には、幅を広げるのもいいのですが、カウンターの奥行きを大きめにするという選択肢もあります。

新築のキッチンカウンターの高さ選びに悩んだら

pixta_14047348_M
キッチンカウンターの高さが低すぎると、前かがみの姿勢で作業を行うため腰痛の原因になります。逆に、高過ぎると肩こりの原因となることもあるようです。
キッチンカウンターの高さは、おもに80cm、85cm、90cmの3種類の高さを用意しているメーカーがほとんどで、ブランドによっては82.5cmや87.5cmのものもあります。

一般的に、キッチンカウンターの高さの目安は「身長÷2+5cm」とされています。
身長160cmの方の場合なら、適した高さは85cmということです。

ただし、これはあくまでも目安なので、ショールームなどで実際の高さを試すことが大切になります。土足では靴底の高さで感覚が異なるので、普段キッチンで履いているスリッパなどを持参してもいいでしょう。

キッチンカウンターの高さ選びに悩んだ場合には、どちらかといえば高い方を選んだほうが無難なようです。なぜなら、高さに対しては厚底のスリッパなどを履いて調整することも可能ですが、低い場合には対処のしようが無いためです。

キッチンカウンターにお悩みの方は、ホームプロへご相談してみてはいかがですか。1,200社が加盟しているので、信頼できる業者がきっと見つかるはずです。

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ