1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. キッチンのリフォーム
  4. キッチンリフォームの基礎知識
  5. 一人暮らし向けキッチンの収納術

一人暮らし向けキッチンの収納術

一人暮らし向けキッチンの収納術

一人暮らし向けのキッチンは小型なものが多く、自炊をする方には収納スペースが足りないことが多いもの。デッドスペースのない、効率の良い収納を工夫しましょう。収納力だけではなく、取り出しやすさも大切です。

一人暮らしのキッチンで食器を効率良く収納するポイント

pixta_9459125_M
一人暮らし向けのキッチンは小型なので、収納に苦労している方も多いのではないでしょうか。食器を効率良く収納するポイントは、無駄なくスペースを活用しながら、取り出しやすさも確保することです。

大皿などは重ねて置かず、立てて収納しましょう。ディッシュラックはもちろん、書類立てやブックエンドなどを活用しても便利です。マグカップやお椀などは、カゴなどに入れてそのまま引き出せるようにすれば、奥のものも取り出しやすく、手前の物ばかり使ってしまうのを避けられます。

食器棚などを新規に購入するなら、奥行きの浅いタイプがおすすめです。また、お気に入りの食器はしまい込まずにオープンな棚に並べ、見せる収納にしてもいいでしょう。

一人暮らしのキッチン下収納はデッドスペースをなくそう

Cooking equipment
キッチン下には重い物や割れ物などを優先して収納しましょう。

シンク下には排水管があり、デッドスペースが生まれがちですが、空間を無駄なく利用したいもの。排水パイプの形状に応じて棚板の位置を変えることができる、シンク下専用収納が市販されています。また、キャビネットの扉の内側も立派なスペース。掛けるタイプの収納グッズを利用して、鍋のふたなどを収納すると便利です。

キッチン下の湿気や臭いが気になる場合には、下水からの空気の逆流を防ぐカバーが外れているかもしれません。安心して収納を利用するためにも、点検をおすすめします。

一人暮らし用の狭いキッチンでは壁面を生かした収納を

pixta_13932126_M
ワンルームマンションなどに多く設置されているミニキッチンは、お茶をいれることやインスタント食品を調理する程度の使用を想定しているため、自炊をしたい方には使いやすいキッチンとはいえません。間口が100cm以下のキッチンだと、天板上はシンクとコンロのみで、作業スペースが全くないということもあります。

そんなキッチンには、作業台と収納を兼ねた、ステンレス天板のキッチンワゴンがおすすめです。また、冷蔵庫にマグネットで貼るタイプの収納グッズや、つっぱりタイプのネットを利用して壁面を無駄なく利用しましょう。

狭いキッチンでは吊り下げる収納を多用することになりますが、フックの耐荷重量には注意が必要です。鍋などの重量物や、ハサミなどの刃物の吊り下げには十分気をつけてください。

一人暮らし用キッチンのリフォームをお考えなら、ホームプロへご相談してみてはいかがですか。1,200社以上が加盟しているので、信頼できる業者がきっと見つかるはずです。

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ