1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 介護リフォーム
  4. 介護リフォームの基礎知識
  5. 介護保険で購入できるもの

介護保険で購入できるもの

  • 最終更新日:2015-10-02

介護保険で購入できるもの

高齢者を介護するためには、既存の住宅設備以外にもさまざまな設備を揃える必要があります。ですがこれらの費用をすべて自己負担とするとかなりの負担が発生するため、一部の設備や福祉用具については介護保険からの給付を受けることが可能です。では、具体的にどのような設備が在宅介護に必要となるのでしょうか。

介護に必要な介護設備について

介護に必要な介護設備について

高齢者を在宅で介護するためには、具体的にどのような設備が必要となるのでしょうか。

1:お風呂周り
一人で入浴ができない場合は、介護しやすいよう底が浅い浴槽への取り替えが必要となります。また、状況によっては、入浴用担架や入浴用車いす付きの特殊浴槽の導入も検討しなければなりません。
2:トイレ
和式トイレの場合は、洋式トイレへの改修工事が必要となります。また、便座の高さ調整や手すりの設置など細かな点にも気を配る必要があります。
3:ベッド
一人でも寝起きが容易に出来るよう、傾斜角度や高さが調節出来るベッドが必要となります。

階段昇降機と介護保険について

階段昇降機と介護保険について

高齢者が自宅で暮らすために最も必要な設備、それが「手すり」です。特に一戸建て住宅の場合は階段部分に手すりを取り付けることは安全上の問題から見てもとても重要です。そのほかにも、お風呂、トイレ、玄関ポーチなど日常的な行動範囲には出来る限り手すりを設置する必要があります。
また、階段以外の微妙な段差についても、高齢者が転倒する危険性がありますので、別途改修が必要です。これらにおいては、介護保険の給付対象工事ですので、市区町村の窓口に領収書など必要書類を添付して申請することで給付が受けられます。
また、自力での階段の昇り降りが難しい場合については、移動式リフトや座面昇降機能付の車椅子などの階段昇降機が設備として必要となります。

介護保険を使って購入できる福祉用具について

介護保険を使って購入できる福祉用具について

介護用品については高額なものが多いため、レンタル品を使用することも多くありますが、中には肌が直接触れるような介護用品などレンタルになじまないものもあります。これらの介護用品を「特定福祉用具」と言い、都道府県の指定する業者から購入して申請することで、その費用の7~9割の払い戻しを受けることができます。なお、特定福祉用具には以下の5種類があります。
・腰掛便座
・自動排泄処理装置の交換可能部品
・入浴補助用具
・簡易浴槽
・移動用リフトのつり具の部分
世田谷区ホームページより引用)

ホームプロには、ほかにも介護保険に関するさまざまな情報が掲載されています。

▼介護保険制度を利用したリフォーム・住宅改修の流れと事例を紹介
https://www.homepro.jp/kaigo/kaigo-money/6788-pt

▼介護リフォームで受けられる補助金・助成金とは?特徴や注意点を紹介
https://www.homepro.jp/kaigo/kaigo-money/2158dt

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ