1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 介護リフォーム
  4. 介護リフォームの基礎知識
  5. 浴室・風呂の介護リフォーム

浴室・風呂の介護リフォーム

  • 最終更新日:2015-04-23

浴室・風呂の介護リフォーム

浴室・風呂の介護リフォームに関する基礎知識をご紹介しています。リフォーム会社選び実績No.1サイト「ホームプロ」が提供。

「すべる」「つまずく」「跨げない」「寒い」を解決

浴室では高齢者の事故が多く、くつろぎや楽しみのための場所が危険な場所になっているのも事実です。「床ですべる」「段差でつまずく」「浴槽が跨ぎにくい」「風呂場が寒い」などが事故の主な原因です。

また日本の入浴方式は洗い場で体を洗うため、大量の水が洗い場に流れます。そのため浴室は脱衣所の床から15cm程度低くなっているのが一般的です。浴室・風呂の介護リフォームでは、こうした構造的な欠陥も改修する必要があります。

浴室・風呂の介護リフォームのポイント

浴室での事故をなくすためには、次のような介護リフォームが効果的です。

段差をなくす

浴室と脱衣所の床の高さを同じレベルにする。大量の水を排水する水はけのよいグレーチング(排水溝の蓋)を施工する。

手すりを取り付ける

取り付ける箇所は、浴室への出入り口、浴槽につかる/浴槽から上がる位置、シャワーチェアなどで立ち座りする位置、入浴中の座位を保持する位置に手すりを取り付けます。

すべらない床材

床面のリフォームに当たっては、すべりにくい素材のものを選びます。浴槽の底には滑り止めマットを。

シャワー用車椅子

浴槽での入浴が困難な場合や夏季のシャワー浴に使います。

リフトの設置

浴槽への出入りの際に、介助する方の体力的負担を軽減し事故を防ぎます。この場合は介護者が無理なく介助できるスペースをリフォームの際確保しておきます。

ヒートショック対策

冬場、浴室や脱衣所は暖房のあるリビングなどに比べてかなり室温が低くなっています。さらに浴室では熱いお湯との温度差もあるので、ヒートショックを避けるため、天井に埋め込み式の浴室暖房乾燥機を設置するといいでしょう。短時間で浴室を暖めることができ、カビを防いだり、洗濯物を乾かすのにも利用できて便利です。天井に遠赤外線の浴室用ヒーターを設置するという方法もあります。

半埋込み浴槽にする

浴室の床上に設置している浴槽を半埋込みにして入りやすくします。

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ