1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 外構・エクステリアのリフォーム
  4. エクステリア・外構リフォームの基礎知識
  5. エクステリア工事とは?外構工事との違いや費用相場について解説!

エクステリア工事とは?外構工事との違いや費用相場について解説!

  • 最終更新日:2021-09-29

エクステリア工事とは?外構工事との違いや費用相場について解説!

エクステリアは、家の第一印象を左右するもの。築年数が経ってくると、汚れや傷みが目立つようになり、気になりますよね。

この記事では、エクステリア工事の種類や費用相場、工事を成功させるポイントなどについて解説します。事例もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.エクステリアと外構の違い

エクステリア工事のイメージ画像

エクステリア工事のほかに、「外構工事」という言葉も耳にしたことはありませんか?ここでは、エクステリアと外構の違いについて解説します。

1-1.エクステリアとは?

エクステリアとは、家の外側の空間全体を指す言葉です。玄関までのアプローチや庭、ウッドデッキなどもエクステリアに含まれます。デザイン要素があるのが、特徴のひとつです。

1-2.外構とは?

外構とは、建物の外まわりの門やフェンスなどの構造物を指す言葉です。ブロック塀や土間、U字側溝などが外構の代表的な箇所です。

2.エクステリア工事のタイプ

エクステリア工事のイメージ画像

では、エクステリア工事にはどのようなタイプがあるのでしょうか。大きく分けて3つのタイプがありますので、見ていきましょう。

2-1.クローズドスタイル|プライバシーを優先したい場合

門や塀などで、道路と自宅敷地が完全に区切られているタイプがクローズドスタイル。敷地内を完全に見えない状態にするため、門や塀などを比較的重厚に作るケースが多く、高級感を演出することもできます。一方で、空き巣などのターゲットになりやすい面もあり、防犯カメラの設置など対策の検討が必要となります。

2-2.オープンスタイル|開放的にしたい場合

道路と自宅敷地が、門や塀などで区切られていないタイプは、オープンスタイルといいます。敷地面積を最大限に利用できることがメリット。日当たりや風通しが良く、開放感があります。しかし、近隣住民や通行人から敷地内が見られやすいため、プライバシーを確保する対策を検討する必要があります。

2-3.セミクローズドスタイル|クローズドとオープンのいいとこ取り

クローズドタイプのように完全に閉じた状態ではなく、オープンスタイルのように完全に開放されたスペースでもない、両者の中間にあたるタイプを、セミクローズドスタイルといいます。高さの低いフェンスや塀を設置してほどよく開放感を出したり、場所によってクローズドスタイルとオープンスタイルを使い分けたりすることもできます。ただし、しっかりとしたプランと設計がないと中途半端なデザインになってしまうことがありますので、リフォーム会社と相談しながら進めるのが良いでしょう。

3.エクステリア工事の箇所と費用相場

エクステリア工事のイメージ画像

ここからは、具体的なエクステリア工事の箇所とそれぞれの費用相場について解説します。

3-1.門扉・門柱

  • ・費用相場:15~50万円

門扉は「住まいの顔」ともいえる、家で最初に目にとまる場所です。門扉や門柱はさまざまな素材やデザインがあるため、選ぶものによって大きく印象が変わります。一番スタンダードなものはアルミ製で、比較的手ごろな価格です。そのほか、木材やアイアン、石などを使う場合もあり、素材によって費用も異なります。

また、門扉は毎日開閉するものなので、操作性も重要。外側から開けるときはハンドルを押し、内側からはハンドルを引くだけで開けられる、プルプッシュ式が使い勝手が良いでしょう。防犯性を考えるなら、費用は高くなりますが、室内からも施錠できる電気錠や、暗証番号で施錠できるシークレットスイッチのついたものなどもあります。

3-2.玄関アプローチ

  • ・費用相場:20~50万円

玄関アプローチは、門扉や家の外観とマッチするデザインにすると、統一感が出ます。実用性としては、お子さんや年配の家族がいる場合、凹凸ができない素材や滑りにくい素材の使用、車いすが通れる幅などを考慮すると良いでしょう。

3-3.ブロック塀・目隠しフェンス

  • ・ブロック塀の費用相場:60~110万円
  • ・目隠しフェンスの費用相場:20~80万円

ブロック塀や目隠しフェンスは、防犯面やお子さん・ペットの飛び出しを防ぐのに役立ちます。クローズドスタイルなら、高めのブロック塀で家の周囲を一周囲んでしまえば、家の敷地を完全に見えなくすることができます。オープンスタイルやセミクローズドスタイルなら、目隠しフェンスや生垣を設置する方法がおすすめ。採用するスタイルや設置範囲などにより、費用は大きく異なります。

3-4.カーポート・ガレージ

  • ・カーポートの費用相場:30~55万円
  • ・ガレージの費用相場:100~250万円

家の前に車を置くなら、カーポートやガレージがあると便利です。カーポートは屋根のみで壁がないものを指し、壁があってシャッターを閉めれば周囲をすべて囲めるものをガレージといいます。カーポートは車を出し入れしやすく圧迫感が少ない一方で、防犯性に欠けるのがデメリット。ガレージは防犯性能が高く、ビルトインガレージにすれば雨などに濡れることなく車に乗り降りできますが、施工費用が高いのがデメリットです。

3-5.庭・植栽

  • ・庭の砂利敷きの費用相場:1~2.5万円/1㎡
  • ・植栽の費用相場:5~15万円

庭を作るときに最初に考えたいのは、動線です。建物のどの場所から庭へ出るか、庭から玄関まではどのように行くのかなどを考えましょう。また、庭の使い方など、実用面も最初に検討しておいたほうが良いポイントです。

庭のデザインを左右するのは配色です。砂利の色使いや植栽の葉の色などの陰影をうまく使うのがカギ。植栽は種類によって季節で葉の色が変わるものもありますので、特性をよく調べてから植えると良いでしょう。また、樹木を植える場合は、成長したときに道路や隣家にかからないよう配慮が必要です。

3-6.ウッドデッキ

  • ・ウッドデッキの費用相場:15~30万円

ウッドデッキは、一般的には屋根がなく、ウッドで床部分を造作したデッキのことをいいます。椅子やテーブルを置いて、太陽の下でモーニングコーヒーを飲んだり、家族や友達を集めてバーベキューをしたり、さまざまな活用方法があります。

デッキに使用する素材は、質感重視の場合には木材が好まれますが、劣化しやすいデメリットがあります。近年はさまざまな人工木のウッドデッキが販売されていて、塗装などが必要なく、お手入れが簡単な商品もあります。

4.エクステリア工事を成功させるポイント

エクステリア工事のイメージ画像

エクステリア工事を成功させるポイントは、部分的ではなく全体を考えること。あまり部分的に捉えてしまうと、デザインがちぐはぐになったり、使い勝手が悪くなったりすることもあります。動線や外からの視線、家の中からの見え方、風通しや陽射しなども考慮すると、完成度の高いエクステリアになるでしょう。

また、デザイン性だけでなく、防犯性も考慮する必要があります。2つを両立できるように、しっかりとしたプランを立ててから、施工を開始するのがおすすめです。

5.エクステリア工事の事例6選

エクステリア工事のイメージ画像

ここからは、エクステリア工事の事例をご紹介します。実際の事例をご覧になり、エクステリア工事の参考にしてみてくださいね。

5-1.【32万円】建物と統一したモノトーンの玄関アプローチに

築年数5年未満の築浅住宅ですが、玄関アプローチの雑草が気になっていました。雑草が生えていた場所は、乱型の自然石の舗装材を敷き詰め、建物の外観とイメージを統一しています。

施工前

Before:玄関アプローチの一部に雑草が生えています。

施工後

After:雑草を防ぎお手入れがラクに。建物とマッチしたモダンな玄関アプローチがおしゃれですね。

事例の詳細:外観にマッチしたモダンな玄関アプローチ!

5-2.【40万円】シンプルなメタル調の門扉に

建物のフルリノベーションに合わせ、門まわりもリノベーションした事例です。門扉はメタル色で細いスリットが入っているため、圧迫感のない門まわりになりました。スッキリとスタイリッシュですね。

施工前

Before:全体的に老朽化が目立つ門まわり

施工後

After:植栽もなくし、スッキリとした印象に生まれ変わりました。

事例の詳細:シンプルなメタル色で圧迫感のない今風な門まわりに

5-3.【45万円】目隠しフェンスを設置しお手入れが楽に

立派な生垣がありましたが、お手入れが大変になってきたためフェンスを設置した事例です。高さ170cmの目隠しフェンスを設置し、防犯性が向上。通風できるタイプなので、風通しが良いのはもちろんですが、強風時は風が抜けやすく、フェンスに与える影響が少ないのも特徴です。

施工前

Before:道路に面した生垣はお手入れが大変でした。

施工後

After:生垣のお手入れの負担がなくなったうえ、防犯性も向上し、安心して住むことができそうです。

事例の詳細:防犯にも目隠しにも最適なフェンス工事

5-4.【80万円】植栽の緑が映えるスタイリッシュな庭先に

新築の庭部分をキレイに整備した事例です。建物の色に合わせた砂利とタイルを配置して、緑が映える空間にしました。雑草対策には「いわだれ草」を採用しています。シンボルツリーが別荘を思わせる、スタイリッシュな庭になりました。

施工前

Before:あまり整備されておらず、雑草の手入れが大変でした。

施工後

After:リズム感のあるタイルの配置で、メリハリのある庭に生まれ変わりました。

事例の詳細:モダンスタイリッシュガーデンへ

5-5.【89万円】掃き出し窓と高さを合わせたオープンテラスに

リビング前にオープンテラスを設置した事例です。施工前は強すぎる陽射しが気になっていましたが、屋根付きのオープンテラスを設置したことにより、リビングに入る陽射しをやわらげることができました。

施工前

Before:日当たりの良すぎる掃き出し窓

施工後

After:屋根付きで陽射しをやわらげながらも明るい空間となり、テラスで過ごす時間が楽しくなりそうですね。

事例の詳細:紫外線カットのテラスでくつろぎの空間へ

5-6.【110万円】玄関からカーポートに続く屋根で雨の日も安心に

駐車スペースにカーポートを設置した事例です。玄関まで距離があり、車の乗り降りの際に雨に濡れてしまうのが悩みでした。玄関まで続く大きな屋根のカーポートを設置したことにより、雨の日でも濡れずに玄関と車を行き来できるようになりました。

施工前

Before:駐車スペースには屋根がありませんでした。

施工後

After:雨の日の買い物も、気分良くできそうですね。

事例の詳細:デザイン性と機能性を両立したカーポートに変身!

6.エクステリア工事を行って外観もイメージ通りの住まいにしよう

この記事では、エクステリア工事の種類や費用相場などについて解説しました。ご紹介した事例なども参考にして、エクステリア工事を検討してみてくださいね。

イメージ通りのエクステリアに仕上げるためには、信頼できるリフォーム会社を見つける必要があります。複数のリフォーム会社で見積もりを取り、自分たちの希望に合う施工をしてくれる会社に依頼しましょう。

複数のリフォーム会社から探すなら、ホームプロに相談してみるのがおすすめです。ホームプロは、累計80万人以上が利用するリフォーム会社紹介サイト。地元の優良リフォーム会社を複数紹介してもらえますよ。無料で相談できますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。


▼お問い合わせ(お見積もりは)コチラ

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,189件

※2020年4月〜
2021年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

外構・エクステリアのリフォーム
カテゴリ一覧

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ