1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 外構・エクステリアのリフォーム
  4. エクステリア・外構リフォームの基礎知識
  5. 塀で目隠しするには? 目隠しフェンスの選び方と費用について解説!

塀で目隠しするには? 目隠しフェンスの選び方と費用について解説!

  • 最終更新日:2020-12-22

塀で目隠しするには? 目隠しフェンスの選び方と費用について解説!

玄関や庭が外から丸見えで、悩んでいる方はいませんか?通行人や近所の人たちからの視線が気になり、落ち着いて過ごすことができないのは嫌ですよね。

このような問題を解決するため、塀やフェンスを取り付けたいと考えている方もいらっしゃるでしょう。そこで今回は、目隠しフェンスを選ぶ際に押さえておくべきポイントや、費用相場について詳しく解説していきます。後半では、実際に行われた施工例も紹介しますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

1.塀・目隠しフェンスはどう選ぶ?

塀

周囲から視線を遮るものがなく、外から庭の様子や家の中が見えてしまうと、プライバシーを確保できません。そういった状態だと、外からの視線が気になり、リラックスして過ごせないですよね。

しかし塀で目隠ししてしまうと、外から敷地内が見えなくなってしまうため、不審者にとって侵入しやすい家になってしまう可能性があります。特に高さのある塀を設置した場合は死角が出来てしまいます。

そのため、目隠ししたい場合、場所によってはフェンスを取り付ける方がおすすめです。ここでは、目隠しフェンスを選ぶポイントを紹介します。

1-1.最適な高さを考えよう

目隠しフェンスは、高ければ良いというわけではありません。取り付けたい場所に合った高さの目隠しフェンスを選ぶ必要があります。

設置する場所にもよりますが、180~200cmの高さのフェンスを取り付けると良いでしょう。200cm以上になると、圧迫感が出てしまう可能性があります。また、400cmや500cmのフェンスを設置すると、台風などで倒壊するリスクが高まります。

ブロック塀の上にフェンスを取り付ける場合は、ブロック塀+フェンスの高さが180~200cmになるようにフェンスを選択してください。

1-2.素材やデザインを選んで違和感をなくそう

フェンスにもさまざまな種類のものがあり、素材によって見た目の印象も変わります。たとえば、アルミ製やスチール製のフェンスは、あらゆるデザインの家に合うのでおすすめ。デザインが多種多様なのも、アルミ製・スチール製フェンスのメリットです。

家が和風の場合は、板垣・垣根・生け垣・竹垣などを設置すると良いでしょう。和風の庭にも調和します。ただし、生け垣は手入れする必要があるので、メンテナンスが簡単なものが良い場合は他のものを選んでください。

ナチュラルな見た目にしたい場合は、木製のフェンスを選ぶと良いですね。木製のフェンスに花や植物を絡ませると、とてもオシャレなフェンスになります。また、中にはガーデニングとの相性が良い、プランター付きの木製フェンスも販売されています。

1-3.風通しや採光も考慮して選ぼう

プライバシー確保を重視し過ぎると、風通しや採光が犠牲になることも。風や光が遮られてしまうと、室内がカビ臭くなったり、暗くなったりする可能性もあります。

適度に風や光を取り込むには、少し隙間のあるタイプのものを選ぶといいでしょう。ポリカーボネートパネルも、目隠しをしつつ太陽の光を取り入れることができるので、おすすめです。

また、中から見えやすく、外から見えにくいパンチングフェンスと呼ばれるものもあります。このタイプのフェンスも、風通しが良く光も取り込めます。

1-4.圧迫感が出ないデザインを選ぼう

フェンスを取り付けると、高さや素材によって圧迫感が出てしまうことがあります。圧迫感を出さないようにするには、高さがあっても圧迫感が出ないデザインや色を選択しましょう。

圧迫感が気になる方は、隙間のあるフェンスを選択し、一緒に庭木を植えるのがおすすめです。採光タイプのパネルも圧迫感が出ず、設置することで素敵な外観にすることができます。さらに、白や淡い色だと圧迫感が出にくい傾向にあります。

1-5.目隠しをしたい場所に合わせる

目隠ししたい場所にぴったりのフェンスを選びましょう。たとえば、リビングの目隠しをする際、道路が近くにある場合は、高さのあるフェンスを取り付けましょう。リビングから道路まで距離がある場合は、低いものを選ぶのもいいでしょう。

庭の目隠しをしたい場合は、庭の周りを囲むようにフェンスを設置しましょう。そうすることで、プライベートな空間が保たれ、外からの視線を気にせず落ち着いて過ごせます。オシャレなフェンスを選ぶことで、見た目も素敵な庭にすることができるでしょう。

2.塀・目隠しフェンスの設置にかかる費用はどれくらい?

塀

外からの視線を気にせず落ち着いて過ごしたい!そう思ってはいるものの、フェンスを設置する際どれくらい費用がかかるのか気になりますよね。

ここでは、目隠しフェンスの設置にかかる費用相場を紹介します。

2-1.費用はフェンスの素材や設置スペースの広さで大きく変わる

フェンス単体の価格は、幅1mほどのもので約5千~10万円と、商品によってかなり差があります。以下でフェンスを設置する際の費用相場をいくつか紹介します。

  • ●施工幅・1mあたり(材料費・工事費込み):約7千~4万円
  • ●家の周囲にトータル約20mのフェンスを設置:約15~60万円
  • ●二段重ねの目隠しフェンス・1mあたり(工事費込み):約2万円~
  • ●ブロック塀の上にフェンスを設置:コア抜き作業の費用が約5~10万円追加で必要

2-2.費用を安く抑えるには素材やスペースを吟味しよう

なるべくリフォーム費用を安く抑えたい場合は、低価格素材の目隠しフェンスを選ぶと良いでしょう。スチール製やアルミメッシュのフェンスは、比較的価格が安い傾向にあります。一方で、ウッド調デザインになると高額になる場合もあります。スペースを吟味して本当に必要な場所だけに施工することも、費用を抑える上で大事なポイントです。

素材やデザインにこだわる場合は、正面など外から見える場所だけ良い素材のフェンスを設置することも一つの手です。裏の勝手口あたりなどの目立たない場所には、低価格の素材のもので目隠しすると良いでしょう。

また、費用を抑えるためDIYを考えている方もいるかもしれません。確かに、自分で設置すればかなり費用を抑えられます。しかし、素人にとってはフェンス設置は大変な作業であり、失敗する可能性もあるので、なるべくプロに任せるのが良いでしょう。

3.目隠しフェンスの施工例を紹介!

塀

つづいて、目隠しフェンスの施工例を紹介します。

3-1.庭を外から見えないように高さ2mのフェンスを設置

リフォーム事例

2mのフェンスを取り付けたため、人目を気にせずゆっくり庭で過ごせるようになりました。下段のフェンスは光を通すタイプのフェンスなので、圧迫感がなく見た目もオシャレ。庭以外のスペースには、インターロッキングや防草シートなどで雑草の繁茂を抑制しているため、手入れが楽になりました。

3-2.オープン外構で視線が気になっていた庭に設置

リフォーム事例

オープン外構でリビングや庭が丸見えの状態だったので、外構をリフォームすることに。既存のブロックフェンスを活かし、上の部分にのみ目隠しフェンスを取り付けたので、費用を抑えることができました。開放感を保ちながらもプライバシーを守れるため、快適に過ごせるでしょう。

3-3.ドアを開けるとお隣の視線が気になる玄関アプローチに設置

リフォーム事例

玄関から道路までの距離が短く、歩行者や向かい側の家の方とも目線が合ってしまうことから、目隠しフェンスを設置しました。フェンスのデザインが、家の外観とマッチしていますね。さらに、この目隠しフェンスはポスト付きなので、ポストを別途取り付ける必要もありません。

3-4.生け垣からアルミ製フェンスへ切り替えたリフォーム

リフォーム事例

手入れが大変な生け垣をアルミ製のフェンスに取り替えました。生け垣からフェンスにしたことにより、見た目もスッキリ。適度な見通しがあるため、圧迫感もありません。

3-5.安全性と庭のプライベート空間の確保を叶えた目隠しフェンスの設置

リフォーム事例

道路から丸見えの庭を目隠しする目的と、お孫さんが簡単に道路に行けないようにするため、セミクローズ外構にリフォームすることに。アルミ製で木調タイプのフェンスを設置し、外からの視線を気にせず庭で過ごせるようになりました。圧迫感のないあたたかみを感じる、素敵な外構に仕上がっています。

4.目隠しフェンスで気になるプライバシー対策をしよう!

本記事では、目隠しフェンスを選ぶ際に押さえておくべきポイントや、費用相場などについて紹介しました。

目隠しフェンスを設置する際は、目隠ししたい箇所に合ったものを取り付ける必要があります。しかし、高さ・風通し・採光などすべて考慮した上で、最適なフェンスを選ぶのはなかなか難しいですよね。リフォーム会社に相談することで、あとで後悔しないリフォームにすることができますが、どのようにしてリフォーム会社を探せば良いのか分からないという方もいらっしゃるでしょう。

そんな方におすすめなのが、ホームプロです。ホームプロに相談することで、無料でリフォーム会社を紹介してもらえます。ホームプロには、厳格な審査を通過した優良リフォーム会社のみが加盟しているため、安心して利用できるでしょう。以下のリフォーム費用もご確認していただき、お気軽にお問い合わせください。

▼お問い合わせ(お見積もりは)コチラ

▼目隠しフェンスを含めたエクステリアリフォームの費用

https://www.homepro.jp/hiyou/exterior/fence.html

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

外構・エクステリアのリフォーム
カテゴリ一覧

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ