1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 外構・エクステリアのリフォーム
  4. エクステリア・外構リフォームの基礎知識
  5. 雨樋リフォームの値段はどれくらい? リフォームに踏み出す目安とは?

雨樋リフォームの値段はどれくらい? リフォームに踏み出す目安とは?

  • 最終更新日:2020-12-22

雨樋リフォームの値段はどれくらい? リフォームに踏み出す目安とは?

雨樋(あまどい)とは雨が降った際、雨の水を集めて屋根から地上へと排水する設備のことです。

雨樋が故障しているにも関わらず、そのまま放置していませんか?故障を放置すると、さまざまなトラブルを引き起こしてしまいます。しかし、雨樋のリフォームを検討する際、気になるのが値段ではないでしょうか。

今回は、雨樋のリフォームにかかる費用を詳しく解説していきます。リフォームを検討すべきタイミングや、実際に行われたリフォーム事例もあわせてお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。

1.雨樋リフォームの値段はどれくらい?

計算機

雨樋のリフォームの費用は、一体いくらかかるのでしょう?ここでは、雨樋のリフォームの費用相場をお伝えします。

1-1.雨樋の修理・修繕には種類がある

まずは雨樋の修理・修繕の種類を紹介します。修理・修繕の種類は以下のとおりです。

  • ● 破損や変形による雨樋全体の交換
  • ● 故障した部材の交換
  • ● 詰まりを取る
  • ● 雨樋の再塗装

では、それぞれの修理・修繕にかかる費用を見ていきましょう。

1-2.破損や変形による雨樋全体の交換にかかる費用

雨樋が破損すると、雨水があふれたり、水を屋根から地上に正常に誘導できなくなったりします。また、暑さや地震などが原因で変形してしまう場合もあり、全体的に変形している場合は、交換する必要があります。

雨樋が破損・変形し、雨樋全体を交換する際にかかる費用相場は以下のとおりです。

  • ● 雨樋全体の交換:約20万円
  • ● 足場設置: 約5~20万円
  • ● 廃材処分: 約3万円
  • ● 取り付け工事費用:約2万円

※トータルで約30~60万円

工事内容によって費用が大幅に違ってきますので、注意してください。

1-3.故障した部材の交換にかかる費用

雨樋に穴やひび割れがあるなど、一部だけ破損している場合は、破損している部品を交換すると良いでしょう。雨樋の部材交換にかかる費用相場は以下のとおりです。

  • ● 雨樋の部品(1箇所あたり):約3~5千円
  • ● 廃材処分: 約1万円
  • ● 取り付け工事費用(1箇所あたり):約3~4千円

※トータルで約7~10万円

リフォーム内容や範囲によって費用に違いが出ますので、詳しくはリフォーム会社に確認してください。

なお、防水テープやコーキング剤などを用いて、一時的に補修する場合は1~3万円ほどかかります。補修での対処は一時しのぎにしかならず、元の状態に戻ってしまう可能性があるので注意しましょう。

1-4雨樋の詰まりを取る清掃作業にかかる費用

雨樋の詰まりを取るための清掃作業にかかる費用は、約1~3万円です。急勾配の屋根の場合は、約3~5万円かかります。急勾配の屋根とは、角度がある屋根のことです。

雨樋の詰まりを放置すると、雨が降った際に水があふれだし、敷地に水が溜まってプール状態になる可能性があります。さらに、外壁からの雨漏りや、シロアリ被害の原因になってしまうこともあります。そのため、雨樋の詰まりはそのままにしておかないようにしましょう。

1-5. 雨樋の再塗装にかかる費用

塗装されていない雨樋は、塗装されているものと比較すると劣化しやすいです。また雨樋がボロボロの状態だと美観が損なわれてしまいます。

塗装を行うことで、全体的に引き締まり、美観を維持することができます。したがって、7~10年のスパンで塗装し直すと良いでしょう。

雨樋の再塗装にかかる費用相場は、以下のとおりです。

  • ● 全体的に塗装する場合:5~10万円
  • ● 塗装単価:600~1000円/m
  • ● 足場代:700~1200円/m

塗料にはシリコン・ウレタン・アクリルなどが使用されますが、塗料の種類によって費用が異なりますので注意してください。たとえば、ウレタンの塗装単価(2回塗り)は、800~1,500円/mと、上記の費用相場より料金がやや高めです。

2.修理や清掃が必要? 雨樋リフォームを検討すべきタイミングと解決方法とは

雨樋

ここでは、雨樋リフォームを検討すべきタイミングを紹介します。

2-1.雨樋のゴミを掃除しても通りが悪い

雨樋のゴミは自分で取り除ける場合があります。排水口の泥を掃除することで、逆流・雨漏り防止につながります。

また、軒樋の中に落ち葉が溜まって腐葉土となり、その湿気が軒樋の劣化させる恐れがあります。溜まった腐葉土の重みは、雨樋の破損の原因にもなるので、定期的な清掃が必要です。

しかし、自分でゴミを掃除しても通りが良くならないことがあります。縦樋の内部にゴミがこびりついている場合は、自分で取り除くは難しいでしょう。このような場合は、雨樋のリフォームを検討してください。

2-2.高所での作業や交換はリフォーム会社に頼んだ方が安全

一階部分や脚立で届く範囲なら、自分で掃除しても良いでしょう。しかし、2階や3階などでの作業は、屋根に上ったり、はしごを使用したりして作業することになり危険を伴います。

中には、ホームセンターなどで部材を購入し、自分で雨樋を取り替える人もいます。しかし、万が一転落してしまったら大変です。高所での作業は、リフォーム会社に頼んだ方が安全です。

2-3.経年劣化で雨漏りがするようになったり、傾斜が取れなくなって雨水があふれる

雨樋の雨漏りやコケ・カビの発生は、経年劣化のサインです。小さなひび割れを一部補修しても、すぐに他の箇所に問題が発生することがあります。したがって、経年劣化の症状が見られる場合は、リフォーム会社に対処してもらうのが良いでしょう。

また、雨樋の傾斜に問題があり、雨水があふれてしまう場合もリフォーム会社に依頼するのがおすすめ。傾斜の問題は自分で直せることもありますが、力を入れすぎて壊してしまう可能性があるので、注意してください。

2-4.雨樋の寿命は約15~20年、経年劣化を見越して事前にリフォームの検討を

雨樋の寿命は素材によって異なりますが、一般的に15~20年とされています。

経年劣化が進んだ雨樋をそのままにしておくと、つなぎ目が歪んだり、金具が腐食したりして、さまざまな破損を引き起こしてしまいます。その結果、大雨などで全体的に破損してしまう場合があります。

したがって、大きな問題が見られなくても、経年劣化を見越して事前にリフォームしておくのがおすすめです。早めに対処することで、破損してから修理するよりも費用を抑えることができます。

2-5.台風や雪などの被害による破損

台風や雪などにより部品が破損した場合、火災保険に加入していれば、保険金で修理できる可能性があります。

ただし、火災保険を活用する場合、写真や診断書などを提出する必要があり、自分たちだけで完結することができません。そのため、「火災保険の申請サポート」を提供しているリフォーム会社に協力を求めましょう。

2-6.目に見える破損や雨漏りがあれば、早めに相談を

素人目でも分かる被害があれば、早めにリフォーム会社に相談するようにしましょう。

雨樋の機能が正常かを確認するには、雨の日に雨樋を観察する必要があります。雨水が地上へきちんと排出されているかチェックしてみてください。また、晴れの日に雨樋を確認した際、明らかな変色があったり、軒樋の傾斜がおかしかったりする場合も、リフォームを検討すると良いでしょう。

ただし、実際にリフォーム会社がチェックしなければ分からないことが多々あります。プロの目で見てもらいたい方は、現地調査を依頼すると良いでしょう。多くのリフォーム会社では現地調査を行っていますが、念のため見積もり時に確認してみてください。

3.雨樋を含めた外回りのリフォーム事例を紹介!

リフォーム作業

続いて、実際に行われたリフォームの事例をご紹介します。

3-1.台風で被害のあった雨樋を排水能力の高い雨樋へ交換

リフォーム事例

雨樋とテラスの波板が台風により破損してしまい、リフォームすることに。雨樋は排水力が高く、風や雪に強いものに取り替え、波板は耐久性のある製品に交換しました。

雨樋や波板のほか、外壁や屋根のリフォームも同時に行いました。外壁はひび割れに強い塗料で塗装し、屋根瓦は災害に強いものを採用したので、安心して暮らしていける家に仕上がっています。

3-2.経年劣化した雨樋を交換したリフォーム

リフォーム事例

経年劣化した雨樋を交換。さらに、外壁や屋根もリフォームしたので、美しく明るい家に生まれ変わりました。

外壁は、アイボリーの塗料を塗り直したことで明るい印象に。塗装を長持ちさせるため、下地処理も施されています。屋根には、雨漏り対策のため防水シートを施工。吸音材も使用されているので、雨音を軽減することができます。

3-3.あふれる水が気になっていた雨樋を清掃し勾配を調整

リフォーム事例

雨樋の水があふれてしまうのが気になり、リフォームを行いました。内部に発生したコケを除去し、勾配を調整しました。外壁と屋根のリフォームも同時に行ったので、キレイで上品な家に仕上がっています。

3-4.台風の被害で壊れた雨樋を外壁塗装に合わせて交換

リフォーム事例

雨樋が台風で壊れたため、外壁・屋根・外構も一緒にリフォームした事例です。雨樋は部分交換など他の選択肢もあったのですが、住まい全体の寿命を考慮し、全交換を行いました。外壁の濃いブラウンとブラックの雨樋がマッチする、シックでオシャレな家になりました。

3-5.屋根のデザインや色に合わせた雨樋へ交換したリフォーム

リフォーム事例

屋根のデザインに合った、シンプルなデザインの雨樋に交換しました。雪が原因で変形してしまった竪樋(たてどい)も交換し、以前よりも美しくスッキリとした見た目に。屋根は瓦を軽量の金属屋根に交換し、まるで新築の屋根のようですね。

4.雨樋をリフォームして気になるトラブルを解消しよう!

本記事では、雨樋のリフォームの値段や、その他リフォームの際に役立つ情報をお伝えしました。

明らかに雨樋が破損している場合は、早急にリフォームしましょう。しかし、目立った不具合がなくとも、設置してから15年以上経過している場合は、早めにリフォームを検討するのがおすすめです。まだあまりダメージがない場合は、最低限の費用でリフォームすることができます。

リフォームを成功させるために重要なのが、リフォーム会社選びです。しかしながら、信頼できそうなリフォーム会社を見極めるのは、なかなか難しいですよね。

そこで、ホームプロに相談してみてはいかがでしょう?ホームプロには、厳しい審査をパスした約1,200社のリフォーム会社が加盟しています。その中から、無料で複数のリフォーム会社を紹介してもらえますよ。

さらに、ホームプロは利用者の満足度が90%以上ですので、安心して利用することができるでしょう。ぜひお気軽にご相談ください。

また、以下のリフォームの費用も参考にしてくださいね。

▼お問い合わせ(お見積もりは)コチラ

▼雨樋のリフォームを含めた外壁・屋根のリフォームの費用

https://www.homepro.jp/hiyou/gaiheki/kodate.html

https://www.homepro.jp/hiyou/yane/kodate.html

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

外構・エクステリアのリフォーム
カテゴリ一覧

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ