1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. バリアフリーリフォーム
  4. コラム・ニュース
  5. 知っておきたい!バリアフリー情報

知っておきたい!バリアフリー情報

  • 最終更新日:2015-10-02

知っておきたい!バリアフリー情報

バリアフリー法では、エレベーターや階段、トイレなどに、「建築物移動等円滑化基準」と「建築物移動等円滑化誘導基準」が規定されています。駅や空港などの旅客施設に関しては、交通バリアフリー法がもとになっています。こうしたバリアフリー情報をまとめてみました。

バリアフリー法ではエレベーターのサイズも規定

バリアフリー法ではエレベーターのサイズも規定

バリアフリー法では各階の往来は、原則としてエレベーターで移動できるように定められ、車椅子の使用者や目の不自由な人が使いやすいものとすることも求められています。
バリアフリーの最低限の基準とされる「建築物移動等円滑化基準」と望ましいレベルとされる「建築物移動等円滑化誘導基準」で、それぞれエレベーターの寸法が規定されています。「建築物移動等円滑化基準」では出入口の幅は80cm 以上 、かごは奥行き135cm以上で幅140cm以上、乗降ロビーは150cm角以上です。

バリアフリー法の基準に適合する階段とは

バリアフリー法の基準に適合する階段とは

バリアフリー法で階段は、「建築物移動等円滑化基準」により、手すりをとりつけること、段は識別しやすくつまずきにくいものとすること、表面を滑りにくくすることとされ、踊り場には点状ブロック等を埋設することとされています。また、原則として主な階段は回り階段としてはなりません。
これに加えて「建築物移動等円滑化誘導基準」では、階段の幅を140cm以上、蹴上げは16cm以下、踏面30cm以上という寸法の規定があり、手すりも両側につけることが必要です。

バリアフリートイレの寸法とは

バリアフリートイレの寸法とは

バリアフリー法では、車椅子対応のトイレは、「建築物移動等円滑化基準」により建物に1つ以上、「建築物移動等円滑化誘導基準」では階ごとに2%以上必要です。「建築物移動等円滑化基準」ではこのほかに、手すりの設置や充分なスペースの確保が求められていますが、寸法に関する規定はありません。「建築物移動等円滑化誘導基準」においても寸法については、出入り口の幅が80cm以上とされているだけです。
実際にバリアフリートイレを設置するには、幅と奥行きともに200cmのスペースが必要です。

バリアフリー法に適合しているか、チェックリストを活用

バリアフリー法に適合しているか、チェックリストを活用

バリアフリー情報はさまざまなところで目にすることができますが、国土交通省ではホームページ

http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/build/barrier-free.html

に、「建築物移動等円滑化基準チェックリスト」と「建築物移動等円滑化誘導基準チェックリスト」を掲載しています。チェックリストには、施設の場所ごとにチェック項目が該当するか条文とともに載っています。

交通バリアフリー法とは

交通バリアフリー法とは

交通バリアフリー法は、2006年に施行されたバリアフリー法に統合されています。旅客施設といわれる駅や空港など公共交通機関のバリアフリー化について定めていた法律です。建築物に関するバリアフリー化に関しては、ハートビル法がありました。

身近な住まいのバリアフリーリフォームは、ホームプロを利用しましょう。最大8社のリフォーム会社の紹介を受けられ、見積もりを比較して依頼先を決定できます。

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ