1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 屋根塗装・葺き替えのリフォーム
  4. 屋根リフォームの基礎知識
  5. ウッドデッキに屋根は必要?おしゃれなリフォーム事例や費用を紹介

ウッドデッキに屋根は必要?おしゃれなリフォーム事例や費用を紹介

  • 最終更新日:2020-03-25

ウッドデッキに屋根は必要?おしゃれなリフォーム事例や費用を紹介

家の内と外とをつないでくれるウッドデッキは、機能的でもあり使い勝手の良さが期待できます。しかし、ウッドデッキは外にあり、雨や日差しによる紫外線の影響も受けやすいため、屋根を取り付けるべきか悩まれている方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、屋根付きウッドデッキにリフォームするときのメリット・デメリットや注意点などについて紹介します。ぜひ、ウッドデッキのリフォームをする際の参考にしてみてください。

屋根付きウッドデッキにリフォームするメリット


屋根付きウッドデッキにリフォームするメリットとしては、次のようなものが挙げられます。

・ウッドデッキの劣化を防ぐ
屋根付きにすると、ウッドデッキの天候による劣化を防ぐことができます。ウッドデッキは外部にあるため、そのままでは雨に濡れるのは避けられません。濡れた状態が長く続くと、ウッドデッキが傷みやすくなります。また、日差しがあたると紫外線の影響も受け、色あせや乾燥が進みます。その点、屋根付きウッドデッキであれば、雨や日差しが直接的にあたるのを避けることが可能です。

・室内への日差しや雨・雪の吹き込みを防止
室内に雨や雪が吹き込むのを防ぐことができます。ウッドデッキをつくるところは、掃き出し窓になっていることが多く、雨がウッドデッキに跳ね返り、室内に入りやすくなってしまいます。しかし、屋根があれば、夕立で窓を開けっぱなしであっても安心です。また、換気機能として開けておくと風通しが良くなります。夏場は室温上昇を避けられるため、冷房代の節約も期待できるでしょう。

・天気に左右されずウッドデッキを利用できる
天候に左右されることなくウッドデッキを利用できる点が便利です。日中留守にしていても、雨の心配をせずに洗濯物や布団を干すことができます。また、バーベキューをしたり読書をしたりしているときも、天気に影響されることがありません。

・目線隠し効果もある
近隣からの目隠し効果が期待できます。外の景色を楽しみたいと思っても、カーテンを開けているとプライバシーが気になりがちです。特に建物の2階以上に住む方からは見えやすくなっています。しかし、屋根があるとウッドデッキを利用しているときも、リビングでくつろいでいるときも視線をカバーできます。

屋根付きウッドデッキにリフォームするデメリット

屋根付きウッドデッキのリフォームを行うデメリットとしては、次のようなものが挙げられるでしょう。

・庭が狭いと開放感がなくなる
屋根を付けることで、多少なりとも開放感は少なくなります。庭がもともと狭い場合は、圧迫感が出てしまう可能性も否めません。

・室内へ日差しが入りにくくなる
夏場は強い日差しを防いでくれますが、逆に冬場は日当たりが悪くなり室温が下がって寒さを感じることがあります。

・屋根の掃除が大変・費用がかかる
ウッドデッキ部分の屋根掃除が必要な場合は、自分では容易にできずリフォーム会社に依頼するケースがあります。この場合は費用負担があります。

屋根取り付け時の注意点

ここからは、屋根付きウッドデッキを機能的に利用するためには、どのような点に注意すべきか紹介していきます。

・日差しが今までと変わらずに入るか、実際に相談する
屋根を取り付けることによって、日差しが遮られるものなのか、実際に取り付けたことを想定して検討してください。日差しの入り方は、建物の立地条件によって大きく変わります。しっかりと経験値のあるリフォーム会社に相談するようにしましょう。

・開放感ある空間スペースに出来ているか
庭に十分なスペースが確保されているか確認しましょう。屋根をつけることで開放感が大きく失われることがないように、リフォーム会社に事前に相談しておくと安心です。

ウッドデッキの屋根をDIYは危険

範囲が限られているからといって、ウッドデッキの屋根をDIYすることは避けてください。たとえ簡易的に見えても、台風や普段からの風雨に耐えられる強度が必要です。積雪地であれば、雪の重みにも耐えられる強度でなくてはなりません。また、DIYをするとなると高所で作業することになりますので、落下などの心配もあります。費用負担はありますが、しっかりとした強度で施工してくれるリフォーム会社に依頼するほうが、安全・安心のためにもおすすめです。

ウッドデッキに屋根を付けた施工事例と費用

上記でお伝えしてきたメリット・デメリットや注意点を踏まえて、実際にウッドデッキに屋根を付けた施工事例と費用をみていきましょう。

・1:人工木を採用したおしゃれなウッドデッキと遮熱効果のある屋根

ウッドデッキは天然木ではなく、木の質感がある人工木でつくられています。雨や紫外線の影響を受けにくいため、劣化を防ぐことができます。また、屋根は遮熱効果のあるものを採用して、日差しが室内に届いても暑さを遮る工夫があります。施工期間は5日、費用は87万円ほどです。

・2:ウッドデッキに階段をつけ、ゴミ出しにも便利

ウッドデッキをより便利に活用するために、階段をつけています。室内から外への移動がしやすくなり、ゴミ出しにも便利です。小さな子供さんや高齢者にも使いやすそうですね。施工期間は5日、費用は40万円ほどです。

・3:経年劣化の少ない人工木のウッドデッキに、雨を防ぐ少し大きめの屋根

経年劣化の心配が少ない人工木のウッドデッキであれば、長持ちするため交換のメンテナンス費用も削減できます。屋根をウッドデッキよりも大きめにすることで、雨にあたる範囲もより少なくなり、管理がしやすくなります。施工期間は1日、費用は32万円ほどです。

・4:腰パネル付きで目隠し効果もある屋根付きウッドデッキ

ウッドデッキの屋根を生かして腰パネルを取り付けることで、目隠し効果が期待できます。庭のスペースが限られていても圧迫感を出したくないときには、思い切って敷地一杯までウッドデッキをつくり、塀の替わりにパネルを利用するのも良いでしょう。施工期間は2週間、費用は165万円ほどです。

ウッドデッキに屋根を付けて用途の幅を広げよう

今回は、屋根付きウッドデッキをリフォームするときのメリット・デメリットや注意点、施工実例や費用の目安などについご紹介しました。ウッドデッキは、家の中と外がつながり、より暮らしくなることが大きな魅力です。また、屋根を付けることで洗濯物を干したり、換気がしやすくなったりなど、より機能的な用途も広がります。屋根を取り付けるときには、敷地や建物の条件をしっかりと検討して、必要な強度を保てるようにしていきましょう。

しかし、取付条件や素材の種類など自分だけではわからないことも多く、リフォーム会社に相談したいと思っていても、どうやって探せばよいか心配な方もいらっしゃるでしょう。そのような方には、ホームプロのご利用をおすすめします。

ホームプロは、全国約1,200社のリフォーム会社が加盟していて、屋根付きウッドデッキの工事経験を持つ会社が多数あります。ご利用は無料で、匿名での相談が可能です。自分が不安になっていることを気軽にお問い合わせすることができますので、ぜひご利用してみてはいかがでしょうか。

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ