1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 中古住宅のリノベーション
  4. 基本を知る
  5. ナチュラルテイストのリノベーションを実現したい!ナチュラルの魅力とは?

ナチュラルテイストのリノベーションを実現したい!ナチュラルの魅力とは?

  • 最終更新日:2019-03-02

ナチュラルテイストのリノベーションを実現したい!ナチュラルの魅力とは?

数あるリノベーションの中でも特に人気が高いナチュラルなリノベーション。ナチュラルとは言っても、どんな雰囲気なのかイマイチわからないという方もいると思います。今回は、ナチュラルテイストの魅力や実現するためのポイント、実際の事例をご紹介します。

ナチュラルなリノベーションの魅力

最も人気があるリノベーションの一つであるナチュラルテイスト。人気の理由は何にあるのか、ナチュラルテイストのリノベーションの魅力に迫ります。

自然の温もりと風合いで目にも身体にも優しい

ナチュラルテイストのリノベーションは、木材をメインに使用します。

自然の中にある木を見ると、どこかホッとしますよね。

ナチュラルテイストならそんなふうにホッとする素材に囲まれながら温もりを感じられ、目や身体も休まるはず。

自然素材で環境にも配慮

自然素材を利用することで、環境負荷を抑えられます。

また自然素材はメンテナンスがしやすく、壊れても部分修理をすることができるので、ゴミの量を減らせます。

シンプルモダンよりも温かみがある

ガラスや金属など無機質的な素材をメインに使うため、ややクールな印象が強めのシンプルモダン。木材をメインにしているナチュラルテイストは、シンプルモダンよりも温かみが感じられます。

エレガントより飾り気がなくシンプル

色や材質の絶妙なバランスで上品さや優雅さを演出するエレガントスタイル。プロであってもバランスをとるのが難しいと言われることもあるスタイルです。エレガントとナチュラルを比較すると、ナチュラルのほうがシンプルです。

カントリーよりクールで洗礼された雰囲気

自然素材を活かし、素朴で手作り感の温かみが感じられるカントリースタイル。自然素材を活かすという点はナチュラルテイストと同じですが、比較するとナチュラルのほうがややクールな雰囲気です。

ナチュラルなリノベーションを実現するおすすめポイント

ナチュラルテイストのリノベーションを実現するには、いくつかの点にこだわって進めましょう。以下のポイントをおさえれば、理想に近いナチュラルテイストを演出できるはずです。

パインやオークなどの無垢フローリング

“白で繋ぐ和洋折衷空間”

部屋の面積を大きく占めるフローリングは、特にこだわりたいところ。無垢のフローリング材は、主に以下の4種類です。どれを選ぶかによって大きくイメージが変わるので、しっかり吟味しましょう。

・パイン
はっきり大きく表れた木目で、ややカジュアルな印象が強いのが特徴。肌ざわりが柔らかく、素足にも気持ちいい素材です。

・メープル
乳白色に繊細な木目、さわやかで清潔感の感じられる素材。さわやかで繊細な印象とは反対に、材質はとても硬く摩擦にも強いです。年数を経ても色は大きく変わりません。

・杉
まっすぐな木目に明るい色合いで、素朴な印象が人気の素材です。加工しやすいことから、日本でも古くから建築物の素材として使われてきたので、懐かしさを感じる方もいるでしょう。保湿性が高く、やわらかい材質が特徴です。

・ヨーロピアンオーク
大きくゆったりとした木目、そして重厚感が特徴。「ヨーロピアン」とあるように、ヨーロッパでギリシャ・ローマ時代から家具に使われてきた、長い伝統を誇る素材です。年数が経つと深みが出て、重厚感が増します。硬くて強度もありますが、無垢材の中でも値段はやや高め。

明るい色の木や白でシンプルにまとめる

木のぬくもり、オシャレなマンションにフルリノベーション

ナチュラルテイストでポイントとなるのは、明るい色の木の温もり、そしてまっさらな白色です。上の事例では、全体に木を取り入れて、温もりあふれる空間となっています。

その他の事例を見てみると、家具などには色のあるものを取り入れている場合でも、床は無垢材、壁や天井は白やベージュなどの明るい色で統一して仕上げていることが多いようです。

すっきりとした直線や曲線を基調にする

優しいウッディな空間とステンドグラス

ナチュラルテイストのポイントの一つはすっきりしているということ。直線や曲線を基調にすれば、すっきり仕上がります。「直線だけでは何だか無機質」と感じたら、丸みのあるテーブルなどを選んでみるのもいいでしょう。上の事例では、アーチ型の開口部や丸みのあるカウンターで曲線を取り入れています。

生活雑貨や家具に木製のものを取り入れる

木を感じる森のコテージのような落ち着く家にしたい

部屋の大部分を占めるフローリングに無垢材を使うだけでなく、部屋を飾る家具・雑貨に木製のものを取り入れると、よりナチュラルな雰囲気に。

木といえば葉っぱのグリーンもよく合うので、上の事例のように観葉植物を取り入れてみるのもいいかもしれません。病気や害虫も少なく、育てやすい観葉植物も多いので、お手入れに不安がある方も一度試してみてください。

ナチュラルなリノベーションの事例紹介

では、実際にナチュラルテイストで仕上げたリノベーションの事例を部屋・部分ごとに見てみましょう。取り入れ方をぜひ参考にしてみてくださいね。

リビング

木の温もりが感じられるドアや床。壁は飾ってある絵が映えるように薄いブルーを採用。白やベージュなどの色でなくても、淡い色ならナチュラルテイストによく合います。

自然素材にこだわりのある家 参照)

ダイニング

薄いブルーがアクセントとなっているダイニングキッチン。壁・天井は調湿性能に優れた珪藻土塗り壁で仕上げています。

ナチュラルテーストの優しい空間 参照)

キッチン

フローリングとキッチンの扉に無垢材を採用し、キッチンカウンターは白やベージュなど淡い色で統一。キッチン横の壁には白いタイルを採用して、汚れやすい部分も掃除しやすいように工夫しているケースも。

よく使う場所であるだけに、汚れが気になるかもしれませんが、掃除のしやすさも考えて使う素材を決めるようにしましょう。

自然素材にこだわりのある家 参照)

寝室

明るい色の木材でドアやフローリングを統一。白い壁とも相性バッチリです。

輸入木製建具でナチュラルな空間作り 参照)

玄関

白い壁に木の温もりが感じられる玄関ドア、玄関の床にはタイルを合わせて映える玄関を演出。真っ白い壁の玄関は、入ると明るさ・開放感が感じられます。

タイルには木の色と同系色の茶色系を選ぶと、より統一感が出ます。

自然素材にこだわりのある家 お気に入りのモノたちに囲まれて暮らす 参照)

まとめ

ナチュラルテイストの魅力、感じていただけたでしょうか。自然の温もりや香りに包まれての生活は、きっとどこよりも落ち着けるはず。ナチュラルリノベーションで帰りたくなる家を作ってくださいね。

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ