1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 壁紙・クロスのリフォーム
  4. 壁紙・壁・クロスリフォームの基礎知識
  5. 壁紙・壁・クロスの機能(3)シックハウス予防

壁紙・壁・クロスの機能(3)シックハウス予防

  • 最終更新日:2015-06-08

壁紙・壁・クロスの機能(3)シックハウス予防

「壁紙・壁・クロスの機能(3)シックハウス予防」では、壁紙・壁・クロスのリフォームに関する基礎知識をご紹介しています。リフォーム会社選び実績No.1サイト「ホームプロ」が提供。

シックハウス症候群を規制する壁紙

シックハウス症候群とは、新築やリフォームのときに使われた化学物質によって引き起こされる病気です。壁紙などの内装材にも、かつては化学物質が使われていましたが、今では建築基準法によって規制され、安全性の高い壁紙が普及しています。

ホルムアルデヒドも、規制の対象となっている化学物質のひとつです。ホルムアルデヒドの発散量を示す基準としては、JIS(日本工業規格)が4段階で定めています。F☆☆☆☆(フォースター)は、放散量が少なく、ホルムアルデヒド等級の最上位規格を示すマークです。F☆☆☆☆と表示されている建材や内装材だけが使用面積が制限されません。F☆☆☆(スリースター)やF☆☆(ツースター)になると条件付きの使用や使用面積が制限され、F☆のものは内装材としての使用は禁止されています。購入の際は、カタログなどでチェックしてください。

また、2007年に日本壁装協会が定めた基準として「ISM壁紙※」が普及しつつあります。これはホルムアルデヒドをはじめ、あらゆる化学物質の発散を最小限に抑えた壁紙です。安全で健康的な室内環境を考えるならISMマークを選択の目安にする方法もあります。

化学物質の使用を制限する規制としては、ドイツのRAL(ラル)基準も有名です。RALは、ドイツの壁紙メーカー14社で設立した壁紙品質保証協会とRAL(ドイツ品質管理・標識協会)が、1990年に作成した壁紙の安全基準のことです。健康面、環境面などに多岐にわたって配慮しており、既存のヨーロッパ標準規格を上回る品質検査規定として知られています。RALマークを目印にしてください。

※ISM(インテリア・セーフティ・マテリアル 略称 イズム)壁紙とは、日本壁装協会(旧 壁装材料協会)が定めた自主基準。「生活環境の安全に配慮したインテリア材料に関するガイドライン」のこと。

自然素材を原料とした壁紙

自然素材やリサイクル素材を使用した壁紙には、おなじみの「エコマーク」がついているものもあります。

また、非木材グリーン協会(NPO法人)が認定する「非木材グリーンマーク」もあります。森林資源を節約し、CO2を吸収する非木材を使用する壁紙にマークがつけられています。たとえば、ケナフ、タケなどを材料にした非木材壁紙が普及しつつあります。

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ