1. ツーバイフォー(2X4)でも大丈夫。壁を壊して対面キッチンに!
事例一覧へ戻る

ツーバイフォー(2X4)でも大丈夫。壁を壊して対面キッチンに!

建物のタイプ 戸建住宅 価格 433万円
築年数 26〜30年 工期 1ヶ月
竣工年月日 2017年10月2日 構造 木造
施工地 神奈川県 相模原市南区 リフォーム箇所 キッチンリビング
家族構成 不明

詳細情報

[テーマ]間取り変更・スケルトン 、 明るく広々 、 デザイン重視

お客さまのご要望

リビングの壁を撤去したいが可能か。キッチンは対面型のキッチンにしたい。あわせて、ユニットバスとトイレも交換したい。勝手口はほとんど使わないし、和室などもリフォームしたい。毎日、使うトイレお風呂場、とくにキッチンやリビング(人が集まる場所)にお金を掛けたい気持ちがあります。

リフォーム会社のご提案

リフォームの内容について、お客様が具体的に要望をまとめていらっしゃいましたので、そのご要望にそってプラン作りのサポートを致しました。また構造上の問題や疑問について丁寧にお答えしました。
特に間取りの変更や、壁の解体についてはツーバイフォー工法のお住まいでしたので、安全面を重視しての施工方法を一貫してご提案しました。
キッチンは対面型に変えています。壁紙も一面だけ変更したり、また調湿、脱臭効果のあるエコカラットという建材を壁に貼り付けて、インテリアにもこだわりました。

Before

Before

施工前の図面です。ツーバイフォー住宅のため、壁が多く、動線に難がありました。またキッチンが壁に囲まれ、暗く閉塞感がありました。

After

After

必要最小限の解体に抑えて、移動のしやすい間取りに変更しました。またキッチンについては、壁向きから対面式に変更しています。リビングから和室へのドアも作り、スムーズな移動を実現しました。

このリフォームの詳細をチェック!

キッチン

キッチン

壁で塞がれて独立していたキッチンを、開放的な対面型(ペニンシュラのI型キッチン)に間取り変更しました。ツーバイフォー(2X4)構造のため、図面をよく確認して設計に注意しました。解体できない壁をサイドには残しつつ、対面側の壁はすべて解体しました。コンロ前はクリアパネルで開放感を失わず、油はねなどを防ぐ仕様にしています。落ち着いた木目調のパネルをセレクトして、インテリアの一部として見れるような仕上がりを目指しています。

間取り変更・スケルトン
収納充実
明るく広々
詳しく見る

リビング

リビング

リビングは床と壁紙を新しく張り替えています。床は下地から直し、壁はアクセントクロスやエコカラットも採用して、インテリアの質にもこだわっています。

間取り変更・スケルトン
明るく広々
自然素材・木質感
詳しく見る

このようなリフォームを実現できる
お近くのリフォーム会社を、複数社ご紹介!

この事例と同じ条件を指定した状態でリフォーム会社紹介にお申込みいただけます。

事例一覧へ戻る

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ