1. 自然素材の持つ断熱性や調湿性を活かし、快適なデザイン空間へ
事例一覧へ戻る

自然素材の持つ断熱性や調湿性を活かし、快適なデザイン空間へ

建物のタイプ マンション 価格 1,002万円
築年数 21〜25年 工期 3ヶ月以上
竣工年月日 構造 RC造
施工地 埼玉県 所沢市 リフォーム箇所 キッチンリビング
家族構成 夫婦+子供1人

詳細情報

[テーマ]全面改装 、 間取り変更・スケルトン 、 自然素材・木質感

お客さまのご要望

マンション1階にある施主様の家は暗くて寒いことと、結露の発生が悩みの種だったそうです。築23年のため、老朽化した水まわりの配管の傷みも心配でした。また、お子様が独立して、夫婦2人暮らしになるのに備えて設備やインテリアも変えたいと考えていたそうです。

リフォーム会社のご提案

自然素材断熱性や吸放湿性を活かして寒さや結露を解消することをご提案。セルロースファイバー珪藻土などの採用のほか、床は置き床工法によって床のゆがみを無くし、マンションの防音規定もしたうえで、栗の無垢フローリングを採用いただきました。また、洗面スペースにはデザイン性だけでなく、通気性を向上させるスリット入りのラウンド壁を設置しています。水まわりの配管を確認したうえで、キッチンはI型から2.列型に変更し、オープンな雰囲気のオリジナルキッチンにしました。

Before

Before

築23年が経ち、水廻り設備が老朽化してきたこと、マンション1階の暗さや寒さ、結露がお悩みだったこと、そしてお子様が独立されてご夫婦2人の生活になることなどから、今後を快適に生活できるよう、リフォームを決意されました。

After

After

壁に向いていたI型キッチンは家族と対話しながら調理できる2.列型にし、和室は洋室に変更しました。4枚引戸で仕切って寝室として、あるいは開け放してリビングと一体化し、オーディースペースとしても使えるようにしています。北側の洋室や洗面室の間取りも改装し、廊下もLDKの一部に取り込んで無駄のない間取りになりました。
古紙を原料とした断熱材のセルロースファイバーを床や壁に施工し、内装自然素材で仕上げています。

このリフォームの詳細をチェック!

キッチン

キッチン

家族に背を向けて調理していたI型からⅡ列型にしたことで、ダイニングやリビングにいる家族ともコミュニケーションを図りやすくなりました。キッチンのサイドには、ニッチを設けて小物が飾れるスペースにしています。キッチン前にはガラスブロックを施工し、今まで暗かったキッチンにも明るい光が届くようになりました。床や壁はタイルにして清掃面にも配慮しました。

間取り変更・スケルトン
明るく広々
子供が独立後の住まい
詳しく見る

リビング

リビング

約22.5畳の広さのLDKは、硬く湿気に強くて丈夫といわれる栗の無垢材をフローリングに。壁面には棚板にガラス、背面に白いレンガを使って飾り棚を造作しました。飾る小物を効果的に見せられるように配慮して照明はダウンライトを採用しています。

間取り変更・スケルトン
明るく広々
自然素材・木質感
詳しく見る
施工会社:株式会社OKUTA

このようなリフォームを実現できる
お近くのリフォーム会社を、複数社ご紹介!

この事例と同じ条件を指定した状態でリフォーム会社紹介にお申込みいただけます。

事例一覧へ戻る

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ