1. 夫婦二人暮らしにちょうど良い。快適・安全リフォーム。
事例一覧へ戻る

夫婦二人暮らしにちょうど良い。快適・安全リフォーム。

建物のタイプ 戸建住宅 価格 1,100万円
築年数 30年以上 工期 2ヶ月
竣工年月日 2013年12月2日 構造 木造
施工地 愛知県 知多市 リフォーム箇所 キッチントイレ外壁バルコニー・ベランダ収納
家族構成 夫婦

詳細情報

[テーマ]間取り変更・スケルトン 、 耐震補強 、 収納充実

お客さまのご要望

息子さん世帯に今まで住んでいた母屋を譲るので、敷地内の農作業小屋兼離れをリフォームして住みたい。
老後も安心なように、バリアフリーで使い勝手の良い住まいにしたい。夫婦二人住まいなので、どこにいてもお互いの気配を感じられるような広々した一続きの空間を希望。
また、小さい家だからこそ収納スペースを工夫してほしい。

リフォーム会社のご提案

築年数が古い為、耐震強度にも問題があり、耐震補強工事も同時にすることに。自治体の補助金を利用するようご提案。申請の手続きもさせて頂きました。耐震補強のほか断熱工事もしっかりして快適に過ごせるようにしました。
外観は和風をご希望でしたので、経年変化で風合いが出てくる板張りに。途中、奥様のアイデアでサイディングとのツートーンへ変更になりましたが、臨機応変に対応して喜んで頂けました。当初外装で使用する予定の木材内装で使用。木の香漂う落ち着く空間になりました。
収納は、もっとも考慮したポイントです。
農作業の道具を収める倉庫は、外からも玄関内からも出入りできるようにしました。
その上部や水廻りの天井裏には、広いロフトを作ることで十分な収納スペースを確保。
また、適所に収納を配置することで、使い勝手よく、物で囲まれた印象にならないようにできました。
また、お手持ちの家具もきっちりと納まるように計画し、見た目もすっきりと仕上がりました。
洗面室からも出られるベランダは、家事動線が良いうえ風通しも良くなり快適、というメリットがありました。

Before

Before

おもに農作業用倉庫として使用していたので、離れと言っても玄関も台所もなかった。
ガラス戸で区切られた和室が並ぶ昔ながらの間取り。

After

After

骨組みだけの状態にしてから、間取りは一新。
デッドスペースのない空間構成と充実した収納スペースの確保により、広々とした印象に。

このリフォームの詳細をチェック!

キッチン

キッチン

対面キッチンの背面には収納がたっぷり。 引出し式にして使い勝手よく。 家電もスッキリと収納できます。

オール電化
収納充実
詳しく見る

トイレ

トイレ

無垢材を使った腰壁と優しい色合いの花柄のクロスでくつろげるトイレに。

詳しく見る

外壁

外壁

経年変化で風合いの増す板壁張り。上部は白色のサイディングでアクセントにしました。

詳しく見る

バルコニー・ベランダ

バルコニー・ベランダ

建物南側にテラス屋根付きのバルコニーを設置。

詳しく見る

収納

収納

倉庫と水廻りの天井裏はロフトスペースに。

詳しく見る

このようなリフォームを実現できる
お近くのリフォーム会社を、複数社ご紹介!

この事例と同じ条件を指定した状態でリフォーム会社紹介にお申込みいただけます。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ