1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. ガーデニング・造園のリフォーム
  4. 庭・ガーデニングリフォームの基礎知識
  5. パーゴラってなに?おしゃれな庭を作るガーデンインテリアの施工例

パーゴラってなに?おしゃれな庭を作るガーデンインテリアの施工例

  • 最終更新日:2021-09-29

パーゴラってなに?おしゃれな庭を作るガーデンインテリアの施工例

パーゴラと聞いても「それ、なに?」という方もいるのではないでしょうか。しかし、実際に見てみると「あれ、パーゴラっていうんだ!」と納得されるはずです。

パーゴラは住宅の軒下や庭に設ける、木材で組んだ棚のことです。植物を這わせて植物棚として活用する他、日よけとして利用されています。公園にある藤棚も、パーゴラの一種です。

庭をおしゃれにするだけでなく、居住性、機能性を加えてくれるパーゴラは、実は身近なガーデンエクステリアなんです。

パーゴラの素材や施工、メリット・デメリットを、すてきな庭の事例とともに解説します。

1.パーゴラとは一体どんなもの?実はとても身近なガーデンインテリア

パーゴラのイメージ画像

「パーゴラって聞き慣れない…」という方も、きっと一度はパーゴラを見たことがあるはずです。なぜなら、パーゴラは住宅だけでなく学校や公園にもあり、とても身近なガーデンインテリアだからです。

パーゴラは庭に独立して設置するだけでなく、軒先やウッドデッキ、2階のバルコニーや屋上などに設けるケースもあります。

蔓状の植物を絡ませることもありますが、布地やアクリル製の板などで屋根を作り、居住性を高めたパーゴラもあり、植物棚からお茶を楽しむくつろぎの空間まで、用途もさまざまです。

パーゴラとはもともとはイタリア語で、ブドウ棚(pèrgola)を意味する言葉で、庭の景観を立体的に楽しみながら日陰でくつろぐ場所として、ガーデニングの一部に取り込まれています。

材質は木材が中心ですが、アルミサッシ建材やアイアンなどの金属材が用いられることもあります。

一般的にパーゴラは長方形ですが、形状に特に決まった定義はなく、正方形のほか、扇形や円形、アーチ型などのパーゴラも存在します。

2.パーゴラの屋根の種類は?庭の景観や天候にあわせて選ぼう

パーゴラのイメージ画像

パーゴラの屋根には大きく分けて3つの種類があります。

屋根なしタイプ:パーゴラではもっとも一般的な、骨組みだけのつる棚のような形状のものです。公園などでは藤棚として設置されることも多く、植物を絡ませるガーデニングにも使われています。開放感があり、植物を這わせて屋根状にすれば、葉が日よけになります。

布タイプ:屋根に日除け用のシェードを装着するタイプです。カフェなどでもオープンテラスの屋根として使用されることの多い形状で、緩やかに日差しを遮るおしゃれな雰囲気が人気です。シェードの脱着の手間がありますが、不要な時は取り外して屋根なしタイプとして使用できます。

ポリカーボネイト平板タイプ:骨組みにポリカ平板を装着するタイプで、屋根なしタイプと布タイプの両方のメリットを兼ね備え、実用性が高い形状です。とても丈夫ですが屋根の取り外しが簡単にできないため、降雪が多い地域では設置に注意が必要です。

3.パーゴラのメリット・デメリット

パーゴラのイメージ画像

庭の雰囲気と風景を変えてくれるパーゴラには、機能性やインテリア性の高さから大きなメリットがある一方、大型のガーデンインテリアならではのデメリットもあります。

どんなメリット・デメリットがあるのか、詳しく見ていきましょう。

3-1.パーゴラのメリット

屋根なしタイプでも植物を這わせたり、ターフやポリカ平板を屋根として取り付けたタイプは、日除けとして高い機能性を持っています。

また、おしゃれなパーゴラは庭のデザイン・景観としてアクセントになり、庭にくつろぎのスペースを作れます。パーゴラの下で気分転換をしながらお茶を楽しむのはとてもすてきですよね。

軒先に設置すればリビングの延長にもなり、アウトドアリビングとして雰囲気を楽しめます。ウッドデッキの上に設置すれば、日光や雨を遮って耐候性をアップし、ウッドデッキを長持ちさせてくれます。

3-2.パーゴラのデメリット

パーゴラに植物を這わせると、高さがあるため手入れが大変になります。また植物を屋根状にしても雨よけや完全な日除けにはならないため、雨天時には使用できません。

積雪が多い地域では、パーゴラに屋根を装着した場合や、植物を屋根状にした場合、パーゴラの積雪に注意して雪下ろしをする必要があります。

植物を屋根状に這わせた場合や、シェードが付いたパーゴラの場合、軒先に設置すると日差しを遮るので、室内がやや暗くなるのもデメリットの一つです。

4.パーゴラを活用するときの注意点

パーゴラのイメージ画像

パーゴラを実際に設置して庭のインテリアとして活用する場合、注意しておきたい点がいくつかあります。大型の庭具なので、万一の場合は大きな事故に繋がるケースがあるからです。

4-1.庭の建具なので、耐候性に注意してメンテナンスが必要

庭に設置する建具なので、どうしても風雨や日光の影響を強く受け、材質が劣化します。耐久年数に注意し、防腐剤の塗り直しなどメンテナンスはこまめにしましょう。

ぐらつきや軋みがある場合は、できるだけ早くリフォーム会社に相談し、修理してもらったほうがいいでしょう。そのまま放置すると、倒壊して事故の元になります。

4-2.積雪するエリアは屋根の設置はよく検討する

ターフやアクリル板などで屋根を付けた場合や、屋根なしタイプでも植物を這わせてある程度の密度を形成していた場合、積雪でパーゴラが倒壊することがあります。

毎年降雪があり、冬を通してある程度の積雪が続くエリアでは、パーゴラの屋根を設置するかよく検討しましょう。

4-3.基準風圧と設置高、積雪強度を守る

パーゴラには耐候性によって強度の基準が設けられています。設置したいパーゴラが堪えられる風圧や積雪量、設置できる位置の高さを確認し、必ず遵守してください。

誤った強度で設置すると、悪天候で倒壊するケースや、一部が壊れて吹き飛び、事故になるケースにつながります。

カタログを見てもいまいちわからないと思ったら、地域で長く建築に携わっているリフォーム会社に相談してみるのがおすすめです。

5.パーゴラの施工費用は?DIYはできる?

パーゴラのイメージ画像

パーゴラを実際に庭に設置するには、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。また、DIYでの設置が可能なのか、あわせて見てみましょう。

5-1.パーゴラの施工費用はケースバイケースで幅が大きい

パーゴラは材料費と施工費を合わせて考えます。簡単なもので10万円程度から、規模が大きいものやウッドデッキを含むと40万円以上になるケースもあります。また、堅牢なアルミ組材の場合、材料費だけで100万円を超えることもあります。

既製のパーゴラを購入して設置する場合でも、庭に設置する小屋や壁付式のほか、2階以上の高さに設置するタイプで費用が異なります。

パーゴラはケースバイケースで費用の幅が大きいため、どんなパーゴラをどこに設置したいのかをしっかりと検討し、予算内でどこまでできるのかリフォーム会社と相談する必要があります。

5-2.DIYは可能だが、DIYに慣れていないならプロに依頼しよう

パーゴラのDIYキットは、ホームセンターなどで2~5万円程度で販売されています。しかし、安いキットは細い金属材の組み合わせで見栄えがしないものが多く、しっかりとした太さの木材を組み合わせるようなキットは20万円以上と決して安くありません。

また、景観の良いパーゴラのDIYキットは高価なだけでなく、DIY用のさまざまな工具や、組み立てのための経験とテクニックも必要になります。

DIYに不慣れで費用を抑えたいことが目的なら、予算を伝えてリフォーム会社に依頼したほうが、安全かつきれいにおしゃれなパーゴラを設置できます。

6.庭を彩るパーゴラの施工事例10選を紹介

パーゴラのイメージ画像

それでは、庭にパーゴラを設置した事例を見ていきましょう。さまざまな庭や軒先のパーゴラはとてもおしゃれで、庭を彩り、くつろぎの空間を作ってくれます。どんなパーゴラが設置できるのか、ぜひ参考にしてください。

6-1.ほぼ新築!住み慣れた家から住みやすい家へ

ほぼ新築同然のリフォームを施した戸建の玄関には、こだわりのパーゴラを設置しました。木組みが落とす優しい光が玄関を彩ります。

施工後

玄関全体をカバーするパーゴラ。グレーの外壁に木組みの柔らかな色が映えます。

事例詳細:ほぼ新築!住み慣れた家から住みやすい家へ♪

6-2.庭空間を演出する個性的なパーゴラ

広い庭にくつろぎのスペースを作るため、庭を整備してウッドデッキとパーゴラを設置しました。

施工前

Before:直植えの植物が茂る庭。傾斜があり、日除けになる木や屋根がないため、開放感はありますがくつろぐには難しい状態です。

施工後

After: 傾斜に合わせてウッドデッキを組み、屋根をパーゴラにしました。紫のアクセントカラーが鮮やかに目を惹きます。ハンギングバスケットが掛けられる高めのラチスが印象的ですね。

事例詳細:庭空間を演出する個性的なパーゴラ

6-3.爽やかな風が吹く庭

もともと設置されていたウッドデッキに、日差し対策のためにパーゴラを設置しました。耐久性を考え、ハードウッドのウリン材を使用。害虫や雨に強く100年経っても強度が保たれる木材なので、長期間の使用も安心です。

施工前

Before:吹きさらしのウッドデッキは、直射日光があたり、くつろぐには少し難しい場所になっています。

施工後

After:ウッドデッキが加わり、庭の緑とパーゴラが映えるくつろぎの空間が生まれました。ウッドデッキでのティータイムが楽しみですね。

事例詳細:爽やかな風が吹く庭

6-4.ウッドデッキ

広々とした庭に、南に面した部屋と続くウッドデッキを造作しました。屋根なしタイプのパーゴラを設置し、日差し対策もバッチリです。

施工前

Before:コンクリートで覆われた広い庭は、日当たり抜群。しかし、せっかくの日当たりを活かせていませんでした。

施工後

After:サッシと高さを併せて出入りしやすく工夫したウッドデッキを設置して、庭の雰囲気ががらりと変わりました。ウッドデッキとお部屋がひとつながりになり、アウトドアリビングのようなすてきな空間です。

事例詳細:ウッドデッキ

6-5.駐車場からガーデニングが楽しめるプライべートな空間へチェンジ

車を使用しなくなったので、デッドスペースになっていたガレージを、スクリーンパネルとパーゴラでガーデニングが楽しめる空間にリフォームしました。柔らかな緑と木材の色が、白い外壁に映えてとてもおしゃれです。

施工前

Before:かつては車を止めていたガレージ。車を使わなくなったため、せっかくの空間ががらんと空いたままでした。

施工後

After:目隠しのスクリーンとパーゴラを設置してプライベート空間に作り変え、ガーデニングを楽しめるようになりました。外から目隠しされているので、お庭でのんびりとリラックスタイムを過ごせますね。

事例詳細:駐車場からガーデニングが楽しめるプライべートな空間へチェンジ

6-6.開放的なデザインのパーゴラポーチがお洒落なお庭

芝生が鮮やかな広い庭に、ウッドデッキから続く庭の日除けとしてパーゴラを設置しました。ウッド調のパーゴラが緑豊かな庭に馴染み、日差しとともに近隣のマンションからの目隠しも兼ねます。

施工前

Before:開放感溢れる広い庭ですが、日除けや目隠しになるものがなく、隣のマンションからの視線も気になります。

施工後

After:ウッドデッキから続く大きなパーゴラを設置して、屋根にはシェードネットを採用しました。日差しを遮りながら通気性のある編み込み素材で、夏場でも快適にすごせます。お庭で思い切り夏の思い出が作れそうですね。

事例詳細:開放的なデザインのパーゴラポーチがお洒落なお庭

6-7.中庭にパーゴラ風のおしゃれな物干し

中庭をゆったりとくつろげる空間にしたいというご希望で庭のリフォームをおこないました。土間にコンクリートを打ち、テーブルを出してティータイムが楽しめるすてきな空間になっています。

施工後

くつろぎの場にしたいという希望にあわせ、物干しもおしゃれ感を出してパーゴラ風に仕上げました。洗濯物を干したあと、テーブルを出してほっと一息、ゆるやかな時間が過ごせそうですね。

事例詳細:中庭にパーゴラ風のおしゃれな物干し

6-8.スカイデッキでプライベート空間を実現しました

古くなってしまったスカイデッキを取り壊し、新しいスカイデッキに作り変えました。耐久性の高いイペ材を採用し、しっかりと安定したデッキになっています。

施工後

存在感のあるスカイデッキは、門灯の雰囲気と合わさってとてもカントリーな雰囲気です。猫が遊べるように追加されたパーゴラのおかげで、スカイデッキ全体が庭のようにくつろげる場所に変わりました。パーゴラで遊ぶ愛猫とののんびりした時間、とても楽しそうですよね。

事例詳細:スカイデッキでプライベート空間を実現しました

7.庭の景観を立体的に演出するパーゴラですてきな庭造りをしよう

パーゴラは庭の景観を立体的に演出してくれるすてきなガーデンインテリアです。日除けや目隠しとしての機能性も高く、単調になりがちな庭にウッドの優しい色合いを加え、ゆっくりとくつろげる場所に変えてくれます。

2階のバルコニーのような狭い場所でも設置できるので、パーゴラを設置してみたいと思ったら、一度リフォーム会社に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

ホームプロでは厳しい審査をクリアした約1,200社のリフォーム会社が加盟しており、その中から地元の優良リフォーム会社を紹介してもらえますよ。無料で利用できますので、ぜひお気軽にご相談ください。


▼お問い合わせ(お見積もりは)コチラ

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

90万人以上

利用者数

9,189件

※2020年4月〜
2021年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

ガーデニング・造園のリフォーム
カテゴリ一覧

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ