1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. バルコニー・ベランダのリフォーム
  4. バルコニー・ベランダリフォームの基礎知識
  5. 屋根付きテラスにはどんな種類がある? メリット・デメリットを解説

屋根付きテラスにはどんな種類がある? メリット・デメリットを解説

  • 最終更新日:2020-12-22

屋根付きテラスにはどんな種類がある? メリット・デメリットを解説

テラスに屋根を取り付けて、もっと居心地の良い空間にしませんか?屋根付きテラスなら、雨を気にせずに済みますし、夏の日差しが強い日でも、子どもたちの遊びスペースとして活用できるでしょう。

しかし、テラスに屋根を設置するとデメリットが生じることも。リフォームの失敗を避けるために、リフォーム後のメリットとデメリットの両方をしっかりと把握しておきましょう。

そこで今回は、屋根付きテラスの種類やメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。後半では、実際に行われたリフォーム事例をご紹介します。

リフォーム後のテラスの写真を確認することで、理想のリフォームをイメージすることができるでしょう。ぜひ最後まで読んでください。

1.屋根付きテラスのニーズは、大まかに2つに分かれる

屋根付きテラス

屋根付きテラスのリフォームをしたい人は、屋根は欲しいけれど暗くなるのは避けたい人と、プライバシーを確保しながら洗濯物を干したい人の、2つのタイプに分かれます。

どのような屋根が、それぞれのニーズに応えることができるのでしょうか。次で詳しく見ていきましょう。

1-1.屋根がほしいが暗くなるのは避けたい人

日差しを遮らず、明るさを保つ屋根を選ぶと良いでしょう。

たとえば、ポリカーボネート製のクリアパネルがおすすめです。ポリカーボネート製のものは、太陽の光を取り込みながら、直射日光を適度にカットしてくれます。

ガーデンルームを作りたい方も、日差しを遮らないタイプの屋根を選択しましょう。やさしい光を浴びて、安らげる空間を作れます。

1-2.プライバシーを確保しつつ、洗濯物も干したい人

日差しを遮って和らげるタイプの屋根を選択しましょう。たとえば、前面や側面にパネルが付いているヴェクターテラスや、クリアマットのボード、オーニングなど。

プライバシーを保てるので、外からの視線を気にせず、洗濯物を干せるでしょう。また、日差しの強さが気になっている場所にもおすすめです。

2.屋根付きテラスのメリット・デメリットを解説!

屋根付きテラス

つづいて、屋根付きテラスのメリット・デメリットを解説していきます。メリットだけでなく、デメリットもしっかりと理解しておくことで、リフォーム後の後悔を防ぐことができます。ぜひ参考にしてください。

2-1.屋根付きテラスのメリット

屋根を設置することで雨や雪を防げるので、雨の日でも洗濯を干せます。梅雨の時期は特に重宝しますね。雨の吹き込みも減るので、窓の掃除も楽になるでしょう。洗濯物を干すスペースのほか、庭で使うものを収納するなど、物を置く場所も確保できます。

さらに、紫外線対策にもなりますので、テラスの傷みを防止したり、日焼けを予防したりすることができます。日差しの強さも和らげてくれるので、太陽のやさしい光で心地の良い時間を過ごせるでしょう。

テラスが広い場合は、リビングの延長のように使うこともできますよ。デザイン性の高いデザインを選べば、外観も良くなります。また、オシャレなテーブル・チェアや照明をセットして、素敵な空間づくりを楽しめるでしょう。

2-2.屋根付きテラスのデメリット

屋根付きテラスのデメリットは、台風や突風の影響を受けやすいことです。積雪が多い場合は、屋根が雪の重量で壊れる恐れもあります。気になる方は、耐強風タイプのものや積雪に対応したタイプのものを探すと良いでしょう。

屋根があることで、室内への日当たりが悪くなることも。夏は涼しく過ごせますが、冬は部屋が寒くなってしまう可能性があります。今既に冬の寒さに困っている方は、よく検討して決めるようにしてください。

また、屋根の汚れを掃除するのも大変です。素材や色によっては汚れが目立つことがあります。さらに、屋根を設置することで、広々とした空間が狭くなったように感じ、開放感が制限されます。開放感が欲しい方は、クリアなタイプの屋根を選ぶようにしてください。

3.自宅に合う屋根の素材タイプとは?

屋根付きテラス

テラスの屋根に使われる素材を4種類ご紹介します。各素材の特徴を紹介するので、自宅にぴったりの屋根の素材を検討してみましょう。

3-1.ポリカーボネート

前述したとおり、ポリカーボネートは日差しの明るさを保ってくれます。また、軽量で衝撃に強いです。熱エネルギーを遮ってくれる、熱線吸収タイプも存在します。

平板のものは、凹凸がなく見た目スッキリとしています。透明なものを選べば、開放感を与えてくれるでしょう。

波板は、その名のとおり波のように凹凸があるタイプの素材です。雨水が溜まったり、吹き込んだりしにくいのが特徴。ただし、汚れが気になる素材でもあります。

3-2.オーニング(可動式テント)

可動式の屋根なので、屋根が必要な時だけ使えます。強い日差しを防ぎ、紫外線をカットする効果もあります。

オーニングは、プライバシーを守りたい人にもおすすめです。露骨に視線を塞ぎませんので、周囲を嫌な気持ちにさせることもありません。

しかし、生地でできているため、劣化しやすいのがデメリット。またサイズが小さいものが多いので、テラスに合うサイズのものを探す必要があります。

3-3.サンルーム

サンルームとは、屋根だけでなくテラスを全体的にガラスで囲むタイプのものです。ガラス張りなので、太陽の光を多く取り入れることができます。日本では、リビングの外側に増設されることが多いです。

雨が吹き込まないので、テラスに洗濯物を干したい方におすすめ。気密性が高いので、冬場でもあたたかいのが魅力です。ただし、夏場は高温になりやすいので注意してください。

3-4.サンシェード

専用の布で日差しを遮るタイプのものです。風通しが良く日陰を作ってくれるので、部屋の温度を下げる効果があります。

さらに、紫外線をカットしてくれますので、肌だけでなく、室内のフローリングや家具の劣化を防げるでしょう。取り付けも簡単なことが多いのがメリット。しかし、価格が高めなのがデメリットです。

4.屋根付きテラスにリフォームする費用の参考価格はどれくらい?

電卓

屋根付きテラスにリフォームする場合、リフォームにかかる費用は約8~30万円が相場といわれています。以下に詳細な費用相場をまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

  • ● 出幅885ミリメートルの屋根:約8〜15万円
  • ● 出幅2695ミリメートルの屋根:約20〜30万円
  • ● 一般地用、通常仕様屋根材の場合(間口2000×出幅1700サイズ)
    *壁付けタイプ:約20万円(商品価格:約14万円 工事費用:約5万円)
    *独立タイプ:約21万円(商品価格:約14万円 工事費用:約6万円)

テラス部分がある場合は、費用は約10~20万円が相場です。ただし、耐震性・耐候性が高い素材の屋根を選ぶと、50万円程度になることも。さらに、施工リフォーム会社に支払う作業料金を合わせると、約15~30万円かかります。

既にある土台の上に、ウッドデッキを組んでサンルームを設置する場合、材料費は15~50万円程度。リフォーム会社の作業料金を合わせると、費用は20~60万円が相場です。タイルをウッドデッキの代わりに使う場合、材料費は15~20万円ほどになります。

リフォームにかかる費用は、施工内容や出幅によって変わります。そのため、詳しくはリフォーム会社に確認してみてください。

5.屋根付きテラスのリフォーム事例を紹介

屋根付きテラス

ここでは、屋根付きテラスのリフォーム事例をご紹介します。

5-1.ウッドデッキに屋根をつけたテラスデッキリフォーム

リフォーム事例

上手く活用しきれていなかったウッドデッキスペースに屋根を取り付けて、まるでリゾートホテルのような素敵な空間に仕上がりました。外観に調和する木目調アルミテラス屋根を設置し、快適に過ごせるだけでなく、見た目もオシャレです。

5-2.ウッドデッキ風テラスにオーニングを設置したリフォーム

リフォーム事例

庭にオーニングを設置し、屋根付きのウッドデッキ風テラスにリフォームした事例です。アウトドア感覚を味わいながらも、ゆったりと寛げる空間を実現しました。屋根があるので、日差しや雨も気になりません。

防犯面や周囲の目が気になるオープン外構でしたが、テラスを作ったお陰で安心して過ごせるようになりました。

5-3.屋根付きテラスで収納スペースを確保

リフォーム事例

二世帯になることから荷物が増えたので、テラスに屋根を設置して収納スペースを作り、問題を解決することができました。なるべく雨が入らないよう、丈夫なポリカネードのパネルを用いて、地面から屋根まで囲っています。

5-4.タイルテラスに屋根をつけて開放的な空間に

リフォーム事例

夏場でも外に出ることができ、子どもが遊べる空間にするため、ガーデンルームを設置することに。パネルを開閉することができるので、夏は涼しく冬は暖かいです。屋根があるお陰で、タイルからの照り返しを防ぐことも可能。

室内の快適さと屋外の開放感をあわせ持つ空間で、ゆったり心地の良い時間を過ごせます。

5-5.屋根付きテラスで洗濯物を干せるスペースに

リフォーム事例

洗濯物を干せるスペースを確保するため、屋根付きテラスのリフォームを行いました。高さを調整できる物干し竿掛けを取り付けたので、ご高齢の方でも楽に洗濯物を干せます。また、子どもたちが遊べるスペースとして使うこともできますね。

6.屋根付きテラスで快適なお庭に!

本記事では、屋根付テラスをリフォームする際のメリット・デメリットや費用相場、リフォーム事例についてお伝えしました。

前述したとおり、テラスに屋根を設置することで、雨や日差しを防げるなどさまざまなメリットがある一方で、デメリットもあります。「リフォームして良かった!」と思えるよう、ご自宅のテラスに合った屋根を選択してください。

しかし、素材の特徴などを把握したところで、どのような屋根がぴったりなのか、自分たちだけで判断するのは難しいですよね。また、リフォーム会社に頼みたいけれど、どうやって探せば良いか分からないと思っている方もいるのではないでしょうか。

そのような方におすすめなのが、ホームプロです。ホームプロはリフォーム会社紹介サイトで、利用者数80万人以上を誇ります。ホームプロには約1,200社のリフォーム会社が加盟しており、無料で複数の会社を紹介してもらえます。

独自の基準を満たす厳選された会社のみが加盟しており、利用者の満足度も高いので、安心して利用できますね。以下のリフォーム費用もご確認していただき、ぜひお気軽にご相談ください。

▼お問い合わせ(お見積もりは)コチラ

▼屋根付きテラス設置を含めたリフォームの費用(庭・外構エクステリア)

https://www.homepro.jp/hiyou/garden/kodate.html

https://www.homepro.jp/hiyou/exterior/kodate.html

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,189件

※2020年4月〜
2021年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

バルコニー・ベランダのリフォーム
カテゴリ一覧

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ