> リフォーム成功ノウハウ > 家族に見るリフォームどき > 家族の介護に備えて

家族に見るリフォームどき

家族の介護に備えて

2000年4月からはじまった介護保険制度では、住宅のバリアフリー化を推進するために、住宅改修費が20万円を限度に支給されるようになりました。 以下の6項目が適用されるリフォームです。

手すりの取り付け(トイレ・浴室・廊下・玄関など)
床段差の解消(トイレ・浴室・寝室・廊下・玄関など)
すべり防止や移動を円滑にするための床材の取り替え
ドアを引き戸などにする
洋式トイレにする
以上の工事を行うために、必要とされるその他の工事

またメーカーにより、介護保険の適用商品などもありますので、リフォーム前にきちんと確認しておくことが大切です。

リフォーム・トラの巻

介護保険を活用して、水まわりを中心にリフォームする

介護をするにあたって最も改修が必要となるのは、トイレや浴室などの水まわりです。手すりの設置はもちろん、間口を広くする、段差をなくすなどのリフォームを中心に行います。介護保険からサービスを受けるためには、介護認定が必要になります。介護認定を受けるためには、介護をうける本人か、家族が各自治体の介護保険課に申請し、何段階かの審査ののち、介護認定が出されます。
寝室の押し入れスペースをトイレに
寝室からトイレが遠いと、介護する側もされる側も不安です。そこで寝室の押し入れスペースを、思いきってトイレにしてみてはいかがでしょうか。押し入れに車イス対応のトイレを設置すれば、介護なしでトイレに行くことが可能になるかもしれません。

押入れをまるごとリフォームしてトイレをつくるユニット。立ち座りをサポートする手すり付、床は水洗いのできるトラップ付防水パンになっている。
参考資料/『押入れトイレルーム』TOTO
http://www.toto.co.jp/

浴室は、出入りしやすさを重視する

介護における入浴は、介護される側はもちろんのこと、介護する側も動きやすい環境・設備を整えておきたいものです。車イスのままシャワーを浴びることのできる間取りや、浴槽はいったん腰を下ろせるスペースのあるタイプのものを選ぶようにします。

介助者が手伝いやすいように2方向にエプロンが設けてある浴槽。浴槽のリムに腰掛けた時や、入浴中の姿勢を保持する握りバー付。
参考資料/『いたわり浴槽(2方半エプロン付)』TOTO
http://www.toto.co.jp/


車イスで移動できるよう、出入口の段差をなくす
トイレや浴室に入る際、出入口に段差があるとないとでは、格段に介護の手間が変わってきます。リフォームで段差をスロープにし、戸口の幅を広げておけば、車イスでもスムーズに移動ができるので便利です。

居室やトイレ、洗面所などの出入り口に設置すると、段差がスロープになり、 つまづきを防止する。
参考資料/『段差解消スロープ』TOTO
http://www.toto.co.jp/
ページの
先頭へ