1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 中古住宅のリノベーション
  4. 基本を知る
  5. 2LDKをリノベーション!費用感やポイントを知りたい!

2LDKをリノベーション!費用感やポイントを知りたい!

  • 最終更新日:2019-03-26

2LDKをリノベーション!費用感やポイントを知りたい!

子供が小さい、またはいない夫婦やカップルに人気の2LDK。LDKのほかに2部屋あり2人世帯に使いやすい間取りとして人気ですが、2LDKを広々とした1LDKにしたり、家族の変化に伴い間取り変更を検討したりするなど、理想の住み方に合わせてリノベーションの検討をしているという人も多いのではないでしょうか。今回は2LDKをリノベーションするポイントや予算、実例などについてご紹介していきます。

2LDKの特徴やメリット・デメリット

スモールファミリーに人気の2LDK。2LDKの特徴や使い方などについて見ていきましょう。

2LDKの特徴や使い方

2LDKはリビング・ダイニングキッチンのほかに2部屋をしっかり確保できる、カップルや新婚夫婦に人気の間取り。また子どもが小さかったり、またひとりだったりする場合でも使い勝手の良く、人気です。

子どもがいなければ一つは寝室・もう一つはフリースペースに、将来的に子どもができた場合や子どもがいる場合は、2つある部屋をそれぞれ夫婦の寝室と子どもの部屋に使うというケースが多いようです。2LDKのリノベーションの場合、リビングと隣接している部屋の壁を取り払って、広々としたリビングにするのが人気です。

2LDKのメリットは?

2LDKの物件は、リビングスペース以外にキッチン以外に部屋が2つあるため2人以上で住んでもプライバシーが守れること、また子どもができたり家族構成に多少の変化があったりしても対応しやすいというメリットがあります。また間取りのバリエーションが多く、生活スタイルや好みに合わせた物件を選びやすい、という点もポイントです。

2LDKのデメリットは?

一方、2LDKは1LDKなどと比較して床面積が広くなるため、都市部や利便性が高いエリアでは家賃が高くなる傾向にあります。また古くから定番の間取りのため、築年数が経過した物件も多く、そういった物件ではエアコンなどの設置がされていなかったり、そもそも設置ができない部屋があったりする場合もあります。またリビングにキッチンが設置されていることが多いので、生活感が出やすいのもデメリットです。

2LDKリノベーション事例 をチェック!

住む人に合わせた理想の部屋づくりができるリノベーション。実際に2LDKの住まいをリノベーションした事例を見てみましょう。

子どもの成長に合わせたリノベーション

効率的なレイアウトで広く住む。家族で楽しむフレンチスタイルに

子どもの成長に合わせて、手狭になった子供部屋を拡張。同時に収納も増やしたリノベーション事例。2LDKを1LDKに変更し、夫婦の寝室はバーチカルブラインドでLDとの間を仕切り、日中はブラインドを上げて広々とLDKとして使用。ホワイトを貴重としたリノベーションで、ゆとりと清潔感がたっぷり感じられる住まいに。

生活動線に配慮したリノベーション

間取りのミスマッチを解消

部屋は2部屋ありながら、狭さや導線の悪さを感じて使いにくかった2LDKを、スケルトンリリノベーション。広いリビング側に向けて独立型のキッチンを90度移動させ、フルオープンの対面式に変更。コミュニケーションの取りやすいLDKに生まれかわりました。また、玄関横の部屋とクローゼットをつなげて、広々とした大きなシューズクローゼットとクローゼットに。導線も効率的で、自分らしい空間に生まれ変わりました。

収納力と使いやすいキッチンスペースにこだわったリノベーション

ご夫婦2人の住み替えリフォーム。収納重視の住まいづくり

お子様が独立し、利便性の良い場所へ住み替えをしたご夫婦のリフォーム。リビングとキッチンスペースに収納をたっぷり設置し、使い勝手と収納力はバツグン。お子様が帰って来た時用に、リビングの一部を仕切って新たに部屋を増やすリノベーションを行いました。

水回りの使い勝手の良さを考えたリノベーション

マンション リフォーム工事

水回りをリノベーション。水回りが高級感のある、使い勝手の良いスペースに生まれ変わりました。同時に壁面クロスも高級感があるエコカラットに。水回りと同時に、住まい全体が洗練された雰囲気になりました。

部屋数を増やすリノベーション

家族が増えたりお客様のスペースを確保したりするため、2LDK→3LDKと部屋数を増やすリノベーションを希望する場合もあるでしょう。部屋巣を増やすリノベーションについて、その方法やメリット・デメリットをみていきましょう。

部屋数を増やすリノベーション、どんな施工方法がある?

部屋数を増やすリノベーションには、間仕切りや壁をつくるなど、現在の間取りを生かして部屋を増やすリノベーションと、いったん壁などを撤去しスケルトン状態にして、一からフルリノベーションを行う方法があります。当然フルリノベーションの方が、自由度が高くなりますが、コスト面で大きな差があります。

2LDKを3LDKに変更するメリット・デメリット は?

2LDKから部屋を増やして3LDKにする場合、単に部屋数が増えるということだけでなくさまざまなメリットがあります。たとえば物件を売却することになった場合、2LDKよりも3LDKの方が、人気が高く売却価格が高くなる可能性が大きいと言えるでしょう。2LDKの間取りは賃貸派も多いのですが、子どもがいることが多い3LDKの住まいを探す人は、購入派という確率が高くなります。またフルリノベーションをする場合は、電気系統や配線が露出するので、これまで隠れていた箇所を点検することができます。

一方2LDKを3LDKに変更する場合、ベースとなる空間は変わらないので当然一部屋あたりのスペースが狭くなるというデメリットがあります。またこれは部屋数を増やすリノベーションに限ったことではありませんが、フルリノベーションをする場合は仮の住まいを手配しなければなりません。

気になる費用は?間取り変更別の費用相場とポイント

それでは気になる費用相場を、間取り変更別にみていきましょう。

2LDK→3LDKの費用相場

部屋を増やすリノベーションは、既存の壁などを活かして簡易的な棚や引き戸を設置する方法や壁や扉を追加する方法などがありますが、前者であれば10万円程度〜、後者でれば50〜70万円程度の費用感を見込みましょう。フルリノベーションの場合は300万円前後〜と考えて起きましょう。そのほか水回りや壁・床なども変更する場合は、追加費用が必要です。

2LDK→1LDKの費用相場

2LDKを広々1LDKに変更するリノベーションの場合、壁を撤去するなど部分的なリノベーションは20万円〜、スケルトン状態にしてゼロからフルリノベーションする場合は500万円〜が相場となるでしょう。部屋数を減らすリノベーションの場合、注意したいのが撤去不可の壁などの存在。構造上どうしても撤去できない壁や柱がある可能性があるので、部分リノベーションを希望していても、結局フルリノベーションが必要となるケースもあります。

3LDK→2LDKの費用相場

3LDKの物件は、壁を撤去して広々とした2LDKへのリノベーションニーズが高くなっています。フルリノベーションを行う場合は、解体面積が広くなる分、他のフルリノベーションに比べて高額になるケースがあります。費用相場としては壁や間仕切りの撤去など簡易的なものは20万円〜、フルリノベーションで約700万円~くらいとなります。

コストを最小限におさえるポイントは?

リノベーションを検討すると、コスト面との折り合いがかならず発生するものです。

そこでここでは、コストを最小限におさえるポイントをご紹介いたします。

フルリフォームの場合

フルリフォームの場合は、工事中の仮住まいなど、工事以外のコストもしっかり算出して予算に組み込んでおきましょう。

また気をつけたいのがマンションのリフォーム。高層階のリノベーションは、低層階よりも高額になるケースがありますので、事前に確認をしておきましょう。

予算オーバーしないように、リフォームする内容に優先順位をつける

おおよその予算を決めて、希望の変更箇所に優先順位をつけましょう。希望予算を決めないと、際限なくコストがかかってしまいます。

また優先順位をはっきり決めておかないと、後々「あそこもやっておけば良かった!」と後悔することに。

まとめ

ライフスタイルや家族の変化に伴い、リノベーションしやすい2LDK。理想の住まいを形にしやすいリノベーションは魅力的ですが、依頼する会社によって仕上がりの満足度や費用感には差があります。後悔しないためにも、さまざまな会社を比較して、満足のいくリノベーションをしてくださいね。

このページのポイント

2LDKのメリット・デメリットとは?
メリットは、部屋が2つあるため2人以上で住んでもプライバシーが守れること、家族が増えても対応しやすい点です。デメリットは、都市部や利便性が高いエリアでは家賃が高くなること、築古の物件ではエアコン等の設備の設置が難しい物件もある点です。
(詳しくはこちら
2LDKの間取りを変更する場合の費用はどれくらい?
2LDKから3LDKに部屋数を増やす場合は、簡易的なリフォームで10~70万円程度です。フルリノベーションであれば300万円前後必要になります。2LDKから1LDKに減らす場合、部分的なもので20万円~、フルリノベーションで500万円~となります。
(詳しくはこちら

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ