> リフォーム実践Q&A > 施工開始後の落とし穴

工事中の業者の車はどこにおけばいいの?

リフォーム工事が始まると、業者の車(道具や資材を積んだ車)を停める駐車スペースが必要になります。

マンションの場合、お客さま駐車スペースがある場合はそこが使えますが、1台分しかない場合は、 工事の効率を考えて自家用車はコインパーキング等に停め、マンションの駐車スペースは業者のスペースにしましょう。
また、いくら周辺道路に駐車する余裕があっても、 違法駐車は近隣の迷惑になりますので注意してください。

駐車スペースをどう使うかについても業者と事前に話し合っておきましょう。


マンションの玄関がオートロックなのだが、どう対応したらいいの?

業者は道具や資材など運搬するために、 1日に何度もマンションの玄関を出入りしなければならないことがあります。 玄関がオートロックの場合、 いちいちインターフォンから呼び出しを受けるのも煩わしいものです。 業者にとっても同様でしょう。

こんな場合はオートロック開放キーを業者に渡しておくと良いでしょう。
工事が始まる朝に渡しておき、その日の工事終了時に返してもらうようにします。


どの見積書が最新のものかわからなくなってしまった?

業者との度重なる打ち合わせを通じて変更された部材や仕様について、 その都度新しい見積りが作られます。何度も見積りをもらううちにどれが最新のものかわからなくなることがあります。 そのような事態を避けるために「リフォームノ—ト」を用意しておき、 見積り書などをどんどん貼り付けていくのが良いでしょう。

また、このノートにはデザインアイデアや参考資料なども貼り付けておけば、 業者との打ち合わせ時に見せることができますし、資料の紛失も免れます。

リフォーム中の写真をストックしておくこともできますし、 リフォーム終了時には「わが家のリフォーム記録」として記憶にも記録にも残ることになります。


ホームプロがあなたのリフォームをサポート

ホームプロは厳選されたリフォーム業者をご紹介するだけでなく、リフォーム完成まで、
お客さまに役立つサービスを提供いたします。もちろん無料です。

  • ホームプロの業者紹介サービスを申込まれた方には、
    リフォームの進め方やノウハウの詰まったメールをお届けしています。
  • リフォーム業者との商談でお悩みのことがあれば、会員専用ページから、専用相談員に
    メールで質問ができます。第三者の立場からアドバイスいたします。(リフォーム相談室)

ページの
先頭へ