> リフォーム実践Q&A > 業者との交渉術

値引き交渉はしてもいいの?どこまで可能なの?

値引き交渉する際の一般的な注意点には次のようなものがあります。

他社と比較して、大幅に高いないしは安い見積りには注意が必要。
見積り価格が高い場合は、値引き交渉を前提に計算していることがあります。 「値引きしてもらえますか?」と声をかけた途端、簡単に大幅な値下げをする会社は、 あらかじめ値下げ分は見積りに入れていたと考えられます。 値引き交渉の声をかけられなければ、あわよくば高い値段で受注しようという魂胆が見受けられますので、 そういった会社は避けることをお勧めします。
適正な利益をもとに見積りが作られていれば、
簡単に大幅値下げをすることはできない。
無理な値下げをさせて、適正価格を下回ってしまうと、価格の安い粗悪品を使ったり、 工賃を安くするために熟練の職人でなく、単価の安い未熟な職人を使ったりすることも考えられます。

なかでも、1社に決めた後に値引きをすることはお勧めできません。 リフォームの中身が決まった後に値段を下げられたのでは、 会社は利益を確保するために原価を下げるための工夫をするしかありません。 行き過ぎた値引き交渉はされないことをお勧めします。


業者によって余りにも金額が異なる場合はどうする?

会社によって工事の内容や使用する素材が異なる場合、
その分金額に違いが出る可能性があります。

部材の種類や数量が同じなのにもかかわらず金額の差が大きい場合、見積りが高額だったリフォーム業者に対し、 「他の会社に見積りを取ったところ、御社より●●万円安い金額を提示されました。 この差は何でしょうか?」などと金額の詳細を問合せしてみることをお勧めします。


選定業者以外への断り方は?

理由をきちんとお伝えいただくか、もしくは今回は他社で検討したい旨を連絡されるのがいいでしょう。

電話で断るのが心苦しい場合は、ホームプロの商談画面から「お断り」ボタンをクリックして、 そこにお断りの理由やお礼のコメントを添えていただきますと、施主の気持ちがリフォーム業者にしっかり伝わります。


ホームプロがあなたのリフォームをサポート

ホームプロは厳選されたリフォーム業者をご紹介するだけでなく、リフォーム完成まで、
お客さまに役立つサービスを提供いたします。もちろん無料です。

  • ホームプロの業者紹介サービスを申込まれた方には、
    リフォームの進め方やノウハウの詰まったメールをお届けしています。
  • リフォーム業者との商談でお悩みのことがあれば、会員専用ページから、専用相談員に
    メールで質問ができます。第三者の立場からアドバイスいたします。(リフォーム相談室)

ページの
先頭へ