> リフォーム実践Q&A > 相見積りの上手なとり方

見積りを比較検討する際の決め手は?

リフォーム工事経験豊かな業者であれば、大まかな情報からでも、だいたいの予算の目安(概算費用)を提案できる業者もいます。

リフォーム業者を絞り込む際の有効な手掛かりにしてはいかがでしょうか。

多くの見積りの中から金額と提案のバランスが良く、納得のいく業者を2社程度に絞り、相見積りと現場調査を依頼するのがいいでしょう。 現地調査に立ちあう労がとれる場合は2社以上でも問題ありません。


相見積りはどのようにしたらいいのですか?

概算での見積りは通常無料ですが、本格的な図面と詳細な見積りを作成する場合については、 プランニング料などの名目で料金を請求されることもあります。

念のために、「見積りは無料ですか」「無料の見積りの範囲はどこまでですか」と確認されることをお勧めします。

各リフォーム会社に相見積りであることを伝え現地調査を依頼する

詳細な見積りに関しては、やはり現場を見てからとなります。
現場調査のポイントは、

  • 複数社同時に調査を依頼せず、1社ずつ単独で調査してもらう。
  • 見積り条件・内容は、各社に同じものを伝える。
  • 積極的に担当者と話して、コミュニケーション力・姿勢を探る。

などです。
とくに(3)は最も重視すべき点といっても良いポイントです。 担当者の対応や人柄が好みに合うかどうかは、リフォームの計画を気持ち良く、 納得のいくものに仕上げるために必要不可欠です。 こちらについても、メールのやり取りは勿論、 実際にお会いいただいて打ち合わせをされた際の印象などを考慮して判断してください。


相見積りしないよう業者から依頼があったがどう対処したらいい?

リフォーム会社の方針として、見積りや提案のプロセスがある程度進んだ際に、 他社の商談を全て断ることを条件としている会社もあります。

納得感があれば、商談を進めていただければと思いますが、 違和感を感じられるようであれば、お断りいただくことをお勧めします。


ホームプロがあなたのリフォームをサポート

ホームプロは厳選されたリフォーム業者をご紹介するだけでなく、リフォーム完成まで、
お客さまに役立つサービスを提供いたします。もちろん無料です。

  • ホームプロの業者紹介サービスを申込まれた方には、
    リフォームの進め方やノウハウの詰まったメールをお届けしています。
  • リフォーム業者との商談でお悩みのことがあれば、会員専用ページから、専用相談員に
    メールで質問ができます。第三者の立場からアドバイスいたします。(リフォーム相談室)

ページの
先頭へ