1. ホーム
  2. リフォーム事例
  3. コックピット書斎を設けコミュニケーションが取りやすいLDKに
事例一覧へ戻る

コックピット書斎を設けコミュニケーションが取りやすいLDKに

建物のタイプ 戸建住宅 価格 1,250万円
築年数 30年以上 工期 3ヶ月以上
竣工年月日 構造 木造
施工地 埼玉県 加須市 リフォーム箇所 キッチンリビング
家族構成 夫婦+子供2人

詳細情報

[テーマ]間取り変更・スケルトン 、 収納充実 、 自然素材・木質感

お客さまのご要望

キッチンから書斎が遠く、帰宅後、書斎でパソコンを使うCさまとキッチンにいる奥様がコミュニケーションをとりづらい間取りだったそうです。また北向きのキッチンは家族がくつろぐ部屋に背を向けて家事を行うことになり、お子さまを見守ることができないことがご不満でした。

リフォーム会社のご提案

和室や広縁などを合わせて広々としたリビングダイニングに変えました。キッチンを対面型にし、リビングダイニングの中央にコックピット(操縦席)のような書斎を設置。共働きのご夫妻が家で過ごす短い時間でもコミュニケーションをとりやすくし、小さなお子さんを見守りやすい間取りにしました。リビングダイニングに違和感なく溶け込むように書斎の壁にはアールを付け、一段高くすることで書斎に入った際に空間の変化を意識させるように工夫。アール状の壁のクローバーは、家族の記念としてCさまがタイルで製作しました。

Before

Before

4LDK

After

After

3LDK

このリフォームの詳細をチェック!

キッチン

キッチン

白を基調としたキッチン。カフェのような雰囲気と清潔感溢れるスペースになりました。抜けない柱に棚板を渡してグリーンを飾るスペースにしたり、かわいい照明を付けて活用することで、圧迫感を軽減しています。対面キッチンにした結果、リビングダイニングや書斎にいる家族と会話しながら料理ができるようになりました。

リノベーション
デザイン重視
趣味や嗜好を中心に
詳しく見る

リビング

リビング

平屋の構造を活かし、リビングは吹き抜けにし、ご主人様の書斎はリビングの中央にレイアウトしました。共働きのご夫婦にとってコミュニケーションの時間を有効に図れる間取りです。そして広々としたリビングで遊ぶ子供たちやキッチンで家事をする奥様を一家の主が見守れるレイアウトでもあります。 天井を取り払って吹き抜けにし、梁を見せるようにしたことで空間に開放感が生まれ、家族の思い出のひとつとなるように書斎の壁にはご家族の手形を残しました。

間取り変更・スケルトン
明るく広々
デザイン重視
詳しく見る
施工会社:株式会社OKUTA

最近見た事例

このようなリフォームを実現できる
お近くのリフォーム会社を、複数社ご紹介!

この事例と同じ条件を指定した状態でリフォーム会社紹介にお申込みいただけます。

事例一覧へ戻る

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ