1. ホーム
  2. リビング・ダイニングリフォーム
  3. 事例
  4. 事例詳細
事例一覧へ戻る

等身大の暮らしを楽しむダイニング

等身大の暮らしを楽しむダイニング
建物のタイプ 戸建住宅
価格 60万円(単独工事をする場合の概算です)
築年数 26〜30年
工期(全体) 1ヶ月
面積 23.40m²
その他採用機器・設備 ガラス
施工地 三重県 津市
家族構成 夫婦

詳細情報:

[テーマ] デザイン重視 、 趣味や嗜好を中心に 、 子供が独立後の住まい / 素材:指定なし / 広さ:指定なし / 和洋変更:指定なし / その他採用機器・設備:ガラス戸

お客さまのご要望

以前、知人から譲ってもらった古い建具があります。
家の雰囲気に合わないこともあり、「いつかリフォームをした時のために使いたい」と、大事に保管していました。
良い機会ですので、LDK内に取り付けてもらえないでしょうか。

リフォーム会社のご提案

LDK・和室間のふすまは、敷鴨居はそのまま、ガラス障子戸に建具本体のみを取り替えました。
「ぜひ使いたい」という要望をいただいた古建具は、ガラスのみ再利用することに。
デザインも新たに生まれ変わり、LDKと和室を繋ぐ役割を担います。

ドアの向こうの廊下側は、今回工事をしないため、建具本体のみ製作して取り替えました。
既存のドア枠は、LDKの雰囲気を損なわないよう、ウォールナットほど濃すぎないチーク系の色味で塗装しました。

使えそうな木製家具は引き続き使うことに。インテリアの雰囲気はガラリ変わりましたが、木目の室内と調和しています。
不要な家具は撤去したことで、適度な余白が生まれ、古家具の良さが生きるようになりました。

Before

Before

重厚感のあるカントリー調の家具に囲まれ、窮屈な印象を受けるリビングダイニング。通路が狭く、通りづらい場所もありました。

After

After

不要な家具は撤去して、すっきりと片付きました。使える家具はそのまま生かし、和風の空間とも調和しています。
天井は、ホワイトから網代風クロスにしたことで、床の間茶室のような趣を感じさせます。

Before

Before

南側が大通りに面しており、外からの目線が気になりました。大きな窓へのカーテンは必須でした。

After

After

以前から使われているダイニングテーブルは、ご夫婦自ら和風テイストに合う色に塗り直されました。お子様の帰省や来客時でも、十分な広さがあり、作業机としても活躍しています。
窓には、和素材のプリーツスクリーンを設置。採光や通風にも便利になりました。

このようなリフォームを実現できる
お近くのリフォーム会社を、複数社ご紹介!

この事例と同じ条件を指定した状態でリフォーム会社紹介にお申込みいただけます。

よく似た事例

最近見た事例

予算や条件など、ご要望にぴったりの
リフォーム会社を最大8社ご紹介します。

今お考えのリフォームの詳しい条件をご登録いただくと、イメージにあった会社をご紹介しやすくなります。

事例一覧へ戻る

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ