1. ホーム
  2. リビング・ダイニングリフォーム
  3. 事例
  4. 事例詳細
事例一覧へ戻る

穏やかな時間が流れるリビング

穏やかな時間が流れるリビング
建物のタイプ 戸建住宅
価格 40万円(単独工事をする場合の概算です)
築年数 26〜30年
工期(全体) 1ヶ月
面積 23.40m²
その他採用機器・設備 造作対面カウンター、タイル
施工地 三重県 津市
家族構成 夫婦

詳細情報:

[テーマ] デザイン重視 、 趣味や嗜好を中心に 、 子供が独立後の住まい / 素材:指定なし / 広さ:13畳〜16畳(〜約26㎡) / 和洋変更:指定なし / その他採用機器・設備:造作対面カウンター、タイル

お客さまのご要望

昔好きだったカントリー調のインテリアも、年月とともに好みが変わり、古き良き和の古家具を好むようになりました。
それに、私たち夫婦は、家づくりやインテリア、DIYが大好き。木や石・タイル・漆喰などの自然素材のある肩肘張らない暮らしに憧れています。
せっかくリフォームするなら、落ち着いた古民家のようなLDK暮らしてみたいですね。

リフォーム会社のご提案

カントリー調のイメージをガラリと変えて、コーディネートして欲しいというご要望でした。

キッチンの配置はそのままに、垂れ壁・吊戸棚を撤去し、構造上必要な柱だけを現しにして残しました。
垂れ壁・吊戸棚がなくなったことで、リビングダイニングへの視線が抜け、広々と開放的な空間になりました。

床材や家具など、リフォームしない箇所との調和を図るため、主要な柱や造作棚、建具などの無垢の素材は、すべて浸透性のウォールナット色で塗装。
天井は網代風クロスを貼って、古民家風のイメージに一新しました。

Before

Before

カントリー調と和の古家具が点在し、統一感に欠けていました。
壁付対面キッチンは、食器の受け渡しに使うカウンター部だけ開口が空いていました。

After

After

遮っていた垂れ壁・吊戸棚を取り除いたLDKは、明るく開放的。既存の無垢の素材は、ウォールナット色で塗装しました。ご夫婦の大切な古道具と良く合い、時代を経たからこその味わいを一層引き立てます。
ソファーに座りながら、読書をしたり、何気ない会話をしてみたり。リビングで穏やかな時間を過ごしているそうです。

Before

Before

リビングの雰囲気に合わせて、ナチュラルカラーの新建材を使った出窓カウンターも洋風でした。

After

After

出窓カウンターに、キッチンと同じ黒色モザイクタイルを貼り、一体感を高めました。ディスプレイした盆栽と苔玉を眺めるのは、癒やしの時間。リフォームをきっかけに、奥様が新しく始められたという盆栽は、「なかなか難しい」と、楽しそうに話されていました。

このようなリフォームを実現できる
お近くのリフォーム会社を、複数社ご紹介!

この事例と同じ条件を指定した状態でリフォーム会社紹介にお申込みいただけます。

よく似た事例

最近見た事例

予算や条件など、ご要望にぴったりの
リフォーム会社を最大8社ご紹介します。

今お考えのリフォームの詳しい条件をご登録いただくと、イメージにあった会社をご紹介しやすくなります。

事例一覧へ戻る

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ