1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 中古住宅のリノベーション
  4. 詳しく知る
  5. 不満だらけの工事内容にストレス、工事代金全額払わなければならないの?

不満だらけの工事内容にストレス、工事代金全額払わなければならないの?

  • 最終更新日:2015-06-09

不満だらけの工事内容にストレス、工事代金全額払わなければならないの?

ホームプロに寄せられた「その他」に関するリフォーム相談の中から、『不満だらけの工事内容にストレス、工事代金全額払わなければならないの?』の質問と回答をご紹介します。
今年の夏にリフォームを行ないました。

残念ながらこの時はまだ「ホームプロ」の存在を知らなかった・・・もっと早く知っていれば・・・後悔の毎日です。

リフォームの内容は、1F和室の2/3をリビングと一体に、そして残りの1/3を納戸に。そのため、和室の窓は壁に変更。玄関の吹き抜け2F部分を納戸に。その際、はめ込みの窓は普通の中窓に変更しました。吹き抜けで明るかった1・2Fの廊下は、納戸設置で暗くなったのとこれまで風通りも悪かったので1・2F西側に窓を設置しました。子供部屋は、今まで2部屋には区切っていなかったので、長女側に2/3の押し入れ(押入れ的なものがこれまでなかった)。次女側にはクローゼットが最初かあるので1/3の押し入れをつくり部屋を区切りました。今までのベランダは意味がないようなものでしたので、今まで付いていたテラスを壊して4.5間×6尺のベランダを設置しました。長女の部屋からベランダに出入りできるように、中窓を吐き出しに変更しました。その他、ベランダ下の土間うち。カーポート波板張り替え。

営業担当兼現場監督者が、非常に若く、22、3歳くらい。後で来た話によると現場をあまり知らない人。実際、あまりにもいいかげんな人で、「はい。はい。わかりました」と良い返答ばかりで、メモをとらない。本当に覚えているのか確認をすると「大丈夫です」とやはりメモをとらない。

リフォームの相談から着工までは約1ヶ月はあったのですが、私達が選んだのはクロスカーポート波板程度。プランの検討もなかなかないので待っていたら、勝手に床材納戸・押し入れのドアや引き戸を発注していて、それを見た私たちに「これしかない」と押し付ける。さらに任されていた・・・と。任した覚えは一切ないのに・・・・。

いざ工事が始まると「某ハウスメーカーの住宅はリフォームした事がない」と現場の大工さん。これまでの腹立たしさと今後の不安に私も爆発。

社長も呼び指摘すると共に、某ハウスメーカーの住宅の担当者を呼び出し、工法の指導をするように依頼しました。(リフォームを依頼していたのに何年間も連絡しない某ハウスメーカーの住宅に腹を立て今回のリフォーム会社に依頼した経緯がある)

結局、床材は殆ど張り終えていた状況だったのですが、その上にアパートなどに使うらしい薄い床材をリビング全面に張ってもらいました。(経費はリフォーム会社もち)ドアや木の窓枠などは、某ハウスメーカーの住宅の方で吹き付けてもらって既存のドアや枠の色に似せてもらいました。(これも当然経費はリフォーム会社もち)

ヨウジョウの確認や指導もしないので廊下や本箱の裏、改修部屋の中は埃だらけ。

じゅうたんの切断や押入れの棚は、素人!?と思えるような仕上がり。

壁紙は帯の入った3層ものですが、帯の上下は普通カットするものですか?素人的に考えてもメインになるものなのでカットしないように思うのですが・・・・私のところはカットしてあるのです。

高額なピアノもヨウジョウしてもらってないので、心配しましたが何の問題もなかったので一安心なのですが、このクロス屋さんは、いたるところに物を置く人で、家具など天井に向いている部分はクロスの糊だらけ。

しみもあるのでクレームつけたら、ぼかすようなごまかし程度。

社長に言ってもこれまた営業と同じような人。社長なので少しはましですが・・・

ベランダは、これまでのテラス設置部分より30cm上につけられたので2Fからの出入りは何ら問題はないのですが、雨が降ると1Fに入り込み洗濯物がぬれてしまう始末。これも工夫をするように依頼してありますが、返事はないまま。おまけにベランダ設置部分からは雨漏りが3箇所。これもクレームにより、いまは止まっているみたい。でも、クレーム後に一回だけ雨漏りがあった。実際なおっているのか良くわからない。カーポートは車のドアを閉めると振動してバタバタ言うし、雨がうまく流れずカーポートは水浸し状態。



こういう状況でしたので工期は当然のごとく延長。工程表も持ってこない。

私たちもそうですが、子供たちの夏休みは散々な日になってしまいました。子供たちも『家が壊される』と途中で泣き出すほどつらい思いをしていました。

このような工事内容でも何とか一通り済みました。

しかし、不満だらけ。手直しの済んでないところばかりなので、リフォームしたという新鮮な気持ちは皆無です。

そのような状況の中、1ヶ月前に社長が来て、残りの代金を要求。これまでの不満を言ったらなんとその社長、逆切れして2/3の支払いでいいと・・・・あきれて物が言えませんでした。他の業者への依頼、県の紛争審査会や裁判所への提訴も考えましたが、自分たちでするしかないのでいまだリフォーム会社へは何の連絡もいれてません。私たちの返答を待たせてある状況です。

同じような結果が今後も起こるような気がして、そのリフォーム会社に不満な点を改修させるのも不安です。近所へは、かなり迷惑をかけたみたいで嫌な雰囲気が工事中~工事後、そして現在も漂っています。

不満だらけの工事内容と対応で、心的外傷とも言えるような精神的な負担を負わされているのに工費全額を支払うのも納得いきません。すでに3/4の支払いは済んでいます。一体どうすればいいのでしょうか。是非具体的にアドバイスをください。
契工事代金の支払いは、工事完了をもって金銭の受け渡しを行いますので、未だ完成していない状態での受け渡しはする必要はありません。現在も雨漏り等しているということですので、早急な解決をなさった方がよろしいかと思いますので、調停をお勧めいたします。



※万が一そちらで解決とならない場合は裁判ということにもなりかねませんが、とりあえず調停の手続きをとられることをお勧めします。調停の中での話合いになりますが、今の業者に工事を依頼したくないと思われているようでしたら、改装なり修復の分の不備な点を、別の業者で見積もりを取り、その分を損害賠償として請求されることもよろしいかと思います。



調停に際しましては簡易裁判所の窓口で「このような内容で申し立てをしたい」とおっしゃっていただければ、お手続き方法などの相談にのっていただけるとのことでした。お近くの簡易裁判所の窓口へお問い合わせください。

(2001.12.08)

※法律問題や税務問題は、事実関係の違いによって結論が異なる場合があります。また、同一の事実関係であっても異なった結論が出る場合も多くあります。「リフォーム相談室Q&A集」で示しております回答は一般的な回答にとどまるものであり、具体的な問題についての責任ある回答を示すものではないことにご注意ください。具体的な事案につきましては、必ず弁護士や税理士などの専門家に相談されることをお勧めいたします。

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ