1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 中古住宅のリノベーション
  4. コラム
  5. リノベーション事業の需要傾向と未来

リノベーション事業の需要傾向と未来

リノベーション事業の需要傾向と未来

リノベーションとは、中古物件や今ある住居環境に最新設備を導入したり、間取りの変更を行ったりすることによって、人々の生活をより良いものへグレードアップさせることを指します。

様々な目的で活用されるリノベーション物件が増える中、リノベーション市場は今後どのように変化していくのでしょうか。今回はリノベーション市場の需要傾向と、未来についてお話ししていきます。

リノベーション市場の現状

リフォーム・リノベーション市場の拡大と日本の住宅事情 (エコノミックニュース) - Yahoo!ニュース

中古物件や今ある住まいをリノベーションする方も増え、リノベーションに関係する事業も増加傾向にあります。古民家の間取りを変更してカフェや宿泊施設に利用する、賃貸経営者が空き部屋対策のために最新の住居設備を導入するなど、リノベーション物件は幅広い目的に活用されています。リノベーション希望者の多様なニーズに合わせるため、リノベーション事業も発展を遂げています。
▼参考サイト
リフォーム・リノベーション市場の拡大と日本の住宅事情 (エコノミックニュース) - Yahoo!ニュース

リノベーション市場の今後~リノベーション物件に需要あり~

リノベーション物件の増加を促進しているのは、「リノベーション物件」という言葉自体が格好良く、流行しているという理由だけではありません。
少子高齢化の影響や、経済発展が横ばい状態であることなどにより、住宅に関する人々の考えが少しずつ変化していることと深い関係があります。

日本の住宅ストック数は、全世帯数を上回っており、物件が余っている状態にあります。かつての持ち家至上主義思考は絶対的なものではなくなり、新築を購入しなくても、中古物件を活用する住宅リサイクル思考が若い方の中で広がりを見せています。しかし、住宅ストックの活用水準は、アメリカやイギリス、フランスなどと比べると低水準であることがいえ、リノベーション事業は今後も成長を続けていくといえます。

主なリノベーション目的と人気のリノベーション場所(部位)

主なリノベーション目的と人気のリノベーション場所(部位)

リノベーションの目的として多く挙げられているのが「設備や機器を一新したい」、「見た目を新しくしたい」というものです。

築古物件や中古物件は、経年の劣化とともに見栄えが悪くなるだけではなく、最新機能が搭載された住宅設備が世の中に登場することによって、今ある住宅設備が不便に感じるという方も増えていきます。

不便さを解消する方法として、リノベーションによって物件の見た目を美しくするだけではなく、最新設備を導入したり、間取りを変更したりすることによって、利便性を向上させる施工を行うという方が増加しているのです。リノベーション施工を行う際に人気なのはキッチンやトイレ、浴室などです。いずれの箇所も、最新機器が登場するスパンが短く、リノベーションを望む多くの方が、家事の簡便化や時短などの利便性の向上を望んでいることが見えます。キッチン間取りを変更して、カウンターキッチンに変更するなど、家族との交流を促進させるようなリノベーションも増加しています。

国土交通省のリフォームやリノベーションの取り組み

住宅ストックを活用し、無理のない負担でニーズに合った住居の確保を行うことは、国土交通省によっても推奨されています。
リフォームやリノベーションを行う上での問題点として挙げられるのが「事業選定に必要な情報を確保することができない」、「費用の詳細が把握しづらい」、「費用が捻出できない」などです。

これらの問題を解消するべく、国土交通省によって設けられたのが「中古住宅、リフォームトータルプラン」です。
リノベーションやリフォームに関する事業選定を行うために必要な情報をインターネットを通じて提示することの呼びかけ、相談窓口を設け、事業者と依頼者のトラブルを防止する取り組み、リフォーム保険加入などの条件付きで、リフォームやリノベーションにかかる費用のローンを組みやすくするなどの取り組みが推し進められています。
住宅:中古住宅・リフォームトータルプランについて - 国土交通省
中古住宅・リフォームトータルプラン - 国土交通省
(引用:2016年8月2日)

中古住宅購入+リノベーションと新築購入はどちらがよいのか

住居を購入する際に、新築物件の購入か、中古物件を購入してリノベーションするのかを迷う方は多くいます。
自分のニーズに合った物件を手に入れるためにも、じっくり比較、検討することが大切です。

▼参考記事
中古リノベーションと新築物件どっちがお得?
中古住宅を買うかリフォームするか、それとも新築を購入するか

また、どちらの方法であっても、メリットとデメリットが存在することも事実です。注意点にもしっかり目を向けるようにしましょう。

リノベーションを成功させる上で大切なのは、実績豊富なリノベーション会社に施工を依頼することです。
ホームプロならあなたのニーズに合った施工会社をご紹介することができます。

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ