ホームプロ  > リフォーム成功ノウハウ > 住まいのリフォーム豆知識100選 > 賃貸物件のリフォームは水回りがポイント

住まいのリフォーム豆知識100選
気になるキーワードをクリックしてリフォーム豆知識をチェック!
住まいのリフォーム豆知識100選 TOPへ戻る

キーワード:「賃貸物件」

賃貸物件のリフォームは水回りがポイント

ヒントは分譲マンションの設備

大切な運用資産である賃貸物件にリフォームは付きものです。原状回復などのメンテナンスリフォームから競争力を高めるための仕様や設備変更、あるいは全面的な改修など、必要不可欠なリフォームだけでなく、時代背景や近隣の競合を考えて適時に行う必要があります。
賃貸物件のリフォームで印象を上げるものと言えば水回り関連の設備ではないでしょうか。バスルームや洗面所、キッチン、トイレなどは、一般の入居者の方にとって比較しやすいこともあります。最新の設備を参考にするなら新しい分譲マンションがどのような設備を入れているのかがヒントになります。もっとも賃貸物件も全て分譲並みの設備を導入する必要はありません。立地や周辺賃貸物件の設備なども調べてどの程度が妥当か、差別化できるか判断します。

 

設備で好印象を得る基本は、時代に左右されないシンプルさ

最近の分譲マンションにあるような食器洗い乾燥機やディスポーザーなどは人によっては使わないかもしれません。しかし、混合水栓で、湯温がタッチパネルで操作できるタイプなら誰もがカンタンに使えます。誰もが、ほぼ、確実に使用する設備を選ぶのがリフォームのボーダーラインです。また、キッチンなどは、機能だけでなく、ひと目見た感じの印象が大切です。とは言えデザインや色柄で流行を追い求めすぎると、年月が経つと古いイメージを強くしてしまいます。時代に左右されないシンプルで清潔感を感じるものがひとつの選択枝にあげられるでしょう。バスルームは、全体的に広さを演出するためにデッドスペースをなくしたり、浴槽だけでなく、壁やタイルなども新しくします。いかにも部分だけ変更したというのは、返って古さを際立たせてしまいます。予算が厳しければ、そのままにしておく部分とリフォームする部分のトータルバランスを考えましょう。

 

「賃貸物件」に関するリフォーム事例

神奈川県 / 13万円
キッチン

賃貸物件の原状回復工事で、1Kのキッチン部分の内装工事(クロス・クッションフロア・ソフト巾木)・枠の塗装工事などを行い…(続きを読む)

東京都 / 14万円
洋室

元々は賃貸物件にもなったこともあり、クッションフロアでしたが、傷に弱くところから、思い切って床を貼りました。(続きを読む)


 

用語解説

賃貸物件

当事者の一方が他方に対して物の使用収益を認め、その対価(賃料)を徴収することを目的とした物件。

 

た・な行


ページの
先頭へ