1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 賃貸リフォーム
  4. 事例・ケーススタディ
  5. 賃貸住宅の窓にできる防犯対策

賃貸住宅の窓にできる防犯対策

  • 最終更新日:2015-06-10
ホームプロに寄せられた「賃貸」に関するリフォーム相談の中から、『賃貸住宅の窓にできる防犯対策』の質問と回答をご紹介します。

賃貸のテラスハウスですが、1Fの掃き出し窓に雨戸、シャッターがついておらず、空き巣、強盗が心配です。横に戸袋をつけるスペースがないので、自費でシャッターをつけようかと思っています。ただ、窓の上部に雨どいがあって、シャッター収納部分が付けられるかどうか。シャッター以外の防犯対策を教えて下さい。(2重鍵、センサーはつけるつもりです。)

特に「空き巣」については大半が、窓ガラスを破っての侵入、勝手口の鍵を壊しての侵入です。

例えば、一枚ガラスのはいった窓ですと、わずか10秒チョットで中に侵入されてしまうと言うデータもあります。

そこで、一枚ガラスよりも防犯対策に有効なものとして、強化ガラス、合わせガラスに変更することも対策の一つでしょう。

また、ガラスを変更せずにフィルムを貼る方法もあります。

住友スリーエム株式会社より、「超飛散防止フィルム」という商品を出しておりますので、ご紹介いたします。

極薄のポリエステルフィルムを積層した特殊基材なので、金属バットの衝撃くらいでは、大きな開口部を即座にあけることはできません。

ガラス開口部の侵入防止・防犯対策のほか、地震や衝突事故の際のガラスの飛散・落下防止にも多大な効果があります。

また、ガラスの変更および、フィルムの貼り付けの施工の費用などは専門の業者に見積りを取られることをお勧めいたします。

(2001.07.25)

※法律問題や税務問題は、事実関係の違いによって結論が異なる場合があります。また、同一の事実関係であっても異なった結論が出る場合も多くあります。「リフォーム相談室Q&A集」で示しております回答は一般的な回答にとどまるものであり、具体的な問題についての責任ある回答を示すものではないことにご注意ください。具体的な事案につきましては、必ず弁護士や税理士などの専門家に相談されることをお勧めいたします。

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ