1. 長年使った台所を老後に備えてリフォーム!
事例一覧へ戻る

長年使った台所を老後に備えてリフォーム!

建物のタイプ 戸建住宅 価格 255万円
築年数 26〜30年 工期 1週間
竣工年月日 2016年12月23日 構造 木造
施工地 岐阜県 各務原市 リフォーム箇所 キッチン
家族構成 夫婦

詳細情報

[テーマ]バリアフリー 、 断熱・気密 、 子供が独立後の住まい

お客さまのご要望

現在の台所がかなり古く汚れて床も底が抜ける程老朽化しています。更に、漆喰塗り壁が剥がれ落ち掛けていることと、出窓窓台になべ類を置いているが、背丈の関係上、届きにくくて苦労している。収納家具を買う手もあるが、6帖の台所では、置き場所に困るので、吊戸棚をうまく活用したい。北側の部屋の為冬場の炊事は結構寒い為、壁を直す際に断熱を良くしてほしい。また、これからの生活を考えると階段に手すりが無いので取り付けてほしい

リフォーム会社のご提案

御夫婦お二人で弊社にご来店頂いたのは、11月の下旬でした。お二人のスケジュールから、工期に余裕が無く、決定までにはあまり時間は掛りませんでしたが、他業者との相見積もりにはなりました。メインは台所回りということで奥様の意見をじっくりヒヤリング指させて頂き、その中には御主人と意見が異なる部分もありましたが、台所に立つ奥様にとっては、譲れない希望もありました。キッチンの使い勝手は、奥様の身長は、かなり重要なチェックポイントでした。
吊戸棚が使いたいけれど、中身が取り出しにくい、出窓窓台の調理器具に手が届きにくい等深刻な要素がありました。
吊戸棚の解消は、ムーブダウン装置で補い、吊戸棚の下に格納型の水切り棚を配置することによりより近い位置で調理器具のの取り出しが出来量に成りました。壁も清潔感のある白を基調にした壁紙を使用し、断熱材もワンランク上のものを選びました。床のグワ付も無くなりシャキッとしたフローリングで素足で歩いても気持ちがよいものにしました。
階段手すりは、手の触感にやさしい木製の握り易い直径断面35mmのものを使用し、フレシキブルジョイントで、連続した手すりにしました。

このリフォームの詳細をチェック!

キッチン

キッチン

新築から30年程経ちますが、今回が初めてのリフォームです。奥様が長年使ってきたキッチンも老朽し、台所の床も底が抜けそうなくらい痛んでいました。出窓の窓台になべや食器を置いていらっしゃいましたが、奥様の背丈での出し入れは結構困難なものでした。吊戸棚も6畳の台所では収納場所としてどうしても必要ということで楽に手が届く様にしたいとのこと、北側の台所で冬場に寒く断熱も考えたいと言うことでした。明るく清潔であり奥様の毎日の家事が楽しく快適に出来ることと、何といっても予算もしっかり重視しての計画でした。階段の手すりの取り付けや、入口建具の交換など、気になる点もしっかりチェックし満足頂ける内容に成りました。

バリアフリー
断熱・気密
子供が独立後の住まい
詳しく見る

このようなリフォームを実現できる
お近くのリフォーム会社を、複数社ご紹介!

この事例と同じ条件を指定した状態でリフォーム会社紹介にお申込みいただけます。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ