1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 賃貸リフォーム
  4. 賃貸リフォームの基礎知識
  5. 賃貸マンションの収納リフォーム

賃貸マンションの収納リフォーム

賃貸マンションの収納リフォーム

「賃貸マンションの収納リフォーム」に関するノウハウを紹介します。

賃貸マンションにたっぷりの収納力は必要か

賃貸用マンションリフォームでいつも頭を悩ませているのは、収納はどれくらいあれば良いかという問題です。収納はあればあるほどいいと考えるのは持ち家の発想です。家を建てる、あるいは購入する場合、今どれだけの物があって将来どんな物が増えそうかを考慮に入れて購入あるいは設計します。



一方、賃貸マンションの場合、そもそもがスペースが限られていますから、そのスペースを削ってしまうような収納には疑問符がつきます。というのも、入居者にはスペースを圧迫するようなものは持たない、邪魔なものは処分するといった共通したライフスタイルがあるからです。収納のリフォームに当たっては、この差をしっかり把握しておくことが大切です。

賃貸マンションならではの収納リフォームをこころがける

賃貸マンションの場合収納スペースがあまりに多くても、結局使われないデッドスペースになってしまいますし、収納部が少ない場合は入居者が新たに収納家具を購入することになり、その家具のせいで居住スペースが圧迫されるといった事態も起こります。賃貸マンションの収納リフォームは悩ましい課題ですが、リフォームのポイントとしては次のようなものがあげられます。

部屋のスペースと収納スペースのバランス

部屋の広さと収納スペースのバランスを取る、が賃貸用マンションの収納リフォームの最大のポイントです。

窓の多い部屋にはやや収納部を多めに

窓が多い、あるいは窓が大きい部屋は明るく健康的で住みやすいものですが、収納の視点からみると収納のための家具が置きにくくなります。デッドスペースなどを活かして収納部を増やしておくことをお勧めします。

収納で差別化する

上記と相反しますが、例えば若い女性などをターゲットにする場合、収納部をウォークインクローゼットにして、ファッションに強い賃貸マンションマンションという特色を出すこともできます。



収納リフォームに当たっては、経験豊富な業者さんと相談しながら便利でユニークな収納アイデアを具体化することも大切です。

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ