1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 中古住宅のリノベーション
  4. 成功のポイント
  5. 理想の空間づくりを叶える、リノベーション会社の選び方

理想の空間づくりを叶える、リノベーション会社の選び方

  • 最終更新日:2015-01-19

理想の空間づくりを叶える、リノベーション会社の選び方

リノベーションをやろうと思い立った時、最初の難関はやはり業者選びではないでしょうか。自分の理想をカタチにしてくれる業者と出合うには、どんな探し方をすればいいのか?そのアプローチ方法と、業者選びのポイントを紹介します。

リノベーション業者ってどう選べばいいの?

中古物件を買ってリノベーションしたい。でも、コネもツテもないし、誰に頼めばいいんだろう?
下手に探しておかしな業者につかまっちゃうのも怖いしなあ・・・。
そんなお悩みをもつ人に、ここでは上手な業者選びのコツをご紹介したいと思います。

まず「中古住宅購入+リノベーション」を行う際には、どんなアプローチ方法が考えられるのか?
主に、以下の4つが挙げられます。
1. 物件もリフォーム業者も自分で選ぶ
2. 物件を購入した仲介業者などに、リフォーム業者を紹介してもらう
3. リフォーム会社(リノベ専門業者)に、物件探しとリノベーションをまとめてお願いしてしまう
4. リノベーション済みの中古物件を買う

では、次にそれぞれのメリット・デメリットを見てみましょう。

物件探し、会社の選び方別のメリット・デメリット

中古住宅購入+リノベーション目的別プロット図

1.「物件もリフォーム業者も自分で選ぶ」場合

メリット 自分で好きなように、中古物件とリノベの予算配分ができる
デメリット リサーチに手間と時間がかかる

2.「物件を購入した仲介業者などに、リフォーム業者を紹介してもらう」場合

メリット 自分でリフォーム業者を探す手間が省ける
デメリット 仲介業者は物件の売買で手数料を得るため、リノベーションよりも物件に予算を割かれるリスクがある

3.「リフォーム会社(リノベ専門業者)に、物件探しとリノベーションをお願いする」場合

メリット 理想通りのリノベーションプランを叶えるべく、時間と予算を割くことができる。
デメリット 物件の選択肢が限定される

4.「リノベーション済みの中古物件を買う」場合

メリット すぐに入居できる。工事済みのものを見たうえで買うため失敗のリスクがない
デメリット リノベの良さである自分らしい空間づくりが叶わない

 

こちらのページもあわせて確認ください:意外とわかっていない!?マンションのリノベーション、メリットとデメリット総まとめ

自分らしい空間を作るには、どのアプローチを選ぶべき?

それぞれ一長一短はありますが、「自分好みの空間をつくる」というリノベーション最大の醍醐味を実現するためには、1(物件もリフォーム業者も自分で選ぶ)もしくは3(リフォーム会社に、物件探しとリノベーションをお願いする)の選択肢がベターといえるでしょう。

ちなみに、ホームプロには独自の基準に基づき選定された、全国の優良な施工会社が多数加盟しています。登録、利用も無料ですので、信頼できる会社をお探しなら、ぜひ一度当サイトを利用されてみてはいかがでしょう。

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ