1. 塗装前の下地調整とコーキング処理が最重要
事例一覧へ戻る

塗装前の下地調整とコーキング処理が最重要

建物のタイプ 戸建住宅 価格 155万円
築年数 16〜20年 工期 2週間
竣工年月日 2015年9月27日 構造 木造
施工地 茨城県 つくば市 リフォーム箇所 外壁屋根
家族構成 不明

詳細情報

[テーマ]明るく広々 、 断熱・気密 、 防水・雨漏り対策

リフォーム会社のご提案

塗装工事は塗装前の下地調整や防水コーキング処理が最重要になります。
工事のポイントとして以下をご説明させて頂きました。
1)水切り付近の塗膜が剥がれている
2)浮いてしまっているに直接塗装メンテナンスしても雨水の侵入は防げません
3)浮いてしまった塗膜は除去する必要があります
4)既存膜との凹凸をカチオンセメントで均す
5)既存塗膜に類似したパターン(模様)を付けていく
6)雨水の侵入を防ぐ為、水切りと外壁の隙間にコーキングを充填していく
7)上記下処理を行ったうえで、全体を塗装

このリフォームの詳細をチェック!

外壁

外壁

日本ペイント インディフレッシュセラ

省エネ
デザイン重視
防水・雨漏り対策
詳しく見る

屋根

屋根

太陽熱高反射型二液シリコン樹脂塗料 サーモアイSi(遮熱)

省エネ
断熱・気密
防水・雨漏り対策
詳しく見る

このようなリフォームを実現できる
お近くのリフォーム会社を、複数社ご紹介!

この事例と同じ条件を指定した状態でリフォーム会社紹介にお申込みいただけます。

事例一覧へ戻る

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ