1. ホーム
  2. 外構工事、エクステリアリフォーム
  3. 事例
  4. 事例詳細
事例一覧へ戻る

転落防止兼ねた階段手摺のご提案

転落防止兼ねた階段手摺のご提案
建物のタイプ 戸建住宅
価格 11万円(単独工事をする場合の概算です)
築年数 1〜5年
工期(全体) 3日
面積  
その他採用機器・設備
施工地 神奈川県 横浜市旭区
家族構成 夫婦 子供1人

詳細情報:

詳細箇所:アプローチ / 商品名:三協アルミ エトランポU1型 横バー付

お客さまのご要望

コンクリート階段の擁壁際に、何もなく、危ないから際を歩けない。
コンクリート擁壁の上に、手摺をつけれませんか。

リフォーム会社のご提案

コンクリート擁壁に穴をあけて、柱を建てるのは、鉄筋コンクリートなので、鉄筋を切って、穴をあけるから擁壁が弱くなります。コンクリート階段の踏み面に穴をあけ、手摺柱を極力、擁壁際に近づけて、階段幅を確保しながら、擁壁の高さと踏み面の高さの差を、利用して握りバー2段にして、すき間を小さくすれば、転落防止柵兼用みたいな階段手摺になります。

このようなリフォームを実現できる
お近くのリフォーム会社を、複数社ご紹介!

この事例と同じ条件を指定した状態でリフォーム会社紹介にお申込みいただけます。

よく似た事例

最近見た事例

予算や条件など、ご要望にぴったりの
リフォーム会社を最大8社ご紹介します。

今お考えのリフォームの詳しい条件をご登録いただくと、イメージにあった会社をご紹介しやすくなります。

事例一覧へ戻る

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ