1. ホーム
  2. 屋根塗装、葺き替えリフォーム
  3. 事例
  4. 事例詳細
事例一覧へ戻る

減築に伴う屋根瓦の一部葺き替え作業です

減築に伴う屋根瓦の一部葺き替え作業です
建物のタイプ 戸建住宅
価格 40万円(単独工事をする場合の概算です)
築年数 30年以上
工期(全体) 2ヶ月
面積 7.00m²
その他採用機器・設備
施工地 愛知県 知立市
家族構成 2

詳細情報:

[テーマ] 増築・減築 / 工事種別:葺き替え / 商品名:既存の瓦 / 屋根素材:日本瓦 / 塗料種別:指定なし

お客さまのご要望

減築した後の屋根の取り合いを、元の瓦を利用してうまく仕上げて欲しい。今後最後までメンテナンスをしなくても大丈夫なようにして欲しい。

リフォーム会社のご提案

門を減築したときの屋根についても、全て新しく葺き替えようかというお話しもありましたが、できるなら瓦も残したいというお話しを頂きました。既存の瓦を再利用する形で、雨仕舞いをうまく仕上げる形での工事が可能と判断し、ご提案をさせて頂きました。
また、瓦の下の破風板(通常木製の部分)もガルバニウム鋼板にて巻き込むことで、塗装部分も存在しないため、基本的にメンテナンスフリーで過ごして頂けるところを目指しました。

Before

Before

減築前の状態です。この入り口の門を解体し、瓦もうまく取り外して解体していきます。向かって右手の壁はそのまま下地として利用します。現状の壁の上からガルバニウム鋼板にて仕上げをしています。

After

After

鬼瓦や角の瓦(袖瓦)を再利用しています。見た目にも違和感が無く仕上がるのでリフォームではよく行います。瓦が割れた際も、当時の瓦を所有している方も多いので、それを利用して修理することも多いです。

このようなリフォームを実現できる
お近くのリフォーム会社を、複数社ご紹介!

この事例と同じ条件を指定した状態でリフォーム会社紹介にお申込みいただけます。

よく似た事例

最近見た事例

予算や条件など、ご要望にぴったりの
リフォーム会社を最大8社ご紹介します。

今お考えのリフォームの詳しい条件をご登録いただくと、イメージにあった会社をご紹介しやすくなります。

事例一覧へ戻る

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ